【30代必見!】未経験からプログラマー転職する戦略5つとコツ3つ

この記事で解決できる悩み
  • 30代未経験でプログラマーになれるの?
  • 30代未経験でプログラマー転職する方法は?
  • 30代未経験からプログラマーになる注意点は?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

杉本

プロアカ編集部の杉本です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『30代未経験がプログラマーへ転職すための戦略5つ』を理解すれば、30代未経験からでも就職成功率をあげられますよ!

プロアカ編集部では、実際に9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師から30代未経験からプログラマーに転職するためのノウハウを聞いてきました!

さらにこの記事では、現役エンジニアの荒木さんに監修のもと情報をまとめていますので、あなたの転職をサポートできる内容となっています!

エンジニアの荒木です。エンジニア視点で活用できるノウハウを共有できれば幸いです!

荒木

 

まずは『30代未経験でプログラマーに転職できるのか』を見ていきましょう!

【前提】30代未経験からのプログラマー転職はハードルが高いのは事実!

30代未経験でのプログラマー転職は難しい!前提として、30代未経験からのIT企業への就職は難易度が高いのが事実なんです。

というのも、IT業界の30代は、経験と実績を積んでプロジェクトリーダーやマネジメントをしている場合が多いから。

実績や経験がない状態でIT企業を目指すなら、20代の若手に負けないセンスや独自の社会経験、プログラミング以外の特殊なスキルが求められることが多いんですね。

また以下のような理由で、30代未経験者の採用をためらう企業も多いんですよ!

30代未経験のプログラマー転職が難しい理由
  • 20代のほうがポテンシャルが高いと考える企業が多いから
  • IT企業は平均年齢が若く、「年上部下」を持ちたくないから
  • スキルに対する希望年収が高すぎるから

正しい方法で就職活動すれば無理じゃない!

確かにハードルが高いのは事実ですが、決して無理ではありません。

というのも、実際に30代以上でプログラマーとして転職している人はたくさんいるからなんです。 引用:DIVE INTO CODE

上の人は30代未経験からプログラミングを学んで、Webエンジニアとして転職成功させています。

そのため、正しい方法で転職すれば年齢関係なく転職できますよ!

次では、30代未経験者が転職時に取るべき戦略を解説しますね!

30代未経験がプログラマーへ転職するための戦略5つ

30代未経験がプログラマー転職するための戦略ここからはプログラマー転職のハードルが高いと言われる、30代未経験が転職成功率を上げるために取るべき5つの戦略を紹介しますね!

本気でプログラマーを目指す人は、しっかり頭に入れて実践してくださいね!

30代未経験がプログラマーへ転職するための戦略5つ
  1. 前職の実績をアピールする
  2. 常に学ぶ意欲をアピールする
  3. IT系の資格を取っておく
  4. 「年上部下」になる覚悟を持つ
  5. 未経験OKの求人が多いエージェントを探す

戦略1:前職の実績をアピールする

まずは、前職でアピールできる実績を整理してみましょう!

なぜなら、正しい姿勢で仕事に取り組んできた点や課題解決をしてきた点をアピールできれば、採用にプラスに働くからなんです。

プログラミングの実務経験はなくても、社会人として高い実績を残した優秀な人材はどの企業でも欲しいですよね。

そのためにも自分の経歴を棚卸して、これまでの成果を振り返ってみましょう!

アピールできる実績の例
  • 顧客営業経験者:顧客課題解決のため、まったく違う視点から提案して大きな成果を上げた
  • 工場管理業務経験者:工場の無駄を見つけて、作業時間を○○%削減した
  • バイヤー経験者:新たな購入ルートを見つけ出し、年間○○万円のコスト削減を実現した
  • 管理職経験者:複数人をマネジメントして、プロジェクトで大きな成果を出した など

戦略2:常に学ぶ意欲をアピールする

常に新しいことを学ぶ意欲があることをアピールしましょう!

というのも移り変わりの激しいIT業界で、新しい技術を取り入れられないエンジニアは長く活躍できないから。

例えばGooleサービスに多く利用されているGo言語は、2009年に誕生した若い言語で、現在急速に需要を高めています。

このように、新しい言語が短期でトレンドになる場合があるため、常に新しい技術を学ぶ姿勢を持っている人材を企業は求めているんですよ!

戦略3:IT系の資格を取っておく

プログラマー未経験の30代でも、IT系の資格を持っていると第三者目線で自分のスキルをアピールできます。

とっておくと有利な資格
  • 基本情報処理技術者検定
  • 応用情報処理技術者検定
  • 各プログラミング言語の技術者試験 など

これらはIT系で有名な資格ですね。

このような資格を取得して、事前に基礎知識を学んでおくとアピール材料として効果的ですよ!

ただしプログラマーそのものに資格は必要ないため、あくまでも意欲や知識をアピールする材料として捉えておきましょう。

戦略4:「年上部下」になる覚悟を持つ

平均年齢の若いIT企業では、30代の年上部下を扱いにくいと感じる人が多いです。

特にベンチャー企業では20代の社長もいるため、自分よりも若い人に教えを乞い、年下からも積極的に指導を受けるアピールをしましょう!

誰だって「やりにくそうだな・・・」と思う人は採用したくないですよね。

採用企業に「一緒に働きたい!」と思わせられるかがポイントなんですよ!

戦略5:未経験OKの求人が多いエージェントを探す

30代未経験OKのプログラマー求人は多くないので、取り扱い求人数が豊富な転職エージェントの利用をオススメします。

ホームページに一部の求人を掲載しているのが一般的のため、実際に転職エージェントでどのようなIT企業が対象になっているのかチェックしましょう!

面談なども利用して、取り扱い求人や、サービス内容も確認しておきましょうね!

「30代未経験OK」のプログラマー求人でもスキルは必須!

30代未経験の求人でもスキルは必要「未経験OK」の求人に応募する場合でも、必ずプログラミングスキルは身につけておきましょう!

というのも、企業はスキルを持っていない「完全未経験者」を求めていないから。

企業が思う「未経験」と応募者の思う「未経験」は違う!

企業は「プログラミングスキルはあるけど、実務経験がない人材」を求めていることを理解しよう!

IT企業は、完全未経験者をイチから教育する時間もお金もかけたくないんですよね。

そのため自分でサービスを開発できる程度には、プログラミングスキルを身につけた人材を求めているんですよ!

30代未経験はスクールの支援を活用して短期で転職しよう!

30代未経験からのプログラマー転職は、プログラミングスクールを使って最短で転職を目指しましょう!

というのも転職支援制度を持っているスクールなら、卒業生の採用を前提とした求人に応募できるため採用ハードルが下がるんです。

また、スクールなら長くても3か月程度で転職レベルのスキルが身につけられます。

独学の場合、プログラミング習得は1年かかる場合もあるので、年齢が上がれば上がるほど採用の可能性が下がる30代未経験にはオススメできません。

30代未経験のプログラマー転職におすすめのプログラミングスクール4社

30代未経験者の転職におすすめのスクールここからは30代未経験者の転職に強いプログラミングスクールを4つ紹介しますね!

プロアカ編集部が、実際に17社のスクールを徹底調査して厳選したスクールですよ!

30代未経験のプログラマー転職におすすめのプログラミングスクール4社
  1. 99%の転職成功率で確実に転職するなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. 格安で確実に転職するなら:TechAcademy Pro
  3. 自分専用のカリキュラムで学ぶなら:侍エンジニア塾
  4. AIエンジニアを目指すなら:DIVE INTO CODE

99%の転職成功率で確実に転職するなら:TECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

高い成功率で転職したいならTECH CAMP エンジニア転職がおすすめですね!

なぜなら、TECH CAMP エンジニア転職90%以上が未経験ながら転職成功率が99%を誇るスクールだからです。

また一般的に30代以上だと転職保証がつかないスクールが多い中、すべての年齢に転職保証が付く珍しいスクールなんですよ!

実際に受講生の3人に1人が30代以上で、30代への支援体制が整っているスクールですよ!

格安で確実に転職するなら:TechAcademy Pro

TechAcademyPro

TechAcademy Pro格安で転職保証もつけたい人におすすめですね。

オンライン完結で、TECH CAMP エンジニア転職の半分以下の受講料で学べますよ!

求人数No,1のJavaに特化して学べるので、転職先の幅も広いのもうれしいですね。

ただし、転職保証は受講開始時点で32歳以下の人が対象なので、注意してくださいね!

完全無料で転職するなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

完全無料で転職まで成功させるなら侍エンジニア塾ですね!

というのも侍エンジニア塾「転職コース」は初期費用無料で、転職成功すればそのまま受講料が無料になるんです!

オリジナルサービス開発に力を入れたカリキュラムで、転職成功率は94%と高い数字をを誇っていますよ!

「スクールに通いたいけどお金が・・・」という方にはおすすめですね。

AIエンジニアを目指すなら:DIVE INTO CODE

DIVEINTOCODE

最先端のAI技術を学んで転職するなら、DIVE INTO CODEですね!

DIVE INTO CODEの「機械学習コース」はプログラミングだけでなく、数学的知識などの本当に必要な知識を総合的に学んで転職を目指すコースです。

事前テストに合格すれば、すべての年齢で転職保証が付くため、AI技術を開発するプログラマーとしてキャリアアップできますよ!

また「機械学習コース」は経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座として認定されていて、条件を満たせば受講料の75%がキャッシュバックされますよ!

30代未経験がプログラマー転職成功率をあげるコツ3つ

30代未経験がプログラマー転職成功率をあげるコツここではプログラマーデビューを目指す30代未経験者が転職成功させるコツを3つ紹介しますね!

1つ1つ実践して転職成功を目指しましょう!

30代未経験がプログラマー転職成功率をあげるコツ3つ
  1. 求人数も加味して学ぶ言語を決めよう!
  2. 成果物を作ろう!
  3. キャリアプランは長期的に考えよう!

コツ1:求人数も加味して学ぶ言語を決めよう!

プログラミング言語は求人の多さに幅があるので、求人数の多い言語を学ぶと30代未経験の転職成功率を上げられます。

せっかくスキルを身につけても、求人数が少なく転職できなければ意味がないですよね。

貴重な時間を無駄にしないためにも、言語選びは慎重にしましょうね!

以下に、求人数の多い言語をまとめているので参考にして下さい!

求人数の多い言語
  • Java
  • Ruby
  • PHP
  • JavaScript
  • Python  など

コツ2:成果物を作ろう!

成果物は必ず作っておきましょう!

というのも、プログラマーの採用では成果物の応募者のスキルを測ることが多いからなんです。

未経験でも自分の成果物でスキルをアピールできれば、企業から評価されやすくなるんですよ!

また、アウトプットを繰り返せばスキルの定着にもつながるため、効果的にプログラミングを学ぶ方法としてもオススメなんです!

まだスクールで学んでいる途中だからと遠慮せず、積極的にチャレンジしましょう。

コツ3:キャリアプランは長期的に考えよう!

プログラマーとしてのキャリアアップは長期的に考えましょう。

というのもいきなり高い条件を求めても、転職成功は難しいから。

特に30代未経験からの転職の場合、年収が下がる可能性もありますが、3年は実績を積む期間と割り切りましょう!

アピールできる経験と実績ができれば、年収はすぐに前職を抜ける職業ですよ!

正しい方法で30代未経験からのプログラマー転職を目指そう!

30代未経験でもプログラマーを目指せる!上記で紹介した『30代未経験がプログラマーへ転職すための戦略5つ』を実践していただくと、転職ハードが高い30代未経験でもプログラマーを目指せますよ!

最後にもう一度内容を確認しましょう。

30代未経験のプログラマー転職 まとめ
  1. 30代未経験は5つの戦略を意識しよう!
  2. 「未経験OK」でもプログラミングスキルは必須!
  3. 30代未経験はスクールで短期決戦を目指そう!
30代未経験のプログラマー転職におすすめのプログラミングスクール4社
  1. 99%の転職成功率で確実に転職するなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. 格安で確実に転職するなら:TechAcademy Pro
  3. 自分専用のカリキュラムで学ぶなら:侍エンジニア塾
  4. AIエンジニアを目指すなら:DIVE INTO CODE

冒頭でもお伝えしたように、30代未経験からプログラマーになるのはハードルは高いですが、本気で目指すなら無理ではありません。

本気でキャリアアップを目指してプログラマーになるなら、上記のスクールは全力でサポートしてくれますよ!

興味がある方はまず、無料カウンセリングに参加してキャリアについて相談してみましょう!