小学生は必修!プログラミング教室の授業内容3つと選び方4つ

解決できる悩み
  • 小学生におすすめのプログラミング教室はどこ?
  • 小学生のプログラミングって何をするの?
  • どうして小学校でプログラミングをするの?

という悩みを解決できる記事です。

この記事で解説する「小学生向けプログラミング教室の選び方4つ」を理解すれば、お子さんが楽しく通えるプログラミング教室を見つけられますよ!

プロアカ編集部では、実際に17校のプログラミング教室の体験会に参加し、現役講師から通う教室を決める判断基準を訊いてきました!

また、教室に通うのは大変だという方向けに、オンラインで受講できるサービスも載せているので、ぜひご検討ください。

それでは「小学生がプログラミングを学ぶメリット3つ」と「おすすめ教室5選」を紹介しますね。

目次

義務教育になるプログラミングを学ぼう!

義務教育になるプログラミングを学ぼう!
2020年、全国の小学校でプログラミング教育が必修化します。

政府・文部科学省によると、プログラミング教育の導入は「これからの情報社会に備えて、ITを活用してアイデアを生み出し・実現できる力」を養うことが目的です。

プログラミング教育はパソコンを使える人を育てるだけでなく、社会で活きる論理的思考力や問題解決力を育みます。

この記事で解説するメリットや選び方を参考にして、子どもが楽しくプログラミングを身に着けられる教室を見つけてください!

学ぶ言語・内容・範囲は自由に選んでOK!

教室を選ぶとき、コースの内容は子供の興味に合わせて自由に決めてOKです!

というのも、小学校のプログラミング授業は算数や理科など一部の授業で発展学習として触れる程度しか予定されていないからです。

つまり、現在は何もしなくても授業に遅れる心配はほぼありません。

しかし、政府が掲げる「ITを活用してアイデアを生み、実現する人材」に子供たちを育てるには、前述した学校の授業だけでは不十分です。

プログラミング教室では、独自のカリキュラムを用いて学校の授業では達成できない「思考力」や「創造力」の育成に力を入れています。

「授業に遅れないために」ではなく、「20年後社会人になったとき、IT社会に取り残されないために」プログラミングを習わせましょう!

それでも授業が心配ならScratchコースを選ぼう!

小学校の授業ではScratchというプログラミング言語を使います。

Scratchは教育用のプログラミング言語で、パズルのようにブロックを繋ぎ合わせて指示を作るのが特徴です。

「どうしても授業が心配で、、、」という方は、Scratchコースがある教室を選びましょう!

小学生がプログラミングを学ぶメリット3つ

小学生がプログラミングを学ぶメリット3つ
政府とプログラミング教室が、共通してあげている具体的なメリットを3つ紹介します。

お子さんにプログラミングで何が身に着くのか理解して、一番伸ばせそうなスクールを選びましょう!

小学生がプログラミングを学ぶメリット3つ
  1. コンピューターを活用する知識が身につく
  2. 論理的思考力が育つ
  3. 創造力を伸ばせる

メリット1:コンピューターを活用する知識が身につく

コンピューターを活用する知識が身につけられます。

小学生のうちからコンピューターに触れることで、機械を身近に捉えられる効果が得られるんです。

また、コンピューターは人間が書いたプログラムで動くこと、機械ごとの得意・不得意を理解すれば情報社会でコンピューターを活用できる人材になれますよ!

メリット2:論理的思考力が育つ

論理的思考力を身につける効果があります。

なぜならプログラミングは自分が意図する動きを実現させるために、組み合わせや改善点など論理的に考える力が必要だからです。

機械は順序立てて適切な指示を入力しなければ動いてくれません。

そのためにどうすればいいのか」を試行錯誤するサイクルが、論理的な思考を養うために最適だと考えられています。

メリット3:創造力を伸ばせる

テクノロジーを活用して作品を作り出すことで、創造力を伸ばす効果があります。

その理由は、子供たちの発想をプログラミングで実現できれば、自由な創造を促進できるからです。

「創りたいものは自分で作れるんだ!」という経験は自己実現力の肯定に繋がるので、積極的にアイデアを出せる人材の育成効果が期待されています。

小学生向けプログラミング教室の選び方4つ

小学生向けプログラミング教室の選び方4つ
お子さんの学習を深めるためには、教室の選び方が重要です。

以下の4つのポイントを意識すれば、お子さんに合った教室が選べますよ!

小学生向けプログラミング教室の選び方4つ
  1. 料金(月謝)を確認する
  2. 目的に合ったコースか確認する
  3. 自宅から通える場所を選ぶ
  4. 通学回数・学習時間をチェック

選び方1:料金(月謝)を確認する

受講にかかる総額を確認しましょう。

家計の支出になるので、過剰な負担にならないように検討する必要があります。

プログラミング教室の月謝は1万~2万5千円程度と、習い事の中では比較的高額な料金設定になっているんです。

月謝以外にも入会金や教材費、維持費もかかるので、他の習い事のことも考慮して教室を選んでくださいね!

プログラミング教室にかかる費用
  • 入会金:5,000~10,000円程度
  • 教材費:1,000~3,000円程度
  • 月謝:【通学式】10,000~25,000円程度、【オンライン】4,000~8,000円程度
  • レンタル費、運営費など:教室により2,000~4,000円程度

選び方2:目的に合ったコースか確認する

必ず受講させる目的を明確にしてから教室を選びましょう。

というのも、目的に合わない教室に通わせても続かないから。

プログラミング教室では、子供向けの言語からゲームやロボットを動かすなど、いろいろなコースがあります。

なぜプログラミングを習わせたいのか考え、子どもにもどんなコースを受けたいかを訊いて、ミスマッチのない教室選びをしましょう!

教室で扱っている内容の種類は、以下の通りになっているので確認してくださいね。

目的別コースの選び方の例
  • 授業で扱う内容をやらせたい:教育用言語コース(Scratch, Viscuit など)
  • プログラミングに興味を持たせたい:ロボットやゲームを扱うコース
  • 既に教育済なので本格的に学ばせたい:実際の言語を扱うコース(Web開発など)

選び方3:自宅から通える場所を選ぶ

自宅から通える教室を探しましょう。

自宅から通うのが大変な場所を選ぶと、歩きや自転車での通塾そのものがストレスになって子供が通う気を失くしてしまいます。

また、送り迎えが必要になると保護者にとっても負担ですよね。

通っている小学校よりも近い場所で検討したいですね!

選び方4:通学回数・学習時間をチェック

週の通学回数やレッスン1回の拘束時間を確認しましょう。

回数が多かったりレッスン時間が長かったりすると、子どもにとってつらい習い事になってしまう可能性があります。

また、小学生には友達と遊ぶ時間や宿題をする時間、他の稽古をする時間なども必要です。

嫌がる子供を無理に通わせると、親子関係のもつれに繋がるリスクもあります。

子供とよく相談して負担になりすぎない教室選びをしましょう!

小学生向けプログラミング教室おすすめ5選

小学生向けプログラミング教室おすすめ5選
小学生向けプログラミング教室で評判の高い5社を紹介します。

参考にしながら、お子さんに合う教室を探してくださいね!

小学生向けプログラミング教室5選
  1. 保護者満足度No.1教室なら:STAR Programming SCHOOL
  2. 本格的にプログラミングを教えるなら:Tech Kids School
  3. 子どもの興味を伸ばすカリキュラムなら:LITALICOワンダー
  4. 初心者でも操作から学べる:ヒューマンアカデミー
  5. オンラインで安く受講させたい人は:CodeCampKids Online

保護者満足度No.1教室なら:STAR Programming SCHOOL

STAR Programming SCHOOL

月謝

タブレットプログラミングコース:7,000円

【別途】入学金:6,000円、月額費:2,000円/月

満足度で選ぶならSTAR Programming SCHOOLです。

チーム制作やプレゼン会など、コミュニケーションをして自発性や協調性を伸ばせるような授業が特徴ですよ。

またイオンやマルイなど大型ショッピングセンターに入っているので通いやすく、保護者の送り迎えも楽というメリットがあります。

子供の社会性を伸ばしたい人や、大型駅が最寄りの人にオススメです。

本格的にプログラミングを教えるなら:Tech Kids School

月謝

継続学習コース:19,000円

【別途】教材費:2,000円/月、PCレンタル費:4,000円/月

本格的にプログラミングを学ばせるならTech Kids Schoolです。

なぜなら、小学生のうちからSwiftやUnityなどの実際の開発に使用されるプログラミング言語を学べるからです。

1年目は子供向けの教育用言語でプログラミングの仕組みを学び、2年目以降は実際の言語を用いてアプリやゲームの開発を体験できますよ!

子供をクリエイターに育てたい人は検討してみると良いでしょう!

子どもの興味を伸ばすカリキュラムなら:LITALICOワンダー

月謝

月4回:20,000円、月2回:12,000円

【別途】教材費:月4回2,000円/月・月2回1,000円/月、運営費:2,000/月

子供の興味を伸ばしたいならLITALICOワンダーです。

なぜなら、300以上の独自コンテンツから作成したカリキュラムで、一人一人の興味や関心に合わせたレッスンを提供しているからです。

ロボットやゲームなどモノづくりを主体とした教材が多く、創造力も伸ばせるのが魅力的ですね!

初心者でも操作から学べる:ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室

月謝

ベーシック・ミドル・アドバンスコース共通:9,000円

【別途】入会金:10,000円、教材費:600円/月、バッグバインダー費:2,000円(入会時)

初心者でも操作から学べるのはヒューマンアカデミーです。

というのも、最初に謎解きでのパソコン操作体験から始まるため、パソコンに親しみのない子供でも安心して学べるからなんです。

また全国に200以上の加盟教室があるので、どこの地域でも通えるのが嬉しいですね!

オンラインで安く受講させたい人は:CodeCampKids Online

CodeCamp Kids Online

月謝

Scratchプログラミングコース:3,980円

オンラインで安く受講させたいならCodeCampKids Onlineです。

なぜならオンラインなので、料金設定が安く設定されているからです。

教室に通わなくても、全国どこでも自宅で勉強できるのが嬉しいですね!

また、月に4回のレッスンを子供のスケジュールに合わせて設定できるので、無理のないペースで受講できますよ!

プログラミング教室の無料体験レッスンに参加しよう!

まずは親子で無料体験レッスンを受けてみましょう!

ホームページや口コミではわからない先生の質や雰囲気、また月にかかる費用や交通手段など確認できる貴重な機会になります。

また、実際に先生と話すこともできるので、プログラミングを習わせる不安なども相談してみるといいですよ!

プログラミング教室に通わせる保護者が意識すること3つ

プログラミング教室に通わせる保護者が意識すること3つ
プログラミング教室に通わせる際は、保護者の協力も欠かせません。

次のことを意識して、子供の学習をサポートしましょう!

意識1:子どもが楽しめているか確認する

子供が楽しめているかを確認しましょう。

なぜなら子供が楽しめていないと、プログラミングに苦手意識がつくからです。

子供が楽しめる教室を選ぶためのポイントを5つ紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

子供が楽しめる教室を選ぶポイント5つ
  1. 子供それぞれのレベルに合わせたカリキュラムか
  2. 体験レッスンを開催しているか
  3. 保護者も一緒に学べる機会があるか
  4. ものづくりの基本を学べる内容か
  5. 仲の良くない同級生などがいないか

意識2:保護者も教材に触れてみる

保護者も教材に触れてみましょう。

なぜなら子供の学習内容を理解しやすくなるからです。

子供の学習内容を把握すると、子供がわからない点の質問に答えてあげられます。

また、親子共通の話題ができて、コミュニケーションのきっかけにできますね。

教材の内容は初心者でもわかるように作られているので、保護者が読んでも楽しめますよ!

意識3:自宅の学習環境を整える

自宅の学習環境を整えてあげる点も大事です。

なぜなら、自宅でネット環境などを整えてあげれば、子供は教室で学んだ事柄を繰り返して学習できるからです。

また保護者も子供がどんなことを学習しているのか把握できるので、理解度や悩みを汲み取ってあげられますよ!

小学生向けのプログラミング教室についてよくある質問3つ

小学生向けのプログラミング教室についてよくある質問3つ
小学生をプログラミング教室に通わせる際に、よくある質問をまとめました。

同じ悩みを抱えている人は、ぜひ参考にしてください!

小学生向けプログラミング教室のよくある質問3つ
  1. 実際に小学校ではどんなことをするのですか?
  2. 自宅でできる教材はありますか?
  3. 親でも見てあげられますか?

質問1:実際に小学校ではどんなことをするのですか?

算数や理科の授業で、Scratchを用いたプログラミングが入る見込みです。

例えば、算数の図形の授業で「プログラムを用いた三角形の描画」などといった形で盛り込まれる予定ですよ!

質問2:自宅でできる教材はありますか?

あります。

Scratchをはじめ、教室で取り扱うものと同じ題材の教材が多く市販されていますよ!

また、教室でも扱うレゴやマインクラフトなどの教育版も購入できます。

最近では、この記事で紹介したCodeCampKids Onlineのようなオンライン教室もあるので検討してみてくださいね。

質問3:親でも見てあげられますか?

初見では難しいですが、一緒に学ぶ姿勢があれば大丈夫ですよ!

教室で使用する教材はわかりやすく作られているので、親子で学んでみましょう!

まずは無料体験レッスンに行ってみよう!

まずは無料体験レッスンに行ってみよう!
この記事で紹介した「小学生のプログラミング教室の選び方4つ」を理解すれば、お子さんが楽しく学べて続けやすいプログラミング教室に通わせることができますよ!

最後におさらいしましょう。

小学生向けプログラミング教室の選び方4つ
  1. 料金(月謝)を確認する
  2. 目的に合ったコースか確認する
  3. 自宅から通える場所を選ぶ
  4. 通学回数・学習時間をチェック
小学生向けプログラミング教室5選
  1. 保護者満足度No.1教室なら:STAR Programming SCHOOL
  2. 本格的にプログラミングを教えるなら:Tech Kids School
  3. 子どもの興味を伸ばすカリキュラムなら:LITALICOワンダー
  4. 初心者でも操作から学べる:ヒューマンアカデミー
  5. オンラインで安く受講させたい人は:CodeCampKids Online

「子どもをプログラミング教室に通わせるのって大変だな、、、」とはじめは思いますが、早くから習わせれば授業にも将来にも活きるスキルになります。

まずは無料体験レッスンに参加してみましょう!!