プログラミング×英語で市場価値UP!英語を学ぶメリット4つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングの勉強に英語は必要なの?
  • プログラミングと英語を同時に勉強するメリットは?
  • プログラミングと英語を同時に勉強したい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『プログラミングと英語のスキルを両方身に付けるメリットと方法』を理解すれば、プログラミングと英語を効率良く同時に学べるようになりますよ。

先にお伝えすると、プログラミングに英語の知識はあると便利です。

ですが、「英語が苦手だから、プログラミングできない!」と諦めないでください。

英語に苦手意識がある人でも、プログラミングと並行して英語が身に付く方法を紹介します。

はじめに、「プログラミングと英語を両方勉強するべき理由」について解説しますね。

プログラミングとあわせて英語も扱える人材の需要は高い!

プログラミングとあわせて英語も扱える人材の需要は高い!

英語も扱えるエンジニアの市場価値は年々高まっています。

理由は経済活動のグローバル化が進み、国境を越えて開発や取引をする機会が増えているからです。

とくに、ITの本場がアメリカなので、言語の開発元や情報などプログラミング関係の事柄が英語に集中しやすいんですね。

英語スキルがあれば、開発以外にも「共同開発のマネジメント・海外顧客対応」など活躍の場が増えますよ!

プログラミングと英語スキルを両方身につけるメリット4つ

プログラミングと英語スキルを両方身につけるメリット4つ

プログラミングと英語がどちらもできれば、以下のように市場価値の高いエンジニアになれます。

それぞれのメリットについて詳しく解説しますね!

プログラミングと英語スキルを両方身につけるメリット4つ
  1. 年収アップを狙える
  2. コードを理解しやすくなる
  3. 問題の解決手段が増える
  4. 海外でも仕事できる

メリット1:年収アップを狙える

英語ができると海外向けの仕事ができるので、市場価値が高まって年収アップにつながります。

大手転職情報サイト「CareerIndex」の調査によると、英語の読み書きや日常会話ができる人ほど高収入だそうですよ!

また、国内企業では、海外企業との共同開発や海外顧客との対応といった英語ができる人材の需要が高まっています。

他にも、外資系企業は「給与水準が高い」「実力しだいでどんどん昇進できる」といった社風が強く、若くても好条件の転職につなげやすいんですね。

メリット1:年収アップを狙える

引用:CareerIndex

メリット2:コードを理解しやすくなる

プログラムのコードは英単語で書くので、英単語の意味がわかればコードを理解しやすくなります。

とはいえ、中学生レベルの英単語や、カタカナ語に転用されている英単語がわかるだけで充分です。

TOEICなどのレベルまで求められているのかと思っていました!

もし最初はわからなくても、学習しているうちに自然と覚えてくるので安心してくださいね。

難しい単語も英文法もいらないので、英語を知らない小学生でもできるようになるんですよ!!
プログラミングで使う英単語の例
  • loop→処理を繰り返す
  • center→中央に配置する
  • if→条件分岐(もし)
  • call→プログラムを呼び出す

メリット3:問題の解決手段が増える

英語ができると、リファレンス(言語の公式な説明書)や海外のニュース、論文などからも情報収集ができます。

たとえば、スタックオーバーフローの海外版やQuoraといった質問サイトを通じて、世界中のエンジニアに質問できるようになります。

日本語で疑問を解決しきれないとき、海外のエンジニアにも助けてもらえるんです!

とくに、日本でまだ広まっていない海外の新しい言語を使って開発するときなどに役立ちますよ!

初心者の学習ではあまり重要ではないものの、実際の研究・開発では英語が役立つ機会も多いですよ!

メリット4:海外でも仕事できる

英語力があると仕事先の選択肢が増えます

なぜなら、生活拠点を海外にできるからですね。

具体的には、国内企業の海外支店での勤務や、海外の企業への就職などを視野に入れられます。

また、フリーランスのエンジニアとして、海外に住みながら世界中の案件を受注して生計を立てることもできますよ。

プログラミングを勉強しながら英語にも慣れる方法4つ

プログラミングを勉強しながら英語にも慣れる方法4つ

プログラミングをしながら英語に慣れ親しむ方法を4つお伝えします。

とくに、プログラミングと並行して英語を勉強すると、エンジニア関係の専門用語はもちろん、ビジネス用語などにも自然に触れられるんですね。

プログラミングスキルとあわせて、実務的な英語を効率的に身につけましょう!

プログラミングを勉強しながら英語にも慣れる方法4つ
  1. 英語で書かれた本を読む
  2. 海外のアプリを使う
  3. 海外の学習サイトを使う
  4. 海外の動画を見る

方法1:英語で書かれた本を読む

英単語と英文法をセットで覚えたい人は、英語で書かれたプログラミングの本を読むといいです。

英語の本を探すには「PHP 洋書」などで検索してみましょう!

ただし、慣れないうちは訳しながら読むため、日本語の本よりも進めるのに時間がかかります。

最初は図解が多くて感覚的に理解しやすい本を選んでくださいね!

方法2:海外のアプリを使う

プログラミングと英語をゲーム感覚で楽しく学びたい人は、海外のアプリがおすすめです。

理由は、ほとんどのアプリが無料で、通勤電車やすきま時間に手軽に勉強できるからです。

ただし、アプリのすべての機能を使うには、買い切りや月額で課金が必要なものもあります。

最初は無料で使える範囲で自分の英語レベルにあった説明でプログラミングが勉強できそうか確認して、気に入ったら課金するといいですよ!

英語も勉強できるおすすめアプリ
  • Programming Hub
  • Solo Learn

方法3:海外の学習サイトを使う

自分のペースで好きな時間に勉強するには、海外の学習サイトを使いましょう。

理由はスライドやアニメーションが多いので、英文がわからなくても学びやすいからです。

また、日本の学習サイトでは取り扱いが少ない機械学習やAIの分野の情報が多いメリットもあります。

プログラミングと英語のスキルを同時に磨くなら、以下2つの学習サイトがおすすめですよ!

英語も勉強できるおすすめ学習サイト
  • Udacity
  • Codecademy

方法4:海外の動画を見る

プログラミングと英語のリスニング力を同時に伸ばすには、海外の解説動画を見る方法もあります。

ただし、動画は誰でも投稿できるため、ものによっては誤った情報や古い情報も含まれます。

そのため、情報の正誤・信憑性を判断できる程度のスキルが必要なんですね。

最初は教材で学習し、プログラミングに少し慣れてから動画を活用するルートがおすすめですよ!

英語とプログラミングの学習に関するよくある質問3つ

英語とプログラミングの学習に関するよくある質問3つ

プログラミングと英語の学習について、よくある質問を3つまとめました。

当てはまる疑問点がある人は参考にしてくださいね!

英語とプログラミングの学習に関するよくある質問3つ
  1. どこまで英語を学べばいいの?
  2. プログラミングと英語どっちから勉強したらいいの?
  3. コードに使われている英単語は暗記しないとダメ?

質問1:どこまで英語を学べばいいの?

目的によって求められる英語のレベルは異なります。

初心者の学習では、中学レベルの英単語がわかればコードの意味や動きを理解しやすくなります。

とはいえ、簡単な単語が多いので最初は全くわからなくても大丈夫です。

一方、実務で英語を使いたい人は「ビジネス英語を読み書きできて・日常生活で支障のない程度に話せるレベル」まで身につける必要があります。

実際にNTT東日本や旭化成などの国内大手企業では、TOEIC700点を採用基準にしていますよ!

海外との折衝業務などを考慮すると、なるべく英語力は高い方がいいんですね~

質問2:プログラミングと英語どっちから勉強したらいいの?

プログラミングの勉強をメインに進めつつ、わからない英語が出たときに調べる方法がおすすめです。

なぜなら、プログラミングのコードを英語の意味とセットで理解すれば覚えやすいからです。

先に英語を勉強しても、すべての単語がコードで使われるわけではないんですね。

「このコードって、元々どんな意味の単語なんだろう?」と繋げながら学習すると理解が深まりますよ!

質問3:コードに使われている英単語は暗記しないとダメ?

コードの英単語を暗記する必要はありません。

というのも、プログラミングは暗記するものではないんです。

現役のエンジニアもすべてのコードを覚えているわけではありません。

言語の使い方を理解していれば、わからないコードは適宜調べて応用できますからね!

「プログラミングは暗記」とイメージする人も多くいますが、実際に必要なのは「理解」と「応用」なんですよ!

【プログラミングと英語の関係性】まとめ

【プログラミングと英語の関係性】まとめ

上記で紹介した『プログラミングと英語のスキルを両方身に付けるメリットと方法』を理解すれば、英語とプログラミングを同時に勉強できるようになりますよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングと英語スキルを両方身に付けるメリット4つ
  1. 年収アップを狙える
  2. コードを理解しやすくなる
  3. 問題の解決手段が増える
  4. 海外でも仕事できる
プログラミングを勉強しながら英語にも慣れる方法4つ
  1. 英語で書かれた本を読む
  2. 海外のアプリを使う
  3. 海外のアプリを使う
  4. 海外の動画を見る

プログラミングも英語もこれからの社会で求められるスキルです。

将来の自分のために、英語とプログラミング両方学んでスキルアップを目指しましょう。