大学生でもプログラミングで稼げる!稼ぎ始めるまでの5ステップ

この記事で解決できる悩み
  • 大学生でもプログラミングで稼ぐことはできるのかな?
  • 大学生が実際にプログラミングで稼ぐにはどんな方法があるんだろう?
  • プログラミングで稼ぐまでに何をすればいいのかわからない!

杉本

プロアカ編集部の杉本です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

これから紹介する『大学生がプログラミングで稼ぐまでの5ステップ』を実践すれば、プログラミング初心者である大学生でも稼ぎ始めることができますよ!

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの菅野さんに監修していただきました!

こんにちは、菅野です。皆さんに価値のある情報を提供できれば幸いです。

菅野

 

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

まずは『大学生でもプログラミングで稼ぐことができる!』から見ていきましょう!

目次

大学生でもプログラミングで稼げる!

大学生でもプログラミングで稼げる!大学生でも、プログラミングによって稼げます。

年齢に関係なく結果を出せる分野のため、スキルと行動力があれば自分の名前で仕事を取れるからなんですよ!

また、実績を積んでいけば継続して案件を獲得しやすい業界でもあるんです。

腕を磨きながらポートフォリオや仕事の実績を作り、各企業や顧客とのつながりを少しずつ広げていきましょう!

プログラミング案件の単価は高いから稼げる!

プログラミングの案件は10万以上のものが多く、1つの案件でも高額な報酬がもらえます。

月3つの案件をこなせば、およそ月30万円を稼げるんですよ!

自宅で作業する案件を選ぶと、大学生として講義を受けながらスキマ時間でコツコツと完成させていく流れになります。

1回6時間のバイトと比べて高時給のうえに、自分のペースで進めらるんですね!

大学生がプログラミングで稼ぐ方法は2通り

大学生がプログラミングで稼ぐ方法は2通り大学生がプログラミングで稼ぐ方法は、インターンとクラウドソーシングの2つです。

どちらかの専門と決めるよりも、自分のためになる案件を選んでいくのがオススメですね。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法2つ
  1. スキルを高められるインターン
  2. 好きな時間に働けるクラウドソーシング

スキルを高められるインターン

インターンはIT企業の開発現場に参加して、実際に働きます。

部分的に仕事をこなすので有給のパターンが多く、スキルなしの一般バイトよりも高い時給です。

またインターン歴として就活でアピール可能なうえに、現役のエンジニアから色々と教えてもらえるなどのメリットもあるんですね!

大学生はインターンに応募しやすいので、どんどん活用しましょう。

好きな時間に働けるクラウドソーシング

クラウドソーシングは時給制ではないので、連続して働けない大学生でも時間を縫ってプログラミングで稼げますよ!

個人事業主の立場で顧客と契約を結び、成果物を納品する代わりに報酬をもらう構図です。

代表的な仲介業者はAnother works、lancers、クラウドワークスとなるので、どのような案件が出ているのかを確認してみるとよくわかりますね!

プログラミング初心者の大学生が稼ぐならWeb関連の分野がオススメ!

プログラミング初心者の大学生が稼ぐならWeb関連の分野がオススメ!プログラミングで積極的に稼ぎたい大学生には、Web関連の言語をオススメします。

なぜならWeb関連はネットの案件数が多く、個人で請け負いやすい規模になっているからです。

言語は、需要の高いPHP、Javascript、Rubyがオススメですね。

数ページを作って約5万円が相場で、同時に複数の案件をこなせば月10万以上稼げますよ!

Web制作にオススメの言語
  • PHP:HPを簡単に作れるWordPressに使われているため、案件が多い
  • JavaScript:HPに動きを付けるのに必ず使われる言語
  • Ruby:シンプルな構文で使いやすく、Webアプリ開発に使われている

大学生がプログラミングで稼ぐまでの5ステップ

大学生がプログラミングで稼ぐまでの5ステップ大学生がプログラミングで稼ぐのはハードルが高いものではありません!

以下のような5ステップを辿ることで稼げるようになりますよ!

丁寧に解説するのでしっかりと読み進めてくださいね!

大学生がプログラミンで稼ぐまでの5ステップ
  1. 学ぶ言語を決めよう!
  2. 大まかな学習計画を立てよう!
  3. 学習方法を決めよう!
  4. 自分でオリジナルの作品を作ろう!
  5. 実際に仕事を受けてみよう!

ステップ1:学ぶ言語を決めよう!

自分の作りたいものが明確なら、それに関連した言語を学ぶと挫折する可能性を低くできます。

AI開発に強いPython、IoTなどの組み込み系の開発をしたい場合にはC言語、C++、Javaが向いていますね!

また、プログラミングで稼ぐことを目的にするなら、Web関連の言語であるPHP、JavascriptやRubyがオススメですよ!

どの言語にするのかで難易度や仕事の数が違うので、よく考えましょう!

ステップ2:大まかな学習計画を立てよう!

300時間の正しい学習計画を立てて、最後までやり遂げましょう。

一般的に300時間の学習で基礎学習が完了して、お客さんの要望にある程度は答えられるレベルになるからです!

プログラミング初心者の大学生については、どのように言語を扱っていくのかの確認も必要ですね!

いきなり有料のスクールに通うのではなく、自分の目的までの各段階をチェックすることをオススメします。

ステップ3:学習方法を決めよう!

学習方法は、独学とプログラミングスクールの2つです。

それぞれ向き不向きがあるので、自分の性格や環境によって決めましょう。

自己管理が得意で、ゼロから資料探しや疑問の解決を行える人には、独学が向いています。

また、実績豊富なカリキュラムによって早く即戦力になり、みんなと一緒に学びたい人であれば、スクールに通うのがベストです。

ステップ4:自分でオリジナルの作品を作ろう!

基礎勉強を終えた後、自分でオリジナルの作品を作ってみることが重要です。

その言語への理解を深められるうえに、教科書や他人のコピーではない独自のコードを書くスキルを習得できます。

大学生がプログラミングで稼ぐときに必要不可欠なので、インプットした基礎知識を活かしてどんどんオリジナルのアプリやWebサイトを完成させましょう。

スキップ5:実際に仕事を受けてみよう!

基礎を固めて、ある程度自分で応用が可能になったら、実際に仕事をしてみましょう。

最初から大きな金額の案件を受けるのではなく、自分にできそうな案件から取り掛かることがオススメです!

大学生のプログラミングにはインターンで稼ぐ方法もあるため、各IT企業で好条件の募集が出ていないかを定期的にチェックしましょう!

大学生が最短で稼ぐためのプログラミングスクール3選

大学生が最短で稼ぐためのプログラミングスクール3選大学生のうちにプログラミングで稼ぎたいならプログラミングスクールがオススメですよ!

なぜなら、プログラミングスクールなら効率的に学べるので、独学よりも早く案件を受けれるからです!

プログラミングスクールによっては案件獲得サポートもついているため、卒業後も安心してプログラミング案件に取り組むことができます!

以下に大学生にオススメのぷロッグラミングスクールを紹介します!

大学生が最短で稼ぐためのプログラミングスクール3選
  1. 受講中から稼ぐなら:侍エンジニア塾
  2. 格安で受講したいなら:TechAcademy
  3. 忙しい大学生でもスキマ時間で学べる:CodeCamp

受講中から稼ぐなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

受講中から稼ぎたいと思っている人は侍エンジニア塾がオススメです!

侍エンジニア塾には個別案件サポートがあり、受講中でも月10万〜15万稼げるんですよ!

大学生で案件を受けることが不安な方でも受講中からサポートがあることで慣れますね!

また、オーダーメイドでカリキュラムを組んでくれるので、自分のやりたいこと・キャリアプランに沿った勉強ができるんです!

格安で受講したいなら:TechAcademy

TechAcademy

なるべく安くプログラミングスクールを受講したいならTechAcademyがオススメですよ!

最低でも10万円ほどで受講できるので、予算の少ない大学生でもバイト代ほどで受講できるんですね。

さらにキャンペーンや割引を使うことでより安く受講できます。

また、講師は全員現役エンジニアなのでクオリティも高いんですよ!

忙しい大学生でもスキマ時間で学べる:CodeCamp

CodeCamp

サークルなどの活動が忙しく、スキマ時間で受講したいならCodeCampがオススメです!

CodeCampは7:00~23:40の好きな時間にレッスンを受けれるので、授業前の早朝やサークル後の空いた時間などに受けれます!

また、CodeCampはオンライン完結なので、地方に住んでいてプログラミングスクールに通えない人や、お気に入りのカフェなどで受講したい人にもオススメですよ!

大学生がプログラミングで稼ぐコツ2つ

大学生がプログラミングで稼ぐコツ2つプログラミング初心者である大学生が最初から大きな案件を取ることは難しいです。

以下のコツを覚えることで案件獲得数が大きく変わりますよ!

コツを覚えて、稼げるエンジニアへの一歩踏み出しましょう!

大学生がプログラミングで稼ぐコツ2つ
  1. 信頼できるプロフィールを作ろう!
  2. 実績を積み重ねよう!

コツ1:信頼できるプロフィールを作ろう!

初心者のうちは実績が少ないので、クライアントがエンジニアのスキル確認で参照するプロフィールをしっかりと作り込む必要があります。

オリジナルサイトや作品のURLなどを掲載するとスキルの証明になるので、コツコツと増やしていくのがオススメですよ!

プロフィール画像は自分の写真、または似顔絵にすると熱意が伝わります。

コツ2:実績を積み重ねよう!

はじめのうちから大きな案件を得るのは難しいので、受注しやすい小さな案件を積み重ねていき、信頼を得ましょう!

取引先からの紹介や実績によって注目されるケースも多く、案件の数を増やしていくほうが結果的にうまくいくんですね!

オンラインの仲介業者ではプロフィールに過去の実績が載るため、やればやるほど有利になりますよ。

プログラミングで稼ぎたい大学生の質問3つ

プログラミングで稼ぎたい大学生の質問3つプログラミングで稼ぎたい大学生のよくある質問をまとめました!

一つひとつ丁寧に答えているので参考にしてください!

質問1:大学生はプログラミングができると就職にも活きるの?

プログラミングを大学生で学ぶことは就活に活きます!

近年、さまざまな業界のデジタル化が進んでいて、IT人材の需要が増えています。

そこで企業はプログラミングができるまたは興味がある学生を採用したいんですよ!

プログラミング作成経験のある学生は就活でよい評価受けること間違いなしですね!

質問2:文系の大学生でもプログラミングで稼げるの?

文系の学生でもプログラミングで稼ぐことは可能です!

プログラミングを学ぶことに文系理系も関係なく、学習に時間をかければ誰でも学べるからなんですよ!

また、プログラミングを学び始める段階で難しい計算などはないので、計算に苦手意識のある文系大学生でもプログラミングの基礎を学んでから稼ぐことができます。

質問3:プログラミングが上達するにはどうすればいい?

プログラミングを最短で上達するコツは何度もアウトプットを繰り返すことです!

なぜなら、人はインプットするだけではその知識をなかなか自分のものにできないからなんですよ!

自分でコードを書いてみたりするアウトプットを繰り返すことによってプログラミングが上達しますよ!

以下のようなアウトプットを繰り返して、最速で稼げる大学生になりましょう!

オススメのアウトプット方法
  • 参考にしているコードを模倣する
  • オリジナルの作品を作ってみる
  • 既存のコードにアレンジを加えてみる

大学生のうちから稼ぐためにもプログラミングを始めよう!

上記で紹介した『大学生がプログラミングで稼ぐまでの5ステップ』を実践すれば、大学生のうちからプログラミングで稼ぎ始めれます!

最後にもう一度内容を確認しましょう。

大学生がプログラミンで稼ぐまでの5ステップ
  1. 学ぶ言語を決めよう!
  2. 大まかな学習計画を立てよう!
  3. 学習方法を決めよう!
  4. 自分でオリジナルの作品を作ろう!
  5. 実際に仕事を受けてみよう!
大学生が最短で稼ぐためのプログラミングスクール3選
  1. 受講中から稼ぐなら:侍エンジニア塾
  2. 格安で受講したいなら:TechAcademy
  3. 忙しい大学生でもスキマ時間で学べる:CodeCamp

これらを理解して、プログラミングで稼げる大学生への一歩を踏み出しましょう!