プログラミングがわからない理由とは?苦手を克服する対策10個

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングでわからない場合どうしたらいい?
  • プログラミングに向いている人の特徴とは?
  • プログラミングを効率よく学習するための方法が知りたい!

荒木

プロアカ編集部の荒木です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

これから紹介する「プログラミングを理解できない原因」を把握すれば、プログラミング未経験者もプログラミングをスムーズに学習できます。

なぜなら、原因さえわかれば解決のための対処ができるからです。

プロアカ編集部は、9社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師からアドバイスを受けています。

そのためプロ視点で、プログラミング学習での悩みを解決できる内容となっています。

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの大塚さんに監修していただきました!

こんにちは、エンジニアの大塚です。皆さんがプログラミングに踏み出せるような情報を発信します!

大塚

解決策となる多くの情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもと、皆様に有益な情報を厳選した記事ですので、ぜひ参考にしてくださいね!

まずはじめに、「プログラミング悩みの原因」から見ていきましょう!

目次

何がわからないのかがわからない!プログラミング悩みの原因10個

何がわからないのかがわからない!プログラミング悩みの原因10個プログラミングを理解できないのは、必ず原因があります。

その悩みを解決するためにも、わからない原因を以下でそれぞれ解説しますね。

悩みの原因10個
  1. 何から勉強すればいいのか理解していないから
  2. 制作物を作るために必要な言語を把握していないから
  3. 言語ごとの書き方が理解できていないから
  4. 英語が苦手だと思っているから
  5. 開発環境が整っていないから
  6. エラーを解決できずにいるから
  7. モチベーションが損なわれつつあるから
  8. 処理の流れが把握できていないから
  9. 言語の難易度が高いから
  10. 学習時間が不足しているから

1. 何から勉強すればいいのか理解していないから

1つ目の原因は、何から勉強すればいいか理解していないことにあります。

プログラミングは学習手順を把握しておかないと、行き詰まってしまいます。

たとえばスマホアプリを作るにしても、はじめにやるべきポイントを理解できていないと先には進めないのです。

まずすべきことは決まっているので、確認しておきましょうね。

プログラミングの基礎を理解する

はじめにプログラミングの基礎について学習しましょう。

なぜならプログラミングに限らず基礎が身についていなければ、その後の話も理解できないからです。

学習法として、「参考書のコードについて文法を調べてみる」「必ずコードの内容を理解して打ち込む」といった方法があります。

プログラミングの基礎を理解すれば、効率よく学べますよ。

下の記事にプログラミングの基礎の学習方法について詳しく記載してあるので、ぜひ読んでみてくださいね!

大塚

プログラミングの知っておきたい基礎知識プログラミングとは?知っておきたい基礎知識とできること5つ

2. 制作物を作るために必要な言語を把握していないから

原因2つ目は、制作物を作るための必要な言語を把握していないからです。

プログラミングで作りたいものが決まっていても、必要な言語がわからないとまだ作り始められません。

Webサイトの制作ではHTML、CSSといった言語を使う点を把握しておかないと、何を学習するのかで迷ってしまいます。

そのため制作物に必要な言語の把握は、プログラミングの習得に必要不可欠といえます。

プログラミングで作れる制作物4つと使用する言語

自分が作りたい制作物は、どの言語を使用するのか調べておきましょう。

例としてゲームやAI開発に幅広く使えるPython、Webサイトに動きをつけるJavaScriptなど、制作物ごとに向いているに合わせて言語が違います。

そのため自分の作りたいものに必要な言語については、目的を決めた段階で確認しておくことをオススメします!

4つの成果物と使う言語
  • Webサイトの開発
    →HTML,CSS,JavaScript
  • アプリケーションの開発
    →objective-C,Swift,Java
  • AI(人工知能)の開発
    →Python,C/C++,JavaScript
  • ゲームの開発
    →Python,PHP,Ruby

3. 言語ごとの書き方が理解できていないから

3つ目の原因は、言語ごとの書き方を基礎段階で理解していないことにあります。

言語によって、同じ指示でもコードの書き方が異なります。

たとえばWebサイト制作で使う言語は「マークアップ言語」と呼ばれ、「プログラミング言語」ではありません。

そのためJava言語を使う際は、HTMLやCSSとは書き方が異なるため、コードの書き方はプログラミング言語ごとに使い分けましょう。

学びたい言語の参考書を見て学習する

学びたい言語の教材を見て、自分の中で納得できるまで勉強しましょう。

なぜなら「一通り読んだから」と安心していても、頭に定着していない可能性もあるからです。

言語の記法は、それぞれ参考書に記載してあります。

着実に自分の知識にするためにも、「理解したら次のページに進む」といった方法で学習してみましょう。

わからない箇所があったら、SNSや質問掲示板でプログラミングに詳しい人に聞くのもオススメですよ!

4. 英語が苦手だと思っているから

今まで英語が苦手だった人は、プログラミングに対する苦手意識が強くなるでしょう。

なぜならプログラミング言語は英数字が多いため、見た目で苦手だと感じやすいからです。

しかし実際には、Webサイトの装飾に使うCSSで文字色を変更するには、「Color(色)」という文字の横に、色のコードを入れるだけです。 

極端にいうと、「I have a pen」などの文法を知らずとも問題ありません。

そのため英語に苦手意識をもっている方でも、プログラミングは学習できますよ。

覚えるのは単語程度でOK!

プログラミングは単語と意味さえ覚えられれば、問題なく使用できます。

なぜならプログラミングは、英語の文章ではなく、命令が英単語で書かれているだけだからです。

CSSの装飾では、font-sizeが文字の大きさ、font-weightが文字の太さ、line-heightが行の高さといった仕組みです。

プログラミングでは単語ぐらいでOKなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!

5. 開発環境が整っていないから

プログラミングは、開発環境を整える方法がわからないと始められません。

プログラミングを始めるには、コードを打って開発するための環境が必要だからです。

たとえばC++言語を学ぼうとしたら、専用の開発環境のインストールと設定が求められます。

プログラミングでは、開発環境を整えられずに挫折するケースも多いのです。

ですが、やり方さえ理解すれば簡単に用意できますよ!

学習サイトを使ってみよう!

基礎を身につけるための学習サイトですが、開発環境を整えるための方法についても記載しています。

ドットインストール」なら、プログラミングの基礎学習だけでなく、ブラウザの設定、エディタの用意から丁寧な解説があります。

プログラミングのわからない点も解決可能なので、ぜひ活用してみてくださいね!

6. エラーを解決できずにいるから

プログラミングはエラーが解決できないことも、苦手意識を感じやすいです。

エラーは1つ直しても、また違う箇所にエラーが出てしまうことがあります。

連続でエラーが出続ける、または根本的な部分にかかっているエラーが解決できないなど、エラーによる挫折も多いです。

プログラミングに詳しい人に相談しよう!

一人で考えたうえでわからない場合は、プログラミングに詳しい人に相談してエラーを解決させましょう。

プログラミングの知識が浅いと、エラーの根本原因を見つけるのは難しいです。 

たとえばプログラミングスクールであれば、いつでも現役講師に質問でき、スムーズに学習を進められます。 

いつでも質問可能な環境を整えたい方は、この後に紹介するオススメのプログラミングスクールも参考にしてみてくださいね!

7. モチベーションが損なわれつつあるから

プログラミングを続けていると、同じ作業に飽きやすくなります。

そしてモチベーションが低くなることで、学習意欲も低くなり、努力するのも苦になってしまいます。

たとえばせっかくお店を立ち上げても、利益が出ないとモチベーションが下がってしまうでしょう。 

プログラミングも同様で、自分の成長が感じられず、モチベーションが損なわれる状態では、学習効率も悪くなりやすいのです。

プログラミングを楽しむことを意識しよう!

プログラミングは楽しみながら学習しましょう。

なぜなら楽しむほどポジティブに考えられ、課題すらも成長のきっかけになるからです。

エラーが出ても「なぜ発生するのか」「どうしたら解決するのか」など、好奇心のある考え方ができれば、頭にも定着しやすいです。 

プログラミングを楽しむ点も意識して、モチベーションを維持しながら乗り越えていきましょうね!

8. 処理の流れが把握できていない

プログラミングをする際は、具体的にどう動いてほしいのかをイメージできないと、コーディングは難しいです。

コンピューターは一つひとつ細かく命令しなければ、動くことはできないからです。 

人間なら目の前にあるボールを拾えるのに対して、ロボットでは正面に10m進み、ボールを持ち、反転してまた10m進む動作をつなげます。

そのため処理の流れを把握しないと、プログラミングで指示を出せません。

どういうアクションをして欲しいのか考えてみよう!

コーディングをする際には、何を実現したいのかを考えましょう。

なぜなら実現したい内容が決まっていれば、必要な処理を分解して考えられるからです。

たとえばカーソルをボタンの上に乗せたら文字が薄くなるアクションが必要な場合、文字の書かれたボタンの設置を設置します。

そして「カーソルを乗せたら」との条件で、文字を50%の薄さにします。

といったようにあらかじめ考えておけば、あとあと楽になりますよ!

9. 言語の難易度が高いから

難易度の高い言語だと、プログラミング未経験者には習得が難しくなります。

言語の理解がなかなか進まず、苦手意識を感じやすいです。

自分に合わないレベルの言語を学習しても、途中で行き詰まり、挫折してしまっては意味がありません。

言語の難易度が高いほど習得しにくいので、現段階で難しいと感じている初心者は、難易度の低いものから学習するのも手ですよ!

未経験者にもやさしいWeb制作からやってみる

Web系の言語は、プログラミング未経験者にもオススメです。

Webサイト制作に使われる言語は、習得が簡単だからです。

HTMLとCSSは初心者でも1ヶ月程度ですぐに習得可能なうえに、JavaScriptも一緒に学ぶと相乗効果を得られます。

そのためすぐにスキルを身につけたいと思っている方には、オススメですよ!

下の記事でプログラミング言語を難易度ごとに紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね!

大塚

プログラミング言語の習得難易度をチェック!難易度で決める!11種類のプログラミング言語と挫折回避のコツ4つ

10. 学習時間が不足しているから

学習時間が足りないと、成長することなく時間だけが経過してしまいます。

プログラミングはどの言語でも学習内容が多いため、学習時間が少ないとスムーズに習得はできません。

たとえば植物も全体に栄養が行き渡れば育っていきますが、行き渡らなければ成長しないのと同じです。

忙しいからと後回しにするのではなく、はじめのうちは積極的に学ぶことが重要ですよ!

スキマ時間を確保する

生活の中でスキマ時間を見つけて、プログラミングを勉強する時間を確保しましょう。

プログラミングは、スキマ時間を活用するだけでも学習できます。 

例として、通勤の電車の中や寝る前など、少しのスキマ時間を大切にしましょう。

家で勉強している際にメモを取っておけば、電車の中でも復習ができますよ!

独学でプログラミングを学習したい!学習ステップ3つ

独学でプログラミングを学習したい!学習ステップ3つ独学でプログラミングを学ぶときは、学習方法で理解度が変わってきます。

自分の力で学習したい方のためにも、以下でプログラミングの学習ステップ3つをそれぞれ解説しますね。

学習ステップ3つ
  • 学習サイトで基礎を身につける
  • 参考書の課題を一つずつクリアする
  • 構成から考えて成果物を作る

1. 学習サイトで基礎を身につける

プログラミングの学習サイトは、基礎を身につける手段として最適です。

なぜならスライドや動画を見ながら、プログラミングを実践的に学べるからです。

学習サイトの中では、『Progate』や『ドットインストール』をオススメします。

難しいポイントも簡単に学べる学習サイトで、プログラミングの基礎を身につければ、実践的なスキルも習得できますよ!

そのほかの学習サイトに関しては、以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ読んでみてくださいね!

大塚

初心者向け!オススメのプログラミング学習方法!Webで学べる!プログラミング学習サイト16選と活用すべき理由

2. 参考書の課題を一つずつクリアする

ステップ2つ目は、参考書の課題を一つずつクリアしていくことです。

理由は課題がクリアできるようになれば、それまでの単元は理解できるようになった証拠だからです。

そのため達成できなかったら、まだ学習が足りないということなので、繰り返し学習するといった判断ができます。

参考書を網羅できるようになれば、自分の作りたいものも作れるようになりますよ!

3. 構成から考えて成果物を作る

次に自分で考えた成果物を作ってみましょう。

なぜならプログラミング学習では、インプットよりもアウトプットが重要だからです。

たとえば食材の在庫をメモしておくなどの役立つアプリや、趣味紹介の簡単なWebサイトでも、自分で作れるか作れないかでスキルに大きな差があります。

構成から一人で考えて成果物を作ることで、プログラミングの仕事をしたい方は、面接官にスキルレベルを知ってもらえますよ!

成果物の例
  • 自分専用のアプリを作る
  • 自分の撮った写真サイトを作る

学習の質を上げよう!プログラミング学習のコツ3つ

学習の質を上げよう!プログラミング学習のコツ3つ先ほども解説したように、プログラミングの学習には時間がかかります。

学習の質を高めるためにも、以下でコツ3つを紹介しますね!

学習のコツ3つ
  • 学習は毎日継続させる
  • 一つの言語に集中して学習する
  • 勉強会といったイベントに参加する

1. 学習は毎日継続させる

毎日少しでも時間を確保して勉強しましょう。

なぜならプログラミングは学習内容が多く、日にちを空けてしまうと忘れてしまうからです。

例として1日30分は必ず学習して、それ以上続けられそうにない場合は終わり、続けられそうなら続行するのも一つの方法です。 

毎回復習する時間を削るためにも、プログラミングの学習は毎日継続させることを意識しましょうね!

2. 一つの言語に集中して学習する

一つのプログラミング言語に集中して学習しましょう。

なぜならプログラミング言語は一つ習得するのも難しいため、二つ一緒に勉強しても、両方習得できない可能性が高いからです。

一つの言語の基礎を習得できたら、次の言語を選ぶといった方法で学びましょう。

言語を絞って学習するだけでも、時間を有効的に使えますよ!

3. 勉強会といったイベントに参加する

プログラミングに対するモチベーションを高めるには、合同勉強会といったイベントが最適です。

なぜなら勉強会などのイベントでは、同じ志を持つ仲間と出会えるからです。

おもに言語ごとに開かれる場合が多く、Rubyなどの勉強会も全国各地で開催されています。

勉強会などのプログラミング関連のイベントに参加して、モチベーションへのよい刺激となる仲間を見つけましょうね!

独学が合わない人はスクールがオススメ!

独学が合わない人はスクールがオススメ!効率よくプログラミングスキルを身につけたい人には、スクールをオススメします。

なぜなら独学で基礎から応用まで行える人は、限られているからです。

一度独学で学習してみて、独学が難しそうだと感じたら、プログラミングスクールで学習するのも一つの手といえます。

プログラミング未経験者にもオススメのスクールについては、このあと紹介しますね!

プログラミング未経験者にオススメなスクール3選

プログラミング未経験者にオススメなスクール3選これから紹介するスクールは、いずれも講師のサポートが手厚いのが特徴です。

いずれも未経験者の方に人気なので、以下でオススメのスクール3選を紹介しますね!

オススメなスクール3選

作りたいものが決まっているなら侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、作りたいものが決まっている方にオススメなスクールです。

制度の一つとして、『オーダーメイドカリキュラム』というものがあります。

開発したいプロダクトやサービスを講師に伝えると、達成に必要なスキルに特化したカリキュラムを組むことも可能。

そのためスマホアプリを作りたいと伝えれば、スマホアプリを作るためのカリキュラムを学習できます。

作りたいものはあるけど、独学では限界を感じている方にはオススメですよ!

低コストで受講したいならTechAcademy

TechAcademy

TechAcademyは、低コストで受講したい方にオススメなスクールです。

他社のプログラミングスクールの1ヶ月の相場は、入会金込みで約15〜20万円です。

しかしTechAcademyであれば、受講料が月最低10万円で受講できます。

割引サービスやキャンペーンを供用すればそれより安くなるので、安い受講費でスキルを習得したい方には最適ですよ!

質の高い現役エンジニアの指導を受けたいならCodeCamp

CodeCamp

CodeCampは、質の高い現役エンジニアの指導を受けたい方に最適なスクールです。

現役エンジニアを採用しているスクールは他にもありますが、CodeCampの採用合格率はわずか10%です。

そのため質の高い現役エンジニアに指導してもらえます。

トレンドの記法やエンジニアのリアルな話を聞きたい方にもオススメですよ!

わからないで終わらせない!プログラミング学習の注意点2つ

わからないで終わらせない!プログラミング学習の注意点2つプログラミングを学習する際の注意点についても紹介します。

プログラミングを学習する際の注意点を知らないと、スキル習得に失敗する可能性があります。 

そうならないためにも、以下で注意点2つを紹介しますね。

注意点2つ
  • 目的は学習前に必ず明確にしておく
  • 一人で考える時間も作る

1. 目的は学習前に必ず明確にしておく

プログラミングを学習する場合、「目的」と「学習期間」は、明確に決めておきましょう。

なぜならプログラミングは学ぶ項目が多く、目的がないと長続きしないからです。

目的の例として、以下を参考にしてみてください。

目的の例
  • 自分のサイトを学習も含めて1年以内に完成させる
  • 1年で自分専用のアプリを完成させる
とくにプログラミングを学ぶ目的は、学習前に決めておきましょうね

大塚

2. 一人で考える時間も作る

わからない点があったら、1人で考える時間も取りましょう。

なぜならプログラミングを学習するうえで、すべて人に聞いていては自分のためにならないからです。

まず30分は自分で検索するなど解決策を探して、それでもわからない場合にはプログラミングに詳しい人に聞きましょう。

そしてプログラミングスクールに通う人は、講師に質問しましょうね。

それだけでもスムーズに知識を頭に定着させられますよ。

プログラミングでわからないことは克服しよう!

プログラミングでわからないことは克服しよう!上記で紹介した『プログラミングを理解できない原因』を把握していただくと、今後はプログラミング学習について悩むことはなくなります。

そして制作物を作るためのプログラミングスキルを身につけられます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミング悩みの原因
  1. 何から勉強すればいいのか理解していないから
  2. 制作物を作るために必要な言語を把握していないから
  3. 言語ごとの書き方が理解できていないから
  4. 英語が苦手だと思っているから
  5. 開発環境が整っていないから
  6. エラーを解決できずにいるから
  7. モチベーションが損なわれつつあるから
  8. 処理の流れが把握できていない
  9. 言語の難易度が高いから
  10. 学習時間が不足しているから
オススメなスクール3選

プログラミングについて自分でも調べてわからないことは、早めに詳しい人に聞いて解決させましょう!

疑問点を放置してしまうと、後半の学習で必ず行き詰ってしまいます。

プログラミングの学習内容で、使わない箇所はほとんどないので、網羅する気持ちで学習しましょうね!

『効率よく学習するためのステップ』について理解できたら、次に『学習を手助け!プログラミング上達のコツ10個と最強ステップ4つ』の記事を読んでみましょう。

上達のコツも制覇できれば、プログラミングについて教える側にもなれますよ!

プログラミング上達への最短ルートを知ろう!学習を手助け!プログラミング上達のコツ10個と最強ステップ4つ