将来性は十分!プログラミングの需要が高いと言い切れる理由4つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングって需要高いの?
  • プログラミングの将来性はあるの?
  • 需要の高い人材になる方法を知りたい!

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『プログラミングの需要が高い理由4つ』と『需要の高い人材になるための心得3つ』を理解すれば、プログラミング未経験者でも需要のあるエンジニアとして活躍できますよ!

なぜなら、この方法で多くの人が需要の高いエンジニアとしてキャリアを歩んでいるからです。

まずは『プログラミングの需要が高い理由』について解説しますね!

目次

プログラミング需要は上がる一方!将来性が高い理由4つ

プログラミングの需要が高い理由結論、今後のプログラミングの需要は右肩上がりなんです。

というのも需要の高い背景として、以下の4つが上げられるからなんですね。

早速、1つ1つ詳しく見ていきましょう!

プログラミングの需要が高い理由4つ
  1. IT業界の市場規模が拡大しているから
  2. 人材不足が加速しているから
  3. 政府がプログラミング教育を推進しているから
  4. AIではエンジニアの仕事ができないから

理由1:IT業界の市場規模が拡大しているから

総務省の「情報通信白書」によれば、IT産業の実質国内生産額は2017年の段階で99.8兆円といわれています。

これは国内の総実質生産額の10.2%を占めていて、日本のトップ産業となっているんです。

出典:「令和元年版情報通信白書」(総務省) 

特にSNSやゲームなどのオンライン事業は10%程度の成長率を見せていて、今後もIT業界は高い成長率を維持するといわれています。

また、近年トレンドのIoT・AIなどの発展も急速に進んでおり、これからさらに人材が不足すると言われていますよ!

理由2:IT以外の企業でも必要な人材だから

IT業界だけでなく、社会全体でIT人材の不足が加速していくといわれています。

というのも、多くの企業でデジタル化の導入や自社システムの開発を推進しているから。ITの人材不足について経済産業省の調査によれば、IT人材は減少傾向にあり2030年には最大で79万人不足するといわれているんです!

そのため社会全体でIT人材の需要は高まってきているんですよね。

理由3:政府がプログラミング教育を推進しているから

人手不足解消に伴って、政府はプログラミング教育を推進しています。

小、中、高でプログラミング教育の導入が決定され、2020年現在小学校への導入が始まりました。

また、専門実践教育訓練給付金制度を制定し、認定されたプログラミング教育機関の講座を受講すると最大75%の受講料を給付する支援制度も設立しました。

20年後にはプログラミングが基礎教養になった若者が登場するので、今からITに触れておかないと時代についていけなくなる可能性があるんですね!

理由4:AIではエンジニアの仕事ができないから

近年AIによるプログラムの自動化を耳にしますが、実際にはエンジニアは今後も人の力が必要とされています。

というのもAIでは、企画発案やプロジェクト管理などの上流工程の仕事はできないからです。

現状では簡単なコーディングまでにとどまっていて、人間の感性や感情が必要な部分には人の手が必要不可欠なんです。

そのため今後も、プロジェクトを管理するエンジニアの需要が高まっていくといわれているんですね。

将来性OK!学びやすくて需要の高いプログラミング言語4つ

需要の高いプログラミング言語とは?プログラミングを学ぶ際には言語選びが重要なんです。

なぜなら言語によって需要にばらつきがあるからですね。

せっかく時間をかけてプログラミングを学んでも、需要のない言語であれば意味ないですよね。

ここからは未経験でも始めやすく、業界でも需要の高い言語を紹介するので、参考にしてくださいね!

未経験者におすすめの需要度の高い言語4つ
  1. AIやデータベースで需要急拡大中!:Python
  2. 大規模システム・Androidアプリ開発に必須!:Java
  3. Webサイト制作でシェアNo.1:PHP
  4. IT系自社サービス開発の主要スキル:Ruby
 

【前提】言語は目的から逆算して決めるのがおすすめ!

言語を選ぶ時は、需要だけでなく目的から逆算して考えましょう!

というのも目的が定まっていなければ、学ぶべき言語が明確にならないからです。

例えば、オリジナルのWebサイトを制作したいのに、使用しない言語を学んでも遠回りですよね。

自分がしたいこと、作りたいものを明確にするとスムーズに言語が選べますよ!

AIやデータベースで需要急拡大中!:Python

できること
  • AI開発
  • Web制作
  • Webアプリケーション開発

PythonはAI開発の発展により注目が高まっている言語です。

また、サイト制作やアプリケーション開発など幅広く対応できるのが特徴です。

InstagramやYouTubeはPythonで作られているんですよ!

シンプルな文法のため比較的初心者にも学びやすい言語といわれているので、最新技術を開発したい!という方におすすめです!

大規模システム・Androidアプリ開発に必須!:Java

できること
  • システム開発
  • PCアプリ開発
  • Androidアプリ開発

Javaは現在も多様な場面で使用されているメジャーな言語のひとつです。

システム開発の分野では、特に大企業の多くの場面でJavaが使われていますよ!

汎用性の高さゆえに習得難易度は高めですが、出回っている教材やサイトが多いので学びやすい言語といえますね。

企業のシステム開発に携わりたい人におすすめの言語です!

Webサイト制作でシェアNo.1:PHP

できること
  • Webサイト制作
  • WordPressカスタマイズ
  • SNSサービス開発

PHPはHTMLとの相性がいいことからWeb制作に特化した言語といえます。

PHPとHTMLを組み合わせれば、比較的簡単に質の高いサイトを制作できるんです。

Webサイト管理システムで世界の6割のシェアを誇るWordPressはPHPを利用しています。

そのため、Web案件の需要が高い言語ですね!

IT系自社サービス開発の主要スキル:Ruby

できること
  • ECサイト作成
  • SNSサービス開発
  • ブログ作成

Rubyは日本人が開発した言語で、初心者にも扱いやすい言語といわれています。

というのも文法がシンプルで日本語の教材が豊富だからですね。

ITベンチャーのサービス開発での需要が高い言語で、クックパッドやHuluなどのサイトはRubyでできているんですよ!

ベンチャーで新たなサービスを生み出したい人におすすめの言語です!

プログラミングを学んで需要の高い人材になるための心得3つ

需要の高い人材になるための心得では、変化の激しいプログラミング業界で、需要の高い人材になるための心得3つを紹介していきますね。

プログラミングをこれから学ぶ人にも大切なポイントなので、しっかり理解しながら読み進めてくださいね!

需要の高い人材になるための心得3つ
  1. 積極的に新しい技術を身につけよう!
  2. プログラミング以外のスキルを身につけよう!
  3. 課題解決能力を身につけよう!

心得1:積極的に新しい技術を身につけよう!

先ほどもお伝えしたように、新しい技術を取り入れられる人材は需要が高いんです。

進化の早いIT業界で、新たな技術を習得しない人はどんどん取り残されていきます。

例えば同じ言語でも、アップデートがあったり記法にトレンドがあるので、常に新しい情報を取り入れないと現場についていけなくなってしまうんです。

そのため、常に学ぶ姿勢を持っている人は、エンジニアとしてデビューした後も長く最前線で活躍できますよ!

現在はAI技術の発展が目覚ましいので、AI開発のスキルなども積極的に学ぶと良いですね!

心得2:プログラミング以外のスキルも身につけよう!

ビジネススキルも身につけておきましょう!

というのも今後はコーデイングの専門性だけでなく、ビジネスの幅広い側面で活躍できる人材が重宝されるんです。

  • コミュケーションスキル:客先の要望やこちらの意見を正確に伝達できる
  • ビジネスのお金の流れを理解する能力:ビジネスの流れを理解しておくとよりニーズに合ったシステムを開発できる
  • 文章力:プレゼンや資料作成で顧客の心をつかむ資料を作れる

上記のような能力を持った人材は、多くの企業で欲しがられる人材になりますよ!

コーディング以外の付加価値を提供できる人材が求められているんですね。

心得3:課題解決能力を身につけよう!

常に今の仕事や開発物に課題を持ち、解決できる方法を探す癖をもちましょう!

課題解決能力を養うことで、開発物の質、仕事の質が大きく変わるんです。

例えば、顧客から「機能を追加したい」といわれた場合、ただその通りにするエンジニアより顧客の意図や目的をくみ取り、別の最適な方法を提案できる方が仕事の質が高いですよね。

このように顧客のありたい姿から、最適な手段を考える力のあるエンジニアは今後も高い需要を持っているんです。

最速で習得するならプログラミングスクールがオススメ!

最速で習得するならプログラミングスクールがオススメ!「プログラミングを学んでみようかな」と思った方は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします!

なぜならプログラミングスクールは独学と比べても、最短経路でスキルを習得できるから。

独学の場合、転職レベルまではおよそ1,000時間必要といわれています。

一方プログラミングスクールは、およそ300時間で転職できるレベルまでスキルを身につけられるんです!

次ではその他のプログラミングスクールのメリットを紹介していきますね!

プログラミングスクールに通うメリット3つ

プログラミングスクールに通うメリット早速プログラミングスクールに通うメリットを3つ紹介しますね!

メリットを理解してスクールを活用すれば、より需要の高い人材になれますよ!

プログラミングスクールに通うメリット3つ
  1. 実践的なスキルが身につく
  2. 体系的なスキルが身につく
  3. 学習の習慣がつく

メリット1:効率的に実践的なスキルが身につく

スクールは企業へのヒアリングや、今までのノウハウを活用して実践的なスキルが身につくカリキュラムを持っています。

そのため、本当に学ぶべき知識を学べるので、効率的に転職レベルのスキルが身につくんですね。

独学だとお金はかかりませんが、なにを学ぶべきかがわからずに遠回りして、時間がかかる場合があります。

そのため、無駄なく実践的なスキルが身につくのは大きなメリットなんですよね。

メリット2:開発に必要なスキルをまとめて学べる

体系的にスキルを身につけられるのも大きなメリットですね。

というのも、現場では1つの言語しか使えない人は重宝されないから。

簡単なWebサイトを制作するのに必要な言語
  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • SQL など

上記のようにWebサイトを制作する場合でも、最低限これだけの言語が必要なんです。

プログラミングスクールでは目的に合わせた、必要な言語や知識を体系的に学べるので、現場で活躍できるエンジニアになれるんですよ!

メリット3:学習の習慣がつく

学習する習慣がつくのもメリットの1つですね。

先ほどもお伝えしたように、IT業界で需要が高いのは常に技術をアップデートしている人。

そのため、学習の習慣がついている人はスムーズに知識を吸収できるんですね。

スクールではメンターのモチベーション維持によって、学習を習慣化できるので、卒業後も勉強する土台ができるんです!

次では編集部厳選のおすすめのプログラミングスクールを解説します!

需要の高い人材になれる!編集部おすすめのプログラミングスクール5選

編集部おすすめのプログラミングスクール編集部が17社のカウンセリングを受けて厳選した、おすすめのプログラミングスクールを5社紹介しますね。

いずれのスクールも業界の需要を理解したカリキュラムを持っているので、卒業後は需要の高いエンジニアとして活躍できますよ!

「自分で選んでみたい!」という人は、以下の記事でスクールの選び方を解説しているので参考にしてください!

【徹底比較】無駄にしない!プログラミングスクールの選び方6つ
おすすめのプログラミングスクール5選
  1. 高確率でキャリアアップしたいなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. 20代で確実にエンジニア転職するなら:DMM WEBCAMP
  3. 副業やフリーランスを目指すなら:侍エンジニア塾
  4. 時間や場所を自由に決めたいなら:CodeCamp
  5. 格安オンラインで学びたいなら:TechAcademy

30代からWebエンジニア転職めざすなら:TECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

30代で確実にWebエンジニアとしてキャリアアップしたいなら、TECH CAMP エンジニア転職がおすすめです!

TECH CAMP エンジニア転職はHTML/CSS、JavaScriptやRuby、PHPなどWebサービス開発に必要な知識に特化して学べるスクールなんです。

また転職失敗で受講料が全額返金される、転職保証制度が全年齢で対象なので30代以上でも受けられます!

90%以上が未経験、30%以上が30代ながら転職成功率は業界トップの99%を誇っています!

Web業界で後悔しない転職をするなら:DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

20代で後悔のないWebエンジニア転職を目指すなら、DMM WEBCAMPがおすすめです。

DMM WEBCAMPもWebサービス開発に必要なスキルをまとめて学べるスクールです。

転職成功率が98%とトップクラスなのはもちろんですが、特筆すべきは就職後の離職率の低さです。

自己分析に力を入れた転職支援で受講者1人1人に合う企業を紹介してくれるため、離職率は1%となっているんですよ!

また「専門技術講座」は厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されていて、 条件を満たすと受講費の最大70%がキャッシュバックされるのもポイントです!

副業やフリーランスを目指すなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾副業やフリーランスを目指したい人におすすめのスクールですね。

というのも侍エンジニア塾は業界でも珍しい「案件獲得サポート」という制度があるから。

案件獲得サポートは個人でクラウドソーシングなどから獲得した案件を、受注から納品までサポートしてくれるというサービスなんです。

受講生の中にはこのサポートを活用して、受講中に月10万~15万円稼いだ人もいるほど!

未経験からのフリーランスはハードルが高い業界ですが、このサポートで受講中にフリーランスのノウハウを学べるのはうれしいですね!

幅広いコースから特化したスキルを得たい人は:TechAcademy

TechAcademy

TechAcademy作りたいものが明確になっている人におすすめのスクールです。

というのも、それぞれの開発分野に特化したコースがおよそ20種類用意されているから。

Webアプリケーションはもちろん、特定の言語に特化したコースや、iPhonアプリ・Androidアプリに特化したコースなどもそれぞれ用意されているんです。

自分の興味のある分野に特化して学んで、需要の高いエンジニアになりたい人におすすめのスクールです!

AIやデータベースエンジニアになるなら:DIVE INTO CODE

DIVEINTOCODE

AIやデータベースエンジニアを目指すならDIVE INTO CODEがおすすめですね。

DIVE INTO CODEでは先ほど紹介したPythonを中心に、Ai開発やデータ解析に必要なスキルを総合的に学べるんです。

また転職保証もついているので、今後の需要高騰が見込まれるエンジニアとして確実に転職できますよ!

DMM WEBCAMP同様に厚生労働省の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されているので、受講後最大75%のキャッシュバックが受けられます!

プログラミングを学んで需要の高い人材になろう!

需要の高いプログラミングを身に付けよう!上記で紹介した『プログラミングの需要が高い理由4つ』と『需要の高い人材になるための心得3つ』を理解していただくと、プログラミングの将来性を理解し、市場価値の高い人材へとスキルアップできます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングの需要が高い理由4つ
  1. IT業界の市場規模が拡大しているから
  2. 人材不足が加速しているから
  3. 政府がプログラミング教育を推進しているから
  4. AIではエンジニアの仕事ができないから
需要の高い人材になるための心得3つ
  1.  積極的に新しい技術を身につけよう!
  2. プログラミング以外のスキルを身につけよう!
  3. 課題解決能力を身につけよう!
おすすめのプログラミングスクール5選
  1. 高確率でキャリアアップしたいなら:TECH CAMP エンジニア転職
  2. 20代で確実にエンジニア転職するなら:DMM WEBCAMP
  3. 副業やフリーランスを目指すなら:侍エンジニア塾
  4. 時間や場所を自由に決めたいなら:CodeCamp
  5. 格安オンラインで学びたいなら:TechAcademy

プログラミングに興味を持って学んでみたい方は、プログラミングスクールで最短経路で学習しましょう!

学ぶべき言語や転職について不安なら、スクールの無料カウンセリングに参加で相談してみるといいですよ!