プログラミングに向き不向きアリ!診断テストと克服できる勉強法4つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングに向き不向きがあるって本当?
  • 自分がプログラミングに向いているのか知りたい
  • もし向いていなかったらプログラミングを習得できないのかな

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『プログラミングに向き不向きはあるが、気にしなくていい!』『「プログラミングに不向き」を克服する学習方法4つ』を理解すれば、プログラミングに不向きな特徴に当てはまる人でも、プログラミング習得を目指せることがわかりますよ。

それではまずは『プログラミングに向き不向きはあるが、気にしなくていい!』から紹介していきますね。

『今すぐ教え方が上手いスクールで学びたい』という方は、『向き不向きに合わせてもらえる!おすすめプログラミングスクール4選』をクリックするとすぐに飛べますよ!

目次

プログラミングに向き不向きはあるが、気にしなくていい!

プログラミングに向き不向きはあるが、気にしなくていい!

プログラミングに「向き不向き」があることは事実ですが、気にしなくて大丈夫です。

理由は、実現したい目標や学ぶ言語によって、難易度や適性が変わるからです。

実際に、最初にJavaやC言語など難易度の高い言語で挫折した人でも、Rubyなど易しい言語で学び直したらやりきれた事例も多くあります。

また、パソコンの操作や論理的思考力などに不安がある人も、学習を進める打ちに自然と身につくので心配は要りませんよ!

プログラミングに不向きな人の特徴4つ

プログラミングに不向きな人の特徴4つ

「向き・不向き」を簡単に把握するため、不向きな人の主な特徴を4つ紹介します。

順番に見ていきましょう。

不向きな人の主な特徴を4つ
  1. 論理的に思考するのが苦手
  2. 学習意欲が低い
  3. 地道な作業や調査が苦手
  4. 疑問や課題を持って取り組めない

プログラミングが向いてない人について詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

プログラミング向いてない人とは?素養9つと向いてる人の特徴プログラミングが向いてない人とは?素養9つと向いてる人の特徴11個

特徴1:論理的に思考するのが苦手

論理的思考が苦手な人ははじめのうちは感覚を掴むのに時間がかかるかもしれません。

というのも、正しく動作するプログラムを作るには、手順を論理的に考えて組み立てる能力が求められるんですね。

論理的思考は、数学の方程式や証明問題に近く、目的に対して正しい順序で簡潔に処理する能力を意味します。

今は苦手でも、プログラミング学習を進めるうちにイメージが掴めるので、心配せずに根気強く続けてみてくださいね!

特徴2:学習意欲が低い

エンジニアには常に最新の情報を収集・学習する姿勢が求められます。

そのため、普段から学習意欲の低い人には向かないかもしれませんね。

実際、IT技術の変化は速く、コードの記法やトレンドの開発言語などが1年で入れ替わる業界です。

また、言語バージョンアップや新言語が登場する度に知識を更新する必要も多く、エンジニアになってからの勉強が多くなることを覚悟しておきたいですね。

特徴3:地道な作業や調査が苦手

コツコツと作業や調査することが苦手な人には厳しいかもしれません。

なぜなら、プログラミングは「コードを書いて動かす→エラーが出る→修正」をエラーが無くなるまで地道に繰り返す性質があるからです。

また、わからない部分があれば検索して調べたり、エンジニア職では海外フォーラムから論文を参照したりする必要も出てきます。

「誰でも・楽に・かっこよく稼げる!」などよくあるITのイメージと違う、根気強く問題に向き合える能力が大切なんですね。

特徴4:疑問や課題を持って取り組めない

新しい機能を発案して実装し、ユーザーに提供するのが開発者の仕事です。

そのため、常にサービスを改善する方法を考える必要があるんですね。

常にユーザーニーズを充たせるように「どんな機能が必要か」「今の操作性の問題は何か」など、自分事として課題意識を持って取り組む能力が求められます。

特に自社サービスをリリースする企業では、エンジニアもプロジェクトメンバーとして扱われるため、積極的に関わる意識が大切ですよ!

プログラミングに向いている人の特徴6つ

プログラミングに向いている人の特徴6つ

向いていない人の特徴が把握できたので、次はプログラミングに向いている人の6つの特徴を簡単に紹介しますね。

プログラミングに向いている人の特徴
  1. 論理的思考力がある
  2. 学習意欲が高い・探求人がある
  3. 地道な作業や調査が好き・得意
  4. 想像力がある
  5. 柔軟で多角的に物事を考えられる
  6. ものを作るのが好き

プログラミングに向いている人についてこちらの記事でも詳しく紹介しています。

プログラミングに向いている人の特徴12の素養で判断できる!プログラミングに向いている人の特徴

プログラミングの向き不向きを診断できるテスト4つ

プログラミングの向き不向きを診断できるテスト4つ

自分がプログラミングに向いているかどうか、適正を診断できるテストを4つ紹介します。

自分の性格傾向を把握しておくと学習時に意識すべきことがわかるので、一度受けてみてくださいね!

プログラミングの向き不向きを診断できるテスト4つ
  1. GEEK JOBの「適性診断
  2. 日本エンジニアリング協会の「適性診断
  3. 数学的な素養が測れるIBM社の「ATPP」
  4. コンピューター職の適性が測れるSHL社の「CAB」

その1:GEEK JOBの「適性診断」

GEEK JOBのサイトの「適性診断」のページでは、簡単な設問とテストに回答するだけで適性を診断してもらえます。

回答にかかる時間は約7分で、回答完了次第すぐに結果が出ます。

また、結果をもとに1年後・3年後・5年後の想定年収も算出されるので参考にしてみてくださいね!

GEEK JOBの適性診断でわかること
  • プログラマー適性
  • 転職後の想定年収
  • プログラミング適性

その2:日本エンジニアリング協会の「適性診断」

日本エンジニアリング協会は、エンジニアリングに携わる企業が集まり作られた公益法人です。

サイト内の「適性診断」では、エンジニアリング業界への適性を診断します。

テストは、実際にプロジェクトを進める場面を想定した、15の設問に答える形式になっています。

エンジニアとしての対応力があるかチェックでき、回答後はアドバイスも表示されますよ。

エンジニアリングは、細分化、専門化した「技術」と「知識」を一定の社会目標(の達成)に向けて結集し、新たな社会システムの構築やイノベーションに貢献する活動です。

引用:エンジニアリング協会とは

その3:数学的な素養が測れるIBM社の「ATPP」

「ATPP」はIBM社が提供している数学的な能力を測るテストです。

マトリクス30問、数列25問、算数25問の3部で構成されています。

問題自体は比較的簡単ですが、問題数が多く、処理速度と正確さが求められます。

プログラミングには数学的思考力が求められるので、IT企業の審査などで使われやすい指標ですね。

その4:コンピューター職の適性が測れるSHL社の「CAB」

「CAB」はSHL社が作成している、論理的思考力が問われるテストです。

内容は「暗算」「法則性」「命令表」「暗号」の4つの能力検査に、「性格診断」を加えた5分野から出題されます。

「ATPP」と同様に、制限時間に対して問題数が多いので、処理速度や正確さが求められるテストです。

「プログラミングに不向き」を克服する学習方法4つ

「プログラミングに不向き」を克服する学習方法4つ

診断結果で適性が弱くても、カバーできる学習方法を押さえておけば大丈夫です。

ここではおすすめの方法を4つ紹介するので、ぜひ実践してみてくださいね!

「プログラミングに不向き」を克服するおすすめの学習方法4つ
  1. プログラミングを学ぶ理由を明確にしよう
  2. 目標から学習のスケジュールを設定しよう
  3. 最初は無料の学習サイトから始めよう
  4. 質問できるサイトを知っておこう

方法1:プログラミングを学ぶ理由を明確にしよう

必ず学習前にプログラミングで実現したい目標を設定しましょう。

というのも、理由なく学び始めても学習の方向性を確立できなかったり、自分のレベルを把握できなかったりと、挫折しやすくなるんですね。

ゴールが明確になっていれば、必要な学習内容が決まるのでブレがなくなり、実現に向けて走るモチベーションも発揮できますよ!

設定する目標の例は下記を参考にしてみてくださいね!

設定する目標の例
  • 開発したいWebサービス
  • 開発したいアプリ
  • 業務を効率化する
  • 転職したい会社

方法2:目標から学習のスケジュールを設定しよう

目標を実現する期限を設定し、逆算してスケジュールを設定してみましょう。

ゴールに対して自分の学習が進んでいるか、遅れているかを把握しておけば、自己管理・自己修正の練習にもなりますよ!

また、スケジュールを組めば数日おきや単元ごとに小さなタスクも設定されるので、定期的に達成感を得られ、モチベーションの維持に繋がります。

もしも修正が効かないほどにズレたときは一度立ち止まり、自分の学習や生活の傾向を把握し直してスケジュールを組み直してみましょう!

方法3:最初は無料の学習サイトから始めよう

ネット上で利用できる無料の学習サイトで基礎知識を身に着けることから始めましょう!

基礎知識や自分の得意・不得意などがわからないままでは、相性の悪い教材を選ぶリスクもあるんですね。

ある程度チュートリアルが終わったら、サイトの有料コースや書籍、各種スクールなどで発展的な学習に移っていきましょう!

無料の学習サイト例
  • Progate(プロゲート)
  • ドットインストール
  • Aidemy(アイデミー)
  • Paiza(パイザ)

方法4:質問できるサイトを知っておこう

独学では、エラーや疑問点を解決できずに挫折する人が多くいます。

そのため、プログラミングに特化した質問サイトや、コードを公開してアドバイスを受けるサービスなどをブックマークしてスムーズな解決に役立てましょう。

つまづいたら「過去の質問や記事から同じ事例がないかを探して参考にし、なければ質問」の手順で使ってみてくださいね!

初心者のうちから調べる癖を付けておけば、エンジニアに求められる「検索して自走する力」を養えますよ!

知っておきたい便利サイト
  • teratail(テラテイル):回答率約90%のプログラミングに特化したQ&Aサイト
  • GitHub(ギットハブ):自分の書いたコードを公開できるサービス
  • Qiita(キータ):プログラミングに特化した情報共有サービス

スクールなら全ステップが揃っていて克服しやすい!

これからプログラミングを始めるなら、スクールの利用をオススメします!

理由は、スクールでは既に過去の実績からつまづきやすいポイントなどの学習ノウハウが確立されており、初心者に最適化されたカリキュラムで学べるためです。

また、講師にすぐにサポートしてもらえる環境があるので、エラーや疑問を調べてもわからないとき、すぐに訊いて前に進められます。

未経験に有利な就職・転職支援を支援しているスクールもあるので、エンジニア転職を見据えている人はぜひ活用してくださいね!

プログラミングスクールを使うメリット
  • 疑問点やエラーを講師に質問できる
  • 生徒同士の交流がモチベーションに繋がる
  • 転職・就職の支援を受けられる
  • 独自のコミュニティで人脈を広げられる

向き不向きに合わせてもらえる!おすすめプログラミングスクール4選

 向き不向きに合わせてもらえる!おすすめプログラミングスクール4選

最後に、受講生の「向き・不向き」に合わせたカリキュラムを提供しているおすすめのスクールを紹介します。

無料カウンセリングや体験会も開催されているので、不明点やキャリア相談などでぜひ活用してくださいね!

向き不向きに合わせてもらえる!おすすめプログラミングスクール4選

独学で不向きだと感じている人は:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾
向いている人
  • 副業やフリーランスの経験を積みたい人
  • 自分の目的に合わせたカリキュラムで学びたい人
  • 専属マンツーマンレッスンで学びたい人

侍エンジニア塾は、プログラミングスキルを副業やフリーランスで活かしたい人におすすめのスクールです。

仕事を受注し納品までをサポートしてくれる案件獲得サポートがあり、個人で稼ぐための経験を積めるのが大きな特徴です。

学習内容は個人の目的・目標に合わせる完全オーダーメイドのカリキュラムで、プロのエンジニアが専属で付いてくれるので、相談や質問がいつでもできます。

独学でエラーの原因が分からず挫折してしまうような場面でも、専属のマンツーマン指導なら最後までやり遂げられますよ。

向いているスキルを見つけたいなら:TECH CAMP プログラミング教養

TECH CAMPプログラミング教養
向いている人
  • 向いているスキルを知りたい人
  • 色々な基礎知識を知りたい人
  • 月額制で学びたい人

TECH CAMP プログラミング教養は、まだ目的が曖昧で、どんなスキルが向いているか試したい人におすすめです。

月額制で随時最新の内容にアップデートされるテキストが、WebからAIまで全コース学び放題なので色んな基礎知識に触れられます。

全額返金保証があるので万が一、受講後に合わないと感じた場合は、受講開始日から7日までなら受講料が返金されますよ。

自宅から受けられる無料オンラインカウンセリングもあるので、まずは気軽に相談してみましょう。

格安でオンライン受講をしたいなら:Tech Acadmy

TechAcademy
向いている人
  • 安く学びたい人
  • 短期間で知識を身につけたい人
  • 複数の言語を学びたい人

Tech Acadmyは、とにかく格安でプログラミングスキルを学びたい人におすすめです。

他所と比べてコストパフォーマンスがよく、「はじめてのプログラミングコース4週間」なら10万円ほどで受講できます。

オンライン完結で現役のエンジニアがマンツーマンでサポートしてくれるので、自宅にいながら短期間でプログラミングが身に付きますよ。

学べる言語はJavaコースやPythonコースなど種類が豊富で、さらに2~3セットで学ぶこともできるので自分のやりたいことや目標に合わせて選びましょう。

自分に合った講師とレッスンしたい人は:CodeCamp

CodeCamp
向いている人
  • 未経験からエンジニアに転職したい人
  • 実践的なスキルを学びたい人
  • 信頼できる講師から学びたい人

CodeCampは、本格的なエンジニアスキルを学んでキャリアアップしたい人におすすめです。

未経験でも実践的なスキルを身につけてエンジニアとして働くための知識をしっかり学べます。

講師は採用率10%の独自のメンター試験に受かった人しかなれないので、技術力はもちろん、教え方が上手いプロが揃っています

オンラインビデオ通話で行われる無料体験レッスンを受ければ、自分にあったプログラミング言語や学習の進め方などが詳しくわかりますよ。

プログラミングの向き不向きについてまとめ

プログラミングの向き不向きについてまとめ

上記で紹介した『プログラミングの向き不向きを気にしすぎなくていい理由3つ』と『「プログラミングに不向き」を克服する勉強の手順4つ』を理解していただくと、プログラミングに不向きな人でも、プログラミングの習得を目指すことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングの向き不向きを診断できるテスト4つ
  1. GEEK JOBの「適性診断
  2. 日本エンジニアリング協会の「適性診断
  3. 数学的な素養が測れるIBM社の「ATPP」
  4. コンピューター職の適性が測れるSHL社の「CAB」
向き不向きに合わせてもらえる!おすすめプログラミングスクール4選

プログラミングは向き不向きによって、習得できる速度に差が生まれます。

ですが、不向きだからと言って、決してプログラミングを習得できないわけではありません

まずは一歩踏み出し、勉強を始めてみましょう。