【社会人でも無駄にならない】おすすめプログラミングスクール8社

この記事で解決できる悩み
  • 社会人におすすめのプログラミングスクールを知りたい
  • 社会人が無理なく通えるスクールってどこ?
  • 選び方や注意点は?

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『社会人におすすめプログラミングスクール5選と注意点』を理解すれば、プログラミング初心者でも自分にあったスクールを選べますよ!

実際に9社以上のスクール担当者に伺った内容を元に選び方も紹介しているので、未経験で知識がなくても理解できる内容に落とし込んでいます。

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの荒木さんに監修していただきました!

現役エンジニアの荒木です!みなさまに有益な情報を提供できるようお手伝いいたします。

荒木

スクール講師・現役エンジニアに協力してもらうことで、忙しい社会人の方でも『効率的に、自分に合うスクール選び』ができるようになっているので、是非安心して読み進めてくださいね。

それではまずは、『社会人におすすめのスクール比較一覧』から紹介しますね!

目次

社会人のおすすめのプログラミングスクール比較一覧

社会人に人気のおすすめプログラミングスクール比較ランキングは以下です。

当サイトでは、転職するならチームで成果物が作れるなど一番サポートが充実している『DMM WebCamp』をおすすめしていますよ。

プログラミングスクール転職
支援
転職
成功率
入会金料金
/日
受講
教室
オン
ライン
社会人
向け
評判


公式ページを見る
花丸

98%
0.7
万円〜

詳しくみる


公式ページを見る

99%

万円
0.3
万円〜


詳しくみる


公式ページを見る
0.3
万円〜
詳しくみる


公式ページを見る
19.8
万円
0.26
万円〜


詳しくみる


公式ページを見る
3
万円
0.3
万円〜
詳しくみる


公式ページを見る
2.9
万円
0.66
万円〜
詳しくみる


公式ページを見る
26.9
万円
0.4
万円〜
詳しくみる


公式ページを見る
9
万円
0.2
万円〜

(※1)
詳しくみる

社会人におすすめプログラミングスクール選び方5つ

社会人におすすめプログラミングスクール選び方5つ

スクールを紹介する前に、『忙しい社会人にもおすすめのプログラミングスクールの選び方を知りたい』という方向けに、5つの判断基準を紹介しますね。

プログラミングスクールを選ぶ基準5つ
  • 目的
  • 受講場所
  • 期間
  • 転職支援あり
  • 値段

17社のスクール担当者に直接伺った判断基準を元に記載していますので、これからスクールを選ばれる方は参考にされてくださいね!

選び方1:目的

目的によって選ぶべきコースが異なるので、まずは目的を明確にしましょう。

プログラミングスクール講師の方々に『プログラミングスクールに入会する人の目的』を伺ったところ、以下5つが多かったので、参考にしてみてくださいね。

目的5つ
  • エンジニア・Webデザイナーになりたい
  • 転職・独立したい
  • 副業・フリーランスでお小遣い稼ぎがしたい
  • スキルを身につけて年収をワンランクアップさせたい
  • 仕事の立場上、ディレクションができるようになりたい

目的をわかってスクールに通わないと、途中から受講しなくなり無駄になるかもしれないので、『自分がどうなりたいのか』を理解しておくことが重要ですよ!

選び方2:転職支援を希望するか

コースによって転職支援の有無があるので、『エンジニアとして転職したい!』と思うなら、必ず『コースごとに転職支援はついてるかな?』とチェックしておきましょう!

社会人20代であればほとんどのスクールで転職支援をしていますが、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのように、30歳以下のみ転職支援を行なっているコースもあります。

そのため、転職を支援をしてほしい場合には、年齢制限がないかも確認することがポイントです。

特に、実績を公開している『DMM WebCamp』と『TECH CAMP エンジニア転職(旧TECH::EXPERT)』の2つのスクールは人気がありますよ!

選び方3:受講形態

受講形態にはオンラインとオフラインがあるので、自分にあった方を選びましょう。

以下でそれぞれに向いている人を紹介するので、参考にされてくださいね。

オンラインがおすすめの人

オンラインがおすすめの人
  • 費用も比較的安いスクールがいい人
  • 転職よりかは知識を得たい人
  • 自分のペースで学習したい人
  • 仕事が忙しく、時間内に通う時間が取れない人

もし東京などの大都市に住んでおらず、田舎であればオンライン受講のほうが向いていますね。

また、『会社が終わる時間が遅い』『格安で知識を得たい』人にはオンラインがおすすめですよ!

オフラインがおすすめの人

オフラインがおすすめの人
  • モチベーションを維持したい人
  • プログラミング仲間が欲しい人
  • メンターに質問をその場でしたい人
  • プログラミング未経験者

オフラインでは、DMM WebCampのようにチームでプロジェクトを作成できるスクールもあるので、仲間を作りやすいです。

『本気で転職したい人』『メンターに相談がすぐできる環境に身を置いて短期間でスキルを習得したい人』には最適ですよ!

選び方4:学ぶ期間

社会人は特に忙しい方もいると思いますので、自分の学べる時間を考えた上での受講が望ましいです。

普段から残業時間が少なく、学ぶ時間も取れるのであれば短期間での習得の方が安く済みますし、スキルも早く身につくのでおすすめですよ。

逆に残業時間が多かったり、仕事が読めない方は3ヶ月〜半年を目安にすると無理なく通えると思います。

学ぶ期間の目安
  • 時間を作れていますぐ転職したいなら1ヶ月〜2ヶ月プラン
  • 時間があまり取れないなら3ヶ月〜6ヶ月プラン

選び方5:値段

最後は、スクールの値段と自分の目的を照らし合わせて考えましょう!

『転職をしたいのか』『副業やフリーランスとして稼ぎたいのか』などで選ぶといいですよ!

スクールはお金がかかってしまいますが、独学で学ぶよりも信用性も増すため、転職に限らずフリーランス志望の方でもメリットが多いです。

各スクールでは分割払いもできますが、無理なくどのくらい『自己投資』として使えるか、も加味して選びましょう!

値段の相場
  • 20〜30万:オンラインコースで転職支援がないものが多い
  • 40〜60万:オフラインで通って手厚いサポートを受けつつ、転職支援がある場合が多い

どのコースにしようか迷う方は無料カウンセリングを受けよう!

プログラミングを初めて学ぶ方は、コースをネットだけでは選びきれないかもしれません。

そんな時は、スクールを1つまたは2つに絞って無料カウンセリングに行かれることをおすすめします!

『相談会、体験会、カウンセリング』は全て無料なので、まずは足を運んで『自分に合っているか?』を確認するようにしましょう!

【転職にも有利】社会人におすすめプログラミングスクールBEST5

【転職にも有利】社会人におすすめプログラミングスクールBEST5

社会人に特におすすめのプログラミングスクールを知りたい』という方向けに、当サイトで17社のスクール説明会を受けて、社会人におすすめだったのが以下5つのスクールです。

おすすめプログラミングスクールBEST5

それぞれ詳しく解説しますので、気になるスクールを見つけたら無料体験会などに行ってみましょう!

98%の高確率で転職したいならDMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

DMM WEBCAMPは、『プログラマ仲間が欲しい人』『成果物を作って転職したい人』におすすめの人気プログラミングスクールです。

DMMが運営していることもありIT企業への転職実績も多いため、未経験からでも企業でエンジニアとして働けます。

スクールは東京(渋谷/新宿)と大阪(難波)にあり、受講期間は『1ヶ月目:基礎→2ヶ月目:チーム開発→3ヶ月目:ポートフォリオ制作』の3~4か月のプログラムとなっています。

転職成功率は98%と、マンツーマンのキャリアサポートがしっかりされていますし、万が一転職できなくても全額返金サービスもありますよ!

格安でオンライン受講したいならTechAcademy

TechAcademy

低価格のオンラインスクールを希望している社会人の方におすすめなのが、TechAcademyです。

業界の中でも抜群のコスパの良さなので、20代の社会人で貯金があまりない方にもおすすめできます。

マンツーマンメンタリングとチャットサポートも充実しているので、何か相談事やわからない箇所があっても、きちんと解決できますよ!

また、オンラインスクールはスキルが身につくか不安な方もいると思いますが、回数無制限の課題レビューも出してくれるので、自分が安心できるまで学べるのも魅力ですね。

4週間〜4ヶ月で学ぶやすいカリキュラムを選べるので、忙しい社会人にも最適なスクールですよ!

30代で転職したいならTECH CAMP エンジニア転職(旧TECH::EXPERT)

テックキャンプエンジニア転職

TECH CAMP エンジニア転職(旧TECH::EXPERT)は、『30代で転職したい人』にとくにおすすめのプログラミングスクールです。

受講期間は、10週(短期集中コース) / 半年(夜間・休日コース)と選べるので、忙しい社会人でも通いやすいスクールとなっています。

オンラインで学習することで、忙しい日やスキマ時間も有効活用でき、教室に行くと講師に質問できるだけでなく、同じ目的を持った仲間と出会えるので途中で挫折することもないですよ!

また、『テックキャンプ限定の就活イベント』も開催されているので、キャリアや業界を調べる時間を短縮できることもメリットです!

IT知識を広く浅く知りたいならTECH CAMP プログラミング教養

TECH CAMPプログラミング教養

『広い範囲のIT知識を得たい人』『社員の的確な人員配置を行いたい経営者』などにおすすめなのが、TECH CAMP プログラミング教養です。

月額14,800円で、WEBサービスやアプリの開発、AI(人工知能)、Webデザインなど、全7種類の様々なITスキルを学ベてしまいます!

累計受講者数も10,000人以上の実績があり、オンラインカリキュラムですが東京・梅田・名古屋などにも教室があるので全国の拠点で学習ができます。

まだ好きな分野がわからない初心者の方で、一通り学んでから興味のある分野を見つけたい方には最適ですよ!

オンラインメインで学びたいならCodeCamp

CodeCamp

CodeCampは、完全オンラインでプログラミングスキルを身につけたい人におすすめのスクールです。

受講時間がどこのスクールよりも長く、7時〜23時40分まで好きな時間に受けられるのも魅力ですね。

受講者数20,000人を突破しており、在籍講師数は200人以上と多く、レッスン満足度も94.6%と評判が高いです。

体験レッスンを受けると受講費用が1万円お得になるので、気になる方は体験レッスンを受けてみましょう!

社会人がプログラミングスクールで学ぶおすすめ言語5つ

社会人がプログラミングスクールで学ぶおすすめ言語5つ

社会人がプログラミングスクールのコースを選ぶ際には、目的に応じて学ぶ言語を考慮する必要があります。

中でも人気で需要がある基本言語5つを簡単にまとめたので、知らない方はぜひ目を通してくださいね。

おすすめプログラミングスクールBEST5
  1. 基礎を知りたい人向け:HTML&CSS
  2. ソフトウェアやOSの作成なら人気が上がっている:C言語
  3. 需要が一番多く転職しやすい:Java
  4. Webエンジニア、Webアプリケーション開発なら:PHP
  5. アプリやデータサイエンスなど幅広い:Python

基礎を知りたい人向け:HTML&CSS

エンジニアになるためにも、まず知っておきたい基礎言語がHTMLとCSSです。

Webページ=HTML(文章構造)+CSS(見栄え)
  • HTML:Webページを作るための最も基本的なマークアップ言語。Hyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略。
  • CSS:文書構造にデザインを施し、見栄えを整える役割。Cascading Style Sheets”の略で、スタイルシートとも呼ばれる。

普段、私たちが観ているWebページのほとんどが、HTMLで作成されています。

女性や在宅勤務を希望している方、wordpressを使ってブログを書いている方などにもおすすめの言語です。

またJavascriptも学んでおくと、動的な操作をつけられますよ。

ソフトウェアやOSの作成なら人気が上がっている:C言語

C言語は、ソフトウェアやOSの作成などの際に使われます。

C言語を利用して開発されたソフトウェア例
  • 企業のバックオフィスで利用されている社員の個人情報や給与の情報を扱うシステム
  • 売上管理やコスト管理のシステム 

企業に属しながら大型のシステムを管理する方や、さらに市場ニーズの高い言語を習得したい方には最適ですよ!

需要が一番多く転職しやすい:Java

Java言語は、Webアプリケーションから裏側のシステムまで利用範囲が広いのが特徴です。

GoogleやYahooなどの検索結果などをベースに、利用率、人気などを順位付けしている、オランダのTIOBE Software社が公開しているランキング「TIOBE Index」で不動の連続1位を獲得しています。

日本でも転職する際に一番重宝される言語として、以下のように「PR TIMES」で掲載されていますよ。

プログラミングスクールの転職しやすい言語についての調査結果

初心者の習得には時間がかかると言われていますが、JavaやC言語を理解していると、別の応用にも効くので優れた言語とされています。

Webエンジニア、Webアプリケーション開発なら:PHP

PHPとは、動的にWebページを生成できるサーバーサイドのスクリプト言語のことです。

他のプログラミング言語と比較して仕様や文法が簡単なため、プログラミング初心者向きで習得しやすいと言われています。

Web開発でよく使用されるスクリプト言語にはJavaScriptがありますが、PHPとJavaScriptの大きな違いは、そのコードがどこで実行されるかにあります。

PHPとJavaScriptの大きな違い
  • JavaScript:クライアントサイド(Webサイトを閲覧しているブラウザ)がコードを受け取る。どのようなコードが書かれているのか、誰でも見れてしまう。

 

  • PHP:サーバーサイドでコードを実行。クライアントサイドはその結果のみを受け取るため、どのようなコードで導き出された結果なのか見られない。

PHPはデータベースと連携できるので、データベースを操作する際に使用するSQL言語と一緒に学習されることが多いですよ。

また、HTMLに組み込んで記述することも可能なので、HTMLやCSSと並行して学習を進められるのも利点と言えるでしょう。

アプリやデータサイエンスなど幅広い:Python

Pythonとは、少ないコード量(文量)で簡単にプログラムがかける特徴があります。

今話題の「人工知能(AI)」や「教育の分野」「Web開発」など、広い分野で使われている言語で、これからますます大注目されることが予想されています。

向いている人は、機械学習をしたい人やデータサイエンスをしたい人で、Webサービスやスマホアプリを作りたい人向きではありません。

社会人がプログラミングスクールを選ぶ際の注意点2つ

社会人がプログラミングスクールを選ぶ際の注意点2つ

プログラミングスクールを選ぶ際に気をつけたい点を2つ紹介します。

知っておいたほうが得なことなので、以下の内容に目を通してくださいね。

注意点2つ
  • 無料プログラミングスクールはおすすめしない
  • 成果物・ポートフォリオを確認する

注意点1:無料プログラミングスクールはおすすめしない

社会人でプログラミングを学びたいなら、無料スクールはおすすめしません。

理由は、転職に役立つ情報を提供してくれず、Webで自分で完結させる場合が多く、応用を学べないので転職できるほどのスキルがつかないからです。

また無料スクールでも『転職や職業紹介をしている』と書かれているサイトもありますが、SESと呼ばれる職種を紹介されるだけで終わってしまうことがほとんどです。

SESとは

「システムエンジニアリングサービス」の略称。

クライアントにエンジニアを派遣するサービスを行う雇用契約の一種。

SESがやめとけと言われる理由

SESはプログラマの中でもおすすめされていない理由は以下のような点です。

おすすめしない理由
  • 受注が孫請けのような形態なので給料が安い
  • 常駐先の企業がプロダクトごとにコロコロ変わる
  • エンジニアとしてのスキルを伸ばし辛い
  • モチベーションがなくてもこなせる仕事しかない
  • 常駐企業に当たり外れがある

もし社会人でプログラミングスキルがほしいのではなく、ただ興味がある程度であれば無料でいいですが、社会人で転職、あるいはスキルアップを考えている方にはオススメしません。

せっかく学ぶのなら自分のスキルもきちんと上がり、将来の仕事に繋がるように有料スクールで習得する方が賢いと思いますよ!

注意点2:成果物・ポートフォリオを確認する

スクール選びの注意点2つ目は、転職を考えているなら成果物を作れるスクールなのかを確認しましょう。

社会人でプログラマとして転職する場合、過去の成果物やポートフォリオの提示を求められる場合があるからです。

スクールによっては自分の好きなWebページを作れるところもあれば、DMM WebCampのようにチームを形成させられて、チームで成果物をあげる転職向けのスクールもあります。

プログラミングを学ぶ目的が『将来エンジニアやWebデザイナーに転職するため』の方は、成果物についても無料相談会で聞いてみることをおすすめしますよ!

社会人におすすめのプログラミングスクールと選び方 まとめ

社会人におすすめのプログラミングスクールと選び方 まとめこの記事に書いてある『社会人におすすめプログラミングスクール5選と注意点』を参考に実践すれば、初心者でも自分にあったスクールを選べますよ!

最後にまとめです!

プログラミングスクールを選ぶ基準5つ
  • 目的
  • 受講場所
  • 期間
  • 転職支援あり
  • 値段
おすすめプログラミングスクールBEST5

初めは『スクール選びもめんどくさいな。』と思うかもしれませんが、スクールに通うか迷っているのであれば、なんでも早いに越したことはありません。

せっかく最後まで読んでくださったのですから、この時間を無駄にせずにスクールの無料体験に行かれることをおすすめします。

プログラマ・エンジニアは今後も需要が増していく職業なので、早めにスキルを習得して年収をワンランクアップさせちゃいましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!