1000時間も不要!プログラミングの勉強時間を短くするコツ4つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングの習得に1000時間かかるの?
  • 最短でプログラミングを習得するためには?
  • 効率よく就職・転職がしたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『1000時間以内に習得可能!効率よくプログラミングを学ぶ際のコツ4つ』を理解すれば、プログラミング初心者でも最短でスキルを習得できます。

なぜなら僕もこのコツを意識したことで、1000時間以内にプログラミングを習得できたからです。

それでは以下で『プログラミングを学ぶ際のコツ4つとおすすめスクール4選』について紹介しますね。

もし今すぐに短時間で習得できるスクールに通いたい方は、『オススメスクール4選』をクリックすれば該当箇所に飛べますよ!

【前提】プログラミングの勉強に1000時間かかるかは学習方法による!

プログラミングの勉強には1000時間かかるかどうかは自分次第!

結論からいうと、プログラミングの習得に1000時間かかるかどうかは学習のやり方によって変わります。

なぜなら、人によっては500時間ほどで習得する人もいるからです。

また言語によっても、習得するまでの時間が異なるので、一概に1000時間かかるとは言えません。

『プログラミングの習得に1000時間かかる』と言われている理由

なぜ世間的にプログラミングの習得にかかる時間は、1000時間だと言われているの?

理由は、『独学』での勉強時間が1000時間以上かかると言われてるからです。

下の画像は、侍エンジニア塾のプログラミング習得に必要な時間をまとめた画像です。

独学では1000時間かかるものが、集団授業では500時間、スクールでのマンツーマン授業であれば300時間で習得可能と言われています!

侍エンジニア 独学

引用元:侍エンジニア塾

独学の場合、自分で参考書を見ながら理解していく必要があり、わからないこともたくさん出てくるので理解に時間がかかります。

そのため『プログラミングの学習には1000時間かかる』という考えが、広まったのかもしれません。

学習にかかる時間を予測!4つのプログラミング言語

学習にかかる時間を予想!4つのプログラミング言語

1000時間かかるかどうかは、言語によっても変わってきます。

言語によってどのくらい習得にかかる時間が異なるのか、4つのプログラミング言語を比較してみましょうね。

4つのプログラム言語
  • HTML&CSS
  • JavaScript
  • Java
  • Ruby

Webサイトを作るなら:HTML&CSS

1つ目は『HTML&CSS』です。

Webサイト作成時に使用し、HTMLで骨組みを作り、CSSでサイトの装飾を行えます。

自分でオリジナルのWebサイトを作りたい方にはオススメ!

HTML&CSSは、プログラミングの中でも簡単に習得できるので、2週間〜3ヶ月あれば基礎は習得できますよ。

Webサイトに動きをつけるなら:JavaScript

次に『JavaScript』です。

JavaScriptも、主にWebサイト作成時に使用し、複雑な機能を追加する際などに活躍します。

たとえば有名企業のサイトを下にスクロールしていると、文字がふんわり表示される場合がありますよね。その動作に使われたりします。

JavaScriptの習得にかかる時間は、基礎であれば15時間〜30時間程度。

しかしあくまで、最初にHTML&CSSでした後の話なので、Webサイトを作成するなら、HTML→CSS→JavaScriptの順番での学習をオススメします!

アプリ開発するなら:Java

3つ目の言語は『Java』になります。

Javaは、主にアプリケーション開発に使用される言語です。

みなさんが普段使っておられるスマホのアプリなどは、ほとんどJaveを使って作られています。

自分でアプリ開発などをしてみたい方にはオススメ!

Javaは、基礎であれば300時間で習得可能。

社会でも需要が高く、職場も見つかりやすいので、就職・転職をしたい方にはオススメの言語ですよ!

以下の記事にJavaについて詳しく記載してあるので、ぜひ読んでみてくださいね!

javaが学べるプログラミングスクール求人数No.1のプログラミング言語「Java」が学べるスクール3選

システム開発なら:Ruby

言語4つ目は『Ruby』です。

Rubyとは、主にシステムなどを開発する際に使われるプログラミング言語です。

たとえば、企業が業務で使う際のシステムや、今まで書面で行なっていた作業をネット上でするためのシステムの開発などはRubyが使われています。

Rubyの習得にかかる時間は、基礎なら半月で習得できます。

そのためシステム開発をして、就職・転職した企業に仕事の効率化で貢献したい方にもオススメですよ!

プログラミングの勉強は独学よりもスクールがオススメ!

プログラミングの勉強は独学よりもスクールがオススメ!

記事の冒頭で学習方法は3種類あると解説しましたが、その中でも効率よくプログラミングを習得できるのは『スクール』です。

なぜなら、習得したい言語に合わせて、あらかじめカリキュラムが組まれているからです。

独学の場合、費用を抑えられますが、わからないところがあった場合につまづいて挫折してしまう可能性があります。

また専門学校は授業で詳しく学べますが、高い授業料がかかってしまいます。

一方スクールであれば、受講料も抑えながらわからないところを講師に質問できるので、短期間でプログラミングを習得したい方にもオススメですよ!

1000時間以内でプログラミングを学べるオススメスクール4選

1000時間以内でプログラミングを学べるオススメスクール4選

次に1000時間以内でプログラミングを学べるスクール4選を紹介します。

スクール選びで重要なポイントは以下の通りです。

スクール選びで意識すべきポイント
  • 受講形式や目安の学習時間
  • 転職支援が充実しているか
  • 無料レッスンやカウンセリングを実施しているか

自分にあったスクールで、効率よく勉強できる環境を整えましょうね!

おすすめスクール4選

副業、フリーランスで稼ぐなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、副業、フリーランスで稼ぎたい方にオススメのスクールです。

案件獲得サポートがあり、受講期間中に月10万〜15万を稼ぐこともできます。

案件を受けて講師のサポート付きで作成できるので、スクール卒業後も安心して案件獲得可能。

また専属講師とのマンツーマンレッスンなので、講師が変わることの混乱が起きません。

疑問点や不明点を潰しながら、効率よくプログラミングを習得していきたい方にもオススメですよ!

自分の好きな時間で受講したい人は:CodeCamp

CodeCamp

CodeCampは、自分の好きな時間で受講したい方にオススメのスクールです。

オンライン受講なので、自分の好きな時間に好きな場所で学習したい人や、地方住みで教室に通うのが大変な方には最適!

レッスンを受けられる時間が、7:00〜23:40と業界でも長いので、いつでも学習できます。

ライフスタイルに合わせて1000時間以内にプログラミングを習得したい方にもオススメですよ!

自分にあった転職先を見つけたいなら:DMM WEB CAMP

DMMWEBCAMP

DMM WEB CAMPは、自分にあった転職先を見つけたい方にオススメのスクールです。

大手企業DMMが運営しているスクールで、自己分析に重点を置いたキャリアサポートにより、自分にあった就職先が見つかります。

キャリアドバイザーが積極的に働きかけて、受講生の理想や強みを引き出して言語化し、適正にあった求人を紹介してもらえます。

そのため安心して受講でき、納得できる就職ができますよ!

確実に転職保証を受けたい人は:TECH CAMPエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

TECH CAMPエンジニア転職は、確実に転職保証を受けたい方にオススメのスクールです。

転職保証とは、名前の通り転職を保証する制度です。

転職保証のあるスクールの特徴
  • エンジニア育成のため計算されたカリキュラム
  • 転職できなかったら全額返金

転職保証のスクールの多くは、選考テストや年齢制限、もしくはその両方がありますが、TECH CAMPエンジニア転職は条件がないので、誰でも転職保証を受け取ることが可能。

1000時間以内には必ず就職・転職を成功させたい方にもオススメですよ!

1000時間で学べる!効率よくプログラミングを学ぶ際のコツ4つ

1000時間で学べる!効率よくプログラミングを学ぶ際のコツ4つ

効率よくプログラミングを勉強するためには意識すべきコツが4つあります。

1000時間以内にプログラミングを習得するためにも、以下でそれぞれ解説していきますね。

プログラミングを学ぶ際のコツ
  • プログラミングを学ぶ目的を明確にする
  • 毎日勉強する習慣をつける
  • 疑問点や不明点を放置しない
  • 受講後は復習を徹底する

コツ1:プログラミングを学ぶ目的を明確にする

1つ目のコツは、プログラミングを学ぶ目的を決めることです。

なぜなら苦しくなった場合に、何のために頑張っているのかわからなくなり挫折してしまう可能性があるからです。

たとえば、「半年以内にJavaの基礎を習得する」など明確な目的を決めておくと、ツラい場面にさしあたっても挫折することなく勉強できます。

そのため目的は明確にしておきましょうね!

コツ2:毎日勉強する習慣をつける

コツ2つ目は、毎日少しでも勉強する習慣をつけることです。

理由は、「継続は力なり」というように継続しないとプログラミングも覚えられないからです。

毎日必ず時間を決めて勉強する癖をつけることが、最短で勉強するためにも重要ですよ!

僕は仕事が始まる前の朝と、夕食後に毎日プログラミング学習をしていましたよ!

コツ3:疑問点や不明点を放置しない

3つ目のコツは、疑問点や不明点をそのままにしないことです。

なぜなら、わからないところをそのままにしてしまうと、職場での実践でスキルを活かせないからです。

そのためには、まずは自分で検索して、それでもわからなければスクールの講師に質問したりするなど、苦手な部分も潰しておくことが大切。

そうすれば就職・転職した際にも会社から頼りにされる人材になれますよ!

コツ4:受講後は復習を徹底する

コツ4つ目は、受講後の復習をすることです。

理由はスクールの受講のみで満足していては、短期間でプログラミングを習得することは難しいからです。

習ったことを頭に定着させるためには、プログラミングだけでなく、どの分野も復習が重要になってきますよ!

1000時間プログラミングスクールで学ぶ際の注意点2つ

1000時間プログラミングスクールで学ぶ際の注意点2つ

プログラミングを学ぶ際の注意点についても2つ解説します。

把握しておけば失敗することなく、学習に集中できますよ。

スクールを選ぶ際の注意点
  • 無料スクールは避ける
  • 暗記ではなく、実践で覚える

注意点1:無料スクールは避ける

注意点1:無料スクールは避ける

注意点1つ目は、無料のスクールはやめましょう。

なぜなら、無料スクールは受講者を就職させることで利益を得ており、受講者が就職先を選べない可能性があるからです。

そしてキャリアアップに繋がらない企業やブラック企業に就職させられる可能性もあります。

望まない転職をしないためにも、無料スクールで受講するのは避けましょうね!

注意点2:暗記ではなく、実践で覚える

2つ目の注意点は、暗記ではなく実践で覚えることです。

なぜなら暗記だけでは、いずれ忘れてしまうからです。

実践でプログラミングできないと、実践重視の企業では雇ってもらいにくく、転職に失敗する可能性もあります。

そうならないためにも、常にプログラミングの勉強は実践で行い、スキルが身についていることを確認しましょうね!

プログラミングを1000時間以内に学び抜け!

プログラミングを1000時間以内に学び抜け!

上記で紹介した『プログラミングを学ぶ際のコツ4つとおすすめスクール4選』を実践していただくと、今後はプログラミングを1000時間で習得できるのか悩むことはなくなります。

そしてエンジニアへの道を歩むことができるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングを学ぶ際のコツ4つ
  • プログラミングを学ぶ目的を明確にする
  • 毎日勉強する習慣をつける
  • 疑問点や不明点を放置しない
  • 受講後は復習を徹底する
おすすめスクール4選

1000時間以内に1つのプログラミング言語を学び切ることは可能です。

紹介したプログラミング言語ごとの習得にかかる時間は、いずれも1000時間以内に学べているからです。

そのため目標は高く設定して、プログラミングスキルを高めることを学習する際は意識しましょうね!

『プログラミングを学ぶ際のコツ』について理解できたら、次に『【経験者の本音】プログラミングスクール卒業後のキャリア』についての記事を読んでみましょう。

あなた自身のこれからのビジョンのアドバイスにもなりますよ!

プログラミングスクール卒業後のおすすめキャリア4ステップ【経験者の本音】プログラミングスクール卒業後のキャリア4つ