30代未経験者でも間に合うプログラミングスクールおすすめ4選

この記事で解決できる悩み
  • プログラミング未経験でも受講できるスクールを知りたい
  • スキルアップするためにプログラミングを身に付けたい
  • プログラミングを学べば30代でも未経験の職種に転職できるのか知りたい

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています!

この記事で解説する『プログラマ未経験の30代におすすめのプログラミングスクール4選』を参考にプログラミングを学べば、未経験でも30代でプログラミングを習得できますよ。

なぜなら、実際に未経験の状態からプログラミングを学んで習得した人がいるからです。

それではまずは『30代が未経験でもプログラミングを学ぶのがおすすめの理由2つ』から紹介していきますね。

目次

30代のプログラミング未経験者でも通えるスクールはある!

30代のプログラミング未経験者でも通えるスクールはある!30代のプログラミング未経験者でも、勉強すればエンジニアとして転職ができる可能性が高いです。

経済産業省の調査によると、近年IT業界でプログラミング技術を持つ人材が不足しているからです。

また、現在ではIT業界に限らずさまざまな業界でプログラミング技術を持つ人材の需要が高まっています。

つまり人材不足と需要の高まりが両方起こっているので、30代のプログラミング未経験者にもチャンスがあるのです。

it-jinzai

引用:経済産業省 IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果

30代未経験者がプログラミングスクールを利用するメリット3つ

30代未経験者がプログラミングスールを利用するメリット3つプログラミング未経験の30代がスキルを習得するために、プログラミングスクールに通うメリットを3つ紹介します。

利用するメリット3つ
  1. 学習途中の挫折を避けられる
  2. 未経験でも効果的に学習ができる
  3. 転職の支援をしてもらえる

独学にするかプログラミングスクールで学習するかで迷っている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

メリット1:学習途中の挫折を避けられる

注意
  • 疑問点があっても質問できる環境がない
  • エラーがでても解決できない
  • モチベーションが維持できない

プログラミングは独学で勉強しても9割の方が挫折するといわれています。

独学では疑問点があっても質問できる人が近くにいなかったり、エラーが出ても一人ではなかなか解決できないです。

その結果モチベーションが続かず、挫折してしまうのです。

メリット2:未経験でも効果的に学習ができる

プログラミングスクールには学習プランやカリキュラムのノウハウがあるので、どのくらいの時間で、どのようなスキルを習得できるか事前にわかります。

30代になると20代のころと比べて記憶力が低下する傾向にあるので、スクールに通って効率的にスキルを身につけましょう。

メリット3:転職の支援をしてもらえる

プログラミングスクールの中には、就職・転職の支援をしているところもあるので、スキルを習得した後にスムーズに転職ができますよ。

30代になってからの転職は、20代と比べて年齢の面で不利な扱いを受けやすいです。

そのため、プログラミングスクールが持つ企業とのつながりを最大限に利用してください。

30代未経験者がプログラミングスクールを選ぶポイント4つ

30代未経験者がプログラミングスクールを選ぶポイント4つ「30代のプログラミング未経験者は、どんな基準でスクールを選んだらいいの?」とお悩みの方に、プログラミングスクールを選ぶときに意識すべきポイントを4つ紹介します。

意識すべきポイント4つ
  1. 受講形式で選ぶ
  2. 学びたい言語で選ぶ
  3. 転職したい職種で選ぶ
  4. 【転職したいなら】成果物を作れるか

どうしても自分で選べないときは、気になるスクールの無料カウンセリング・体験に行って質問するのもおすすめです。

ポイント1:受講形式で選ぶ

ひとつ目のポイントは、自分が住んでいる場所や自由時間にあわせて受講形式を選ぶことです。

なぜならプログラミングスクールには「オフライン受講」と「オンライン受講」の2種類があるからです。

スクールによってはオフラインとオンラインで学べる内容が異なるので、事前にチェックしておきましょう。

ポイント
  • オフライン:通学して教室で学ぶ形式
  • オンライン:ネット環境を通して自宅で学ぶ形式

TechAcademyやPOTEPAN CAMPのように、オンライン受講のみのスクールもあります。

ポイント2:学びたい言語で選ぶ

levtech ranking

引用:レバテックキャリア

学びたいプログラミング言語が決まっている方は、その言語を扱うコースがあるスクールを選ぶのがおすすめです。

たくさんのプログラミング言語を広く浅く学ぶよりも、言語を絞って深く学んだほうが転職で有利になります。

なぜならプログラミング言語は専門性が高いので、同時にたくさんの言語を実務レベルまで習得するのは難しいからです。

ポイント
転職に有利な言語を学びたい方は、言語別の求人数が多いJavaがおすすめ。

ポイント3:転職したい職種で選ぶ

就職したい業種が決まっているなら、その業種への転職に有利なプログラミングスクールを選びましょう。

たとえばAI(人工知能)関係の職に就きたい場合は、AIやAIのプログラミングに必要な「Python」を学べるスクールを選ぶといいですよ。

それ以外の職種別のおすすめ言語については、下記を参考にしてください。

職種別おすすめ言語
  • HTML&CSS:プログラミングの基礎を知りたい人、WEBサイト制作をしたい人向け
  • C言語:組み込み系やロボット、ソフトウェア開発、ゲーム開発に使用される
  • PHP:大手SNSや掲示板、検索エンジンに使用される
  • Python:アプリやデータサイエンスなど幅広い分野で使われている。AI(人工知能)の開発に適している
  • Java:汎用性が高いため需要が多く、転職しやすい。システム開発やアプリ開発をするなら押さえておきたい

ポイント4:【転職したいなら】成果物を作れるか

4つ目のポイントは、オリジナルの成果物を作れるかどうかです。

なぜなら30代で転職しようとすると、企業から何らかの実績を見られることが多いからです。

そのためスクールに通う間に自分の技術を証明できる成果物を作ることができれば、何も実績がない人よりも転職しやすくなります。

選べないときは無料カウンセリングを受けよう!

上記のポイントを見てもスクールを選べないときは、無料のカウンセリングや無料体験会を実施しているスクールに相談してみましょう。

実際に授業の雰囲気を知れば、自分に合いそうなスクールがわかるかもしれません。

また、無料のカウンセリングを受けてからプログラミングスクールを選ぶと、スクールや受講するコース、言語選びで失敗するリスクが減りますよ。

30代のプログラミング未経験者におすすめのスクール4選

30代のプログラミング未経験者におすすめのスクール4選プログラミング未経験の30代の方におすすめのプログラミングスクールを4校紹介します。

未経験の30代におすすめのプログラミングスクール4選
プログラミングスクール転職
支援
転職
保証
30代
転職
成功率
オン
ライン
完結
メンター評判


公式ページを見る
花丸

99%
詳しくみる


公式ページを見る
詳しくみる


公式ページを見る
×
98%
詳しくみる


公式ページを見る
×
98%
詳しくみる

それぞれのスクールの特徴やおすすめポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。

30代でも転職支援を受けたいならTECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職
TECH CAMP エンジニア転職のおすすめポイント
  • 専属トレーナーが学習をサポート
  • オンラインとオフラインの併用ができる
  • 転職成功率は99.0%

TECH CAMP エンジニア転職は30代でも転職支援を受けられるので、未経験30代でITエンジニアに転職したい人におすすめです。

転職支援では、キャリアアドバイザーがキャリア形成から企業の紹介までをサポートしてくれるので、転職成功率は99.0%を達成しています。

一般に公開されていない独自の求人を持っていて、30代でも転職保証が受けられるのも大きな魅力ですね。

受講生一人ひとりに専属トレーナーが付き、600時間のオリジナル教材で即戦力スキルを習得できるので、未経験からでもエンジニアを目指すことができますよ。

オンライン完結に対応しているところもポイントですね!

オンライン完結型で学びたいならTechAcademy Pro

TechAcademyPro
TechAcademy Proのおすすめポイント
  • オンライン完結型
  • マンツーマンでサポートが受けられる
  • 転職保証あり

TechAcademy Proは完全オンラインで受講できるので、オンライン完結型のスクールで学びたい人におすすめです。

12週間で未経験の状態から即戦力のスキルが身につくので、スピード感を持ってエンジニアへの転職を目指す人にもおすすめですよ。

転職保証コースでは、キャリアカウンセリングや学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を受けられますが、それでも内定がでない場合は、受講料が全額返金されます。

受講生一人ひとりに現役エンジニアのパーソナルメンターがついて、マンツーマンで学習のサポートが受けられるので、質問も気軽にできます。

※ただし受講できるのは受講開始時点で32歳以下という年齢制限がある

実務に近い経験を積むならDMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP
DMM WEBCAMPのおすすめポイント
  • 受講者の95%以上が未経験
  • 実務に近い実践的なカリキュラム
  • 転職サポートを受けられる

DMM WEBCAMPは複数の生徒でチーム開発をする授業があるので、実務に近い経験を積みたい人におすすめです。

スクールに通っていつでも講師にわからないことを質問できます。

条件を満たせば最大で授業料の70%(56万円)がキャッシュバックされますよ。

※転職サポートを受けることができる(転職保障制度は30歳未満限定なので、30代は要相談)

転職成功率98%のスクールに通いたいならPOTEPAN CAMP

ポテパンキャンプ30代

POTEPAN CAMPのおすすめポイント
  • 転職成功率98%
  • 理解度に合わせた3つのコースがある
  • ポテパン経由で就職するとキャッシュバックあり

POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)転職成功率が高い転職支援を受けたい人におすすめです。

プログラミングの理解度に合わせた3つのコースがあるので、基礎知識がある人はより発展的な内容を学ぶことができます。

転職サポート希望者の内98%がWeb系エンジニアに転職が成功しています!

フリーランスになりたい人向きと、転職が初めての人向きと、エンジニアに転職したい人向きの3種類の転職支援サービスがあります。

プログラミングスクールに入校する手順4ステップ

プログラミングスクールに入校する手順4ステップ「初めての受講だから、スムーズに入校手続きができるか不安…」という方に、プログラミングスクールを選んで入校するまでの手順を4つ紹介します。

入校するまでの手順4ステップ
  1. プログラミングスクールを選ぶ
  2. カウンセリングや体験会に参加する
  3. コースの受講条件を確認する
  4. 申込と入金をして受講を開始する

後になって「知らなかった」と後悔しないよう、しっかりと読んでおきましょう。

ステップ1:プログラミングスクールを選ぶ

まずは先ほど紹介した選び方を参考にしつつ、自分にあったスクールを選びましょう。

なぜならプログラミングスクールには、料金プランや受講期間、得意な言語や受講形態などにそれぞれ特色があるからです。

自分の希望にぴったりあうスクールが見つからない場合は、希望する条件の優先度を決めてスクールを選ぶといいですよ。

ステップ2:カウンセリングや体験会に参加する

入校する前に無料のカウンセリングや体験授業を受けるのもおすすめです。

実際に受講してみないと、スクールの雰囲気が自分にあうかどうかわからないので。

体験授業の際に、細かい授業の内容や転職支援の内容など、事前に調べてもわからなかったことを質問するといいですよ!

ステップ3:コースの受講条件を確認する

次に自分がそのコースを受講するための条件を満たしているかを確認してください。

スクールによってはコースを受講するために、基礎知識や指定された学習機材が必要な場合もあります。

たとえばPOTEPAN CAMPの場合、もっとも基礎となるコースを受講するためには「Macbookを持っていること」が条件とされています。

注意
参考書なら購入すればすぐに準備ができますが、ベースとなる一定のスキルが必要な場合は、習得までに時間がかかるので注意が必要です。

ステップ4:申込と入金をして受講を開始する

スクールと受講するコースを決めたら、入校の申込みと入金をして、いよいよ受講開始です。

ほとんどのスクールでは、最初にオリエンテーションが行われて、学習の進め方や講義の日程を確認できます。スクールに通ったことがなくても丁寧に説明してもらえるので安心してくださいね。

なお、入校の申込みはWebの申し込みフォームからできますよ。

必要な記入事項は、下記のような簡単な項目だけです。

申込の記入事項例
  • 氏名
  • 住所
  • 連作先
  • 入金方法

プログラミングを学んだ30代が未経験の職種に転職するときのコツ2つ

プログラミングを学んだ30代が未経験の職種に転職するときのコツ2つ30代でプログラミングを学んだ方が、自分の技術を活かせる職に転職するためのコツを2つ紹介します。

未経験の職種に転職するときのコツ2つ
  1. プログラミングスクールの転職支援を利用する
  2. 今のまでの経験を活かせる業種を選ぶ

コツ1:プログラミングスクールの転職支援を利用する

プログラミングスクールが行う転職支援を利用すれば、30代でも未経験の職種に転職しやすくなります。

なぜならスクールは一部の企業と独自に提携していて、自分の希望する条件にあう企業を専門のアドバイザーが見つけてくれるからです。

とくに転職初心者は卒業後にどのように企業にアプローチすればいいのか迷うことも多いので、こういったスクールのサポートは心強いですね。

ポイント
ただしスクールによっては転職支援の内容や対象年齢が異なるので、必ず入校前にチェックしておきましょう。

コツ2:今までの経験を活かせる業種を選ぶ

転職に活かせる経験の例
  • 前職で企画や開発に携わっていた
  • Webデザインなどの分野で高いスキルを持っている
  • 異業種でも専門性の高い仕事に就いていた

2つ目のコツは、エンジニアやプログラマーとしての経験がなくても、今まで働いて得た経験を活かせる業種を選ぶこと。

たとえば前職で企画や開発に携わっていた経験があれば、活躍できる場が広がりますよね。

異業種でも特定の分野で専門性の高いスキルがあれば、貴重な人材として活躍できる可能性もあります。

30代未経験でプログラミングを学ぶときの注意点2つ

30代未経験でプログラミングを学ぶときの注意点2つ「30代で転職がはじめてでも、2つのコツを知っていれば安心だね!」と思うかもしれませんが、プログラミング未経験の30代の方は次の2つに注意してください。

プログラミングを学ぶときの注意点2つ
  1. 常に勉強する意識が必要
  2. 20代よりも記憶力が落ちている

それぞれの注意点について、以下で詳しく見ていきましょう。

注意点1:常に勉強する意識が必要

ひとつ目の注意点は、プログラミングの勉強を続けることを意識すること。

なぜなら技術は日々進歩しているから。

エンジニアやプログラマーに転職できたからといって気を抜くと、最新のプログラミングの知識を持った後輩たちに追い抜かれてしまいますよ。

ポイント
年齢を重ねると新しいことを受け入れにくくなりがちなので、積極的にアンテナを張ろう!

対策:自分なりのモチベーションを考える

価値観は人それぞれなので、勉強を続けるために自分なりのモチベーションを考えましょう。

たとえば、収入アップや資格の取得、キャリアアップなど将来の目標を作るといいですよ。

プログラミングスクールのカリキュラムにあわせて学習スケジュールを立てながら、小さな目標を一つひとつ達成していきましょう。

注意点2:20代よりも記憶力が落ちている

30代で未経験の状態からプログラミングを学ぶ方は、学習量や時間を増やす必要があります。

なぜなら、30代になると20代のときよりも記憶力が低下するからです。

生まれつき物覚えがいい方もいるかもしれませんが、やはり年齢には勝てません。

30代になってくると体力面も低下しやすくなるので、未経験からプログラミングを学ぶ方は相応の覚悟が必要ですよ。

未経験の30代におすすめのプログラミングスクールまとめ

未経験の30代におすすめのプログラミングスクールまとめ上記で紹介した『未経験の30代がプログラミングスクールを選ぶポイント3つ』を参考にすると、自分のニーズにあうプログラミングスクールを見つけることができますよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

未経験の30代におすすめのプログラミングスクールまとめ
  • プログラミングを学べば、今の仕事を効率化できたり転職の成功率を上げることができる
  • 蓄積された学習方法のノウハウや転職支援を活用するために、プログラミングスクールを利用して学習するのがおすすめ
  • 技術は日々進歩するので、スキル習得後もプログラミングを学び続ける姿勢が重要
未経験の30代におすすめのプログラミングスクール4選

「30代が未経験の状態からプログラミングを勉強するのって大変そう」と最初は思うかもしれませんが、プログラミングスクールをうまく活用すれば効果的にスキルアップすることができますよ。