どれを学ぶべき?人気プログラミング言語の種類5つを目的別に解説

この記事で解決できる悩み
  • プログラミング言語って何?
  • オススメのプログラミング言語
  • どうやってプログラミング言語を学んだらいいのか

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

これから紹介する『目的別プログラミング言語の種類5つ』を見れば、それぞれの特性や自分に合ったプログラミングを学ぶことができますよ!

後半にはオススメのプログラミングスクールを紹介しており、プロアカ編集部では実際に9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師からアドバイスを受けているため、プロ視点での失敗しないスクール選びをお手伝いできる内容となっています。

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの大塚さんに監修していただきました!

現役エンジニアの大塚です。皆さんのプログラミングライフに役立つ記事をご案内いたします!

大塚

 

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それでは以下で『目的別プログラミング言語の種類5つと転職したい人にオススメ!プログラミングスクール5選』について紹介しますね。

そもそもプログラミング言語って何?

そもそもプログラミング言語って何?プログラムとは、コンピュータがするべき仕事の手順や内容が書いてある文字や記号の集まりです。

コンピュータは人間の言葉が理解できないので、コンピュータにわかる言葉で指示を記述する必要があるんですね。

プログラミング言語は、目的によっていくつかの種類があるんです。

次でとくに需要の高い言語をピックアップしているので、さっそくチェックしていきましょう!

オススメのプログラミング言語の種類5つ

オススメのプログラミング言語の種類5つ今からオススメのプログラミング言語を5つ紹介します。

自分が学びたい言語を決める参考にしてみてください!

オススメのプログラミング言語5つ
  1. PHP
  2. Java
  3. JavaScript
  4. Ruby
  5. Python

1:PHP

PHPは、世界でもっとも使われているCMSの「WordPress」に使用されていることでも有名な言語です。

CMSはWebサイトを簡単に作れるサービスのことですね。

そのため求人数やフリーの案件数もこの後紹介するJavaについで高いといわれています。

プログラミング言語の種類としては、初心者でも覚えやすく、Webサイトの動的ページ作成に使われている言語なんですよ!

2:Java

Javaは、プログラミング言語の中でも汎用的に使われている言語の1つです。

文法・構文のルールがしっかりしているのが特徴で、多くの開発分野で使われていることから習得すると他の言語よりも実務につながりやすく、活躍の範囲が広くなりますよ!

複数のIT企業が参加する大規模なシステム開発から小さなアプリの作成まで幅広く対応しているため、求人数が国内でもトップクラスに多いんですよ!

Javaのスキルが求められる企業
  • 任天堂
  • LINE
  • Yahoo!
  • TSUTAYA

3:JavaScript

JavaScriptは、元々Webページに動作をつけるために活用されてきたプログラミング言語ですね。

たとえば画像がスライドしたり、カーソルが合うとアニメーションが作動するサイトはJavaScriptによってつくられているんです!

最近では「Node.js」という環境によるWebカプリケーション開発も注目されています!

動きのあるWebサイトには必ず使われる言語なので、需要の高い言語といえますね。

JavaScriptのスキルを求めている企業
  • フロントエンドエンジニアの求人がある企業
  • Webアプリを開発している企業
  • mixi
  • LINE

4:Ruby

Rubyは、おもにWebアプリケーションの開発に使われています。

開発スピードが速いため、スピード感の求められるベンチャー企業で人気が高いのが特徴ですね。

初心者が学びやすい種類のプログラミング言語の1つで、文法がシンプルであることや日本語の資料が入手しやすいことから、初学者に人気の言語ですよ!

Rubyのスキルが求められる企業
  • Webアプリを開発している企業
  • ベンチャー企業

5: Python

Pythonは、近年注目されている人工知能やAI開発で主流になっているプログラミング言語です。

最新技術で実績がある種類のわりに、他の言語と比べて構文がシンプルで学びやすいのが特徴です。

AIだけでなく、Webアプリにも使用されているため、汎用性も高いんですよ!

近年注目されている言語ですが、まだ学べる環境も多くはないので、習得していると市場価値の高い人材になれますよ!

プログラミング言語を選ぶポイント4つ

プログラミング言語を選ぶポイント4つここからはプログラミング言語の選び方を4つ紹介していきます。

ポイントをしっかり理解して、自分がムリなく学べる言語を見つけましょう!

プログラミング言語を選ぶポイント4つ
  1. プログラミング言語の需要から選ぼう
  2. 自分のやりたいことから学ぼう
  3. 難易度で選ぼう
  4. 年収の高さで選ぼう

ポイント1:プログラミング言語の需要から選ぼう

これからプログラミング言語を選ぶ場合には、需要を大切にしましょう。

というのもそれぞれの言語の需要には大きく差があるから。

例えば、Javaは多くの開発分野で使用されているため、高い需要を誇っていますが、Perlなどは需要が停滞しつつあるんですよね。

言語を選ぶ際は「求人の多さ」と「シェアの高さ」の2つのポイントに注目するといいですよ!

とくに転職希望者は転職のしやすさにも影響するので、需要は確認したうえで言語を選びましょうね!

ポイント2:自分のやりたいことから選ぼう

自分のやりたい事柄や作りたい物を基準にしてプログラミング言語を決める点も、重要なポイントです。

理由は言語によって得意な開発分野が異なるからなんです。

自分の目的に合った言語を選ばないと、遠回りしてしまうことがあるので目的を達成できる言語を選びましょうね!

のちほど目的に沿ったオススメの言語も解説しますね!

ポイント3:難易度で選ぼう

最後まで確実に学びきりたい人は、習得する難易度でプログラミング言語の種類を決めるのもポイントです。

いきなり難しい言語を学んでも挫折する可能性があるので、まずは簡単な言語から学びましょう。

難易度が低い言語をマスターすれば、別の言語も学びやすくなるので、徐々に難易度の高い言語に挑戦しましょう!

難易度が低い言語
  • Python
  • JavaScript
  • PHP
難易度が高い
  • C#
  • Java
  • C++

ポイント4:年収の高さで選ぼう

年収の高さも、言語選びのポイントの1つですね。

市場の需要に供給が追い付いていない言語や難しい言語は、年収が高くなる傾向にあります。

転職を検討している人は、学びたい言語の平均年収がどうなのかはチェックしておきましょう!

平均年収の高い言語は市場でも価値が高いので、転職活動も楽になりますよ!

目的別プログラミング言語の種類5つ

目的別プログラミング言語の種類5つここからは実際に目的別に学ぶべき言語を5つ紹介していきますね!

自分の目的に合わせた言語選びの参考にしてください!

目的別のオススメ言語5つ
  1. Webサイトを作るなら:HTML・CSS・JavaScript・PHP
  2. スマホアプリを開発するなら:Swift・Java
  3. オリジナルゲームを開発するなら:C#・Java
  4. AIや機械学習をするなら:Python
  5. デスクトップアプリを作るなら:C#

Webサイトを作るなら

Webサイトを作るのならば、HTML・CSS・JavaScript・PHPがオススメです。

どれも初心者が勉強しやすい種類のプログラミング言語で、一通り覚えておくとWeb系の仕事で活躍できますよ!

HTML/CSSは、厳密にはプログラミング言語ではなくマークアップ言語というものですが、プログラミングの基礎を学ぶのにオススメなのでセットで学習しておきましょう!

JavaScriptは動的なコンテンツの作成に役立つ言語で、PHPもWebサービスの定番の言語ですよ!

Webサイトを作るなら
  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP

スマホアプリを開発するなら

スマホアプリを開発する場合には、Swift・Javaがオススメです。

SwiftはMac系列のプログラミング言語で、iPhone用のスマホアプリの開発に使用されています。

iPhoneアプリを作りたい人には必須の言語ですよ!

JavaはAndroid用の開発向けで、企業の業務システムにも用いられている汎用性の高さを活かして、複雑な動作も行えます。

スマホアプリを作るなら
  • iPhone:Swift
  • Android:Java

オリジナルゲームを開発するなら

オリジナルゲームを開発するなら、C#・Javaをオススメします。

C#はC言語の発展版で、Javaの要素も取り入れられているのが特徴です。

キャラクターを描画しながらも、プレイヤーの操作にしたがって動かす複雑なプログラミングにも対応できるほど、言語としてのスペックが高いんです。

C#は統合環境のUnityと合わせて学ぶとよりハイクオリティなゲームが作れますよ!

Javaはデバイスを選ばないゲーム開発ができるため、人気の高い言語ですね。

ゲーム開発するなら
  • C#
  • Java

ゲーム開発について詳しく知りたい方は以下の記事を読んでみてくださいね!

エンジニア監修!プログラミング初心者のゲーム制作の3ステップエンジニア監修!プログラミング初心者のゲーム制作の3ステップ

AIや機械学習をするなら

近年注目を集めているAIや機械学習をするなら、Pythonがオススメです。

計算や統計処理が得意なプログラムが多いため、大量のデータを処理するAIやデータ分析に使いやすい言語なんですよ。

ただしAI開発にはプログラミング知識だけでなく、数学的知識も求められるので、合わせて学習しておきましょうね!

AIや機械学習をするなら
  • Python

デスクトップアプリを作るなら

デスクトップアプリを作るなら、C#がオススメです。

Windowsで開発するためのプログラミング言語として、まさに代表格になっています。

高速処理やメモリ管理を得意としているため、容量の大きいアプリ開発に向いているんです。

ただし高性能な言語なので、習得難易度は高めな点に注意してくださいね!

デスクトップアプリを作るなら
  • C#

プログラミング言語を学ぶ方法2つ

どうやってプログラミングを学べばいいのかわからないという方のために、プログラミング言語を学ぶ方法2つを紹介します。

この方法を参考にして自分に適したプログラミングの勉強方法を見つけてください!

プログラミング言語を学ぶ方法2つ
  1. 独学
  2. プログラミングスクール

1:独学

自分の好きな時間に学びたい人や自分の力でプログラミングを学びたいという人には独学がオススメです。

場所や時間に縛られることなく自分のペースで学べますよ!

ただ、わからない所があっても周りに教えてくれる人がいない環境になるので、めげずに習得する根性を大切にしましょう!

2:プログラミングスクール

1人で学ぶのが不安な人や一緒に学べる友達が欲しいという人にはプログラミングスクールがオススメです。

プロの講師や現役のエンジニアから教えてもらえるので質の高い授業を受けられるし、挫折しそうになっても互いに励ませる仲間が作れます!

ただ、完全に自分の好きな時に好きなだけ学べるとは限らないので、しっかり自分に合ったスクールに通うようにしましょう。

プログラミングを学ぶならスクールがオススメ!

プログラミングを学ぶならスクールがオススメ!初心者の方には、わかりやすく学べるプログラミングスクールがオススメです。

わからない点ができても現役のエンジニアなどの頼りになる講師に質問できるうえ、一緒に学ぶ仲間を作りやすいので、お互いに教え合うこともできますよ!

またスクール独自の就職支援制度は未経験者に特化した支援を行っているので、個人よりも圧倒的に有利に就職活動できますよ!

自分に合うものを見つけよう!オススメのプログラミングスクール5選 

自分に合うものを見つけよう!オススメのプログラミングスクール5選 実際にスクールに通おうと思っている方のために、自分に合うものが見つかるオススメのプログラミングスクール5選を紹介します。

少しでも気になったスクールがあればチェックしておきましょう!

転職したい人にオススメ!プログラミングスクール5選
  1. 30代で転職したいなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. フリーランスや副業で稼ぐなら:侍エンジア塾
  3. 98%の高確率で転職したいなら:DMM WEBCAMP
  4. 格安でオンライン受講したいなら:TechAcademy
  5. オンラインメインで学びたいなら:CodeCamp

30代で転職したいなら:TECH CAMPエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

30を過ぎて転職したいと思っている方にはTECH CAMPエンジニア転職がオススメです。

転職保証があるスクールで唯一、年齢制限も選考もないからなんですよ!

30歳以上の受講生が全体の30%を占めているので年齢を気にせず学べますね

転職成功率も99%と高いので、安心してプログラミングを学べますよ!

フリーランスや副業で稼ぐなら:侍エンジア塾

侍エンジニア塾

副業・フリーランスを目指したい人には侍エンジア塾がオススメです。

受講期間中にクラウドソーシングでお金を稼ぐサポートもしてくれるので卒業してからも1人で案件を受けれます。

さらに、オーダーメイドのカリキュラムなので自分に合った勉強ができますよ!

1人では不安という方は、スクールで全てクリアにしてから働きましょう。

98%の高確率で転職したいなら:DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

成果物を作って転職したい人やキャリアサポートを受けたい人にはDMM WEBCAMPがオススメです。

サポートを受けながら成果物を作成できるので、転職の際の強みもできます。

3~4か月のプログラムになっているので、じっくりプログラミングを学べますよ。

転職成功率は98%でマンツーマンのキャリアサポートもついているんです!

格安でオンライン受講したいなら:TechAcademy

TechAcademy

低価格のスクールでプログラミングを学びたいという方にはTechAcademyがオススメです。

業界の中でもコスパがいいので、あまりお金に余裕がない人でも比較的通いやすくなっています。

マンツーマンメンタリングとチャットサポートも充実しているので、わからない所があってもすぐに解決できますよ!

回数無制限の課題レビューも出してくれるので安心です。

オンラインメインで学びたいなら:CodeCamp

CodeCamp

完全にオンラインでプログラミングを学びたい方にはCodeCampがオススメです。

受講時間が7時〜23時40分まであるので、自分の好きな時間に学習できます。

レッスン満足度が94.6%と評判が高いのでオンラインでもしっかり学べるんです。

さらに、体験レッスンを受けると受講費用が1万円お得になるので、気になる方は体験レッスンを受けてみましょう!

プログラミング種類のまとめ 

プログラミング種類のまとめ 上記で紹介した『目的別プログラミング言語の種類5つ』と『転職したい人にオススメ!プログラミングスクール5選』を理解していただくと、今後は自分の学びたい言語が自分に合った方法で学べます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

目的別のオススメ言語5つ
  1. Webサイトを作るなら:HTML・CSS・JavaScript・PHP
  2. スマホアプリを開発するなら:Swift・Java
  3. オリジナルゲームを開発するなら:C#・Java
  4. AIや機械学習をするなら:Python
  5. デスクトップアプリを作るなら:C#
転職したい人におすすめ!プログラミングスクール5選
  1. 30代で転職したいなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. フリーランスや副業で稼ぐなら:侍エンジア塾
  3. 98%の高確率で転職したいなら:DMM WEBCAMP
  4. 格安でオンライン受講したいなら:TechAcademy
  5. オンラインメインで学びたいなら:CodeCamp

上記の記事を参考にすれば、自分がどの言語を学ぶべきなのかがはっきりします。

自分に1番合った方法でプログラミングを学んで将来に備えましょう!