集中して勉強できる!通学型プログラミングスクールBEST3

この記事で解決できる悩み
  • 通学型プログラミングスクールはどこの教室に通えばいいの?
  • 通学型のプログラミングスクールのメリットは何?
  • プログラミングスクールの選び方が知りたい!

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『通学型プログラミングスクールと選び方のコツ』を理解すれば、あなたにとって最適なプログラミングスクールに通えますよ。

プロアカ編集部では実際に9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師からアドバイスを受けているため、プロ視点での失敗しないスクール選びをお手伝いできる内容となっています。

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの菅野さんに監修していただきました!

現役エンジニアの菅野です。この記事の情報が、少しでも役立てば嬉しいです。

菅野

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それではまず『通学型プログラミングスクール5校比較』をみていきましょう!

目次

通学型プログラミングスクール5校比較

通学型プログラミングスクール5校比較
プログラミングスクール転職
支援
転職
成功率
オンライン
完結
入会金料金/日受講
教室


公式ページを見る
花丸
98%0.7
万円~




公式ページを見る
99%0.3
万円~





公式ページを見る
94.1%2.9
万円
0.66
万円~


公式ページを見る
19.8
万円
0.26
万円~




公式ページを見る

(※1)
9
万円
0.2
万円~

※1:webエンジニアコースのみ
東:東京、名:名古屋、大:大阪、福:福岡
※値段:日割りにしています

そもそも通学型のプログラミングスクールとは?

そもそも通学型のプログラミングスクールとは?

通学型のスクールは、実際の教室に通ってプログラミングを学習する形式のスクールです。

自分の生活スタイルにあわせて受講時間を決められるスクールが多いので、働きながらでも通学できます。

ちなみに、オンライン用の学習教材で学んだり、チャットによる質問対応も可能なので、オンラインでも学習できるのが特徴です!

以下では詳しく通学型のスクールに通うことで得られるメリットを紹介しますね!

通学型プログラミングスクールのメリット4つ

通学型プログラミングスクールのメリット4つ

「通学型のスクールって、どんな点がいいの?オンライン型と何が違うの?」と疑問を持つ方に向けて、通学型のスクールが優れている点を4つ紹介します。

通学型プログラミングスクールのメリット4つ
  1. モチベーションを維持できる
  2. わからないところは、すぐ講師に聞ける
  3. プログラミング学習に集中できる
  4. 他の受講生と交流できる

メリット1:モチベーションを維持できる

オンライン型と比較すると、他の受講者と一緒に勉強できるのでモチベーションを維持しやすいのが特徴です!

また他の受講生と比べることで自分の学習スピードもわかるので、『負けてられないな!』という競争心を生むことができます!

それに加えて、勉強のやる気が出なくても教室に通えば勉強するしかない環境を作れるのが最大の魅力だと思います。

通学型のスクールには、モチベーションを維持させる仕組みが整っているので、物事を継続させるのが苦手な人はぜひどうぞ!

メリット2:わからないところは、すぐ講師に聞ける

教室に通学すると講師に直接質問でき、疑問点をすぐに解消できるので、挫折しにくいのがポイントですね!

独学でプログラミング学習を進めると一人では解決できないエラーや疑問点が出てくるので、90%以上の人が挫折すると言われています。

そのため本気でエンジニアになりたいなら、通学型かオンライン型のスクールに通うのがおすすめ!

注意
オンラインのスクールはチャットでのやり取りになるので、回答が返ってくるまで時間がかかるのが難点です。

メリット3:プログラミング学習に集中できる

『自宅では集中して勉強できない!カフェもうるさくて集中できない!』という人に、通学型のスクールはおすすめです!

たとえばテックキャンプ エンジニア転職では、以下のようなおしゃれな教室で学ぶことができます。

また直接スクールに通うことで『自分はスクール代を払っているんだな。もとをとれるように勉強しないと!』という実感も湧くので、自分にプレッシャーも掛けれますよ…笑

メリット4:他の受講生と交流できる

教室に通学するほかの生徒との交流を通して、さまざまな悩みや勉強のコツを聞けるので、刺激を受けられるのもメリットです。

自宅にこもっているとストレスがたまって、勉強に対するモチベーションが維持しにくいのではないでしょうか。

ただし人の目があると勉強に集中できない方や、若い人が多いと恥ずかしいと感じる方は、講師との会話のみのオンラインのスクールをおすすめします。

上記では通学型のメリットを紹介してきましたが、もちろんデメリットもあるので下記で解説しますね!

通学型プログラミングスクールのデメリット

通学型プログラミングスクールのデメリット
通学型プログラミングスクールのデメリット
  • 時間に縛られる
  • 特定の場所しか教室がない
  • 費用がかかりやすい

たとえばオンラインのスクールよりも受講料が高いことや、通学に時間と費用がかかる、指定された時間にしか受講できない、教室が遠方にしかないため通学できないなどです。

自分のお財布事情や生活スタイル、スクールに何を求めるのかに応じて、通学型・オンライン型のどちらか選んでくださいね!

通学型のスクールに向いてる人・向いてない人

通学型のスクールに向いてる人・向いてない人

通学型のスクールのメリット・デメリットを踏まえたうえで、通学型のスクールへの適正を簡単にチェックしてみましょう。

次のような人は、通学型のスクールに向いています。

通学型のスクールに向いている人
  • 受講料を払う経済的な余裕がある
  • 都心に在住で通学時間を確保できる
  • ひとりでは勉強を挫折しそう

一方、次のような人はオンライン型のスクールがおすすめですよ!

オンライン型のスクールに向いている人
  • 地方に在住で生活のリズムがバラバラ
  • 受講料を抑えたい
  • 自分のペースで勉強したい

通学型プログラミングスクールを選ぶ基準5つ

通学型プログラミングスクールを選ぶ基準5つ

「通学型のスクールはどうやって選べばいいの?」とお悩みの方は、指針となる次の5つの基準を参考にしてみてください。

通学型プログラミングスクールを選ぶ基準5つ
  1. 比較基準を決めておく
  2. 料金に見合ったサービスか確認する
  3. 卒業生の就職先を確認する
  4. 学びたいプログラミング言語を扱っているか確認する
  5. 無料体験や無料カウンセリングに参加する

それぞれの基準について、以下で詳しく解説しますね。

基準1:比較基準を決めておく

プログラミングを勉強する目的や、スクールに求める条件は何かといった基準を決めておくと、比較しやすくなりますよ。

なぜならスクールにはそれぞれ違った特徴があるからです。

たとえば以下のポイントを比較すると選びやすいですよ。

比較するポイント
  • 転職支援や転職保証の有無
  • 学習期間の長さ
  • オンライン型か通学型か
  • 受講料はいくらか
  • 質問しやすい環境が整っているか

基準2:料金に見合ったサービスか確認する

料金が高いスクールは、カリキュラムや講師、転職支援といったサポートの質が高い傾向にあります。

つまり料金が安すぎるとサポートの質が低い可能性があるので、料金の安さだけでスクールを選ばないほうがいいですよ。

ちなみに料金の相場ですが、通学型で転職支援が充実したスクールは40万~50万円、オンライン型のスクールは20万~30万円ほどです。

基準3:卒業生の就職先を確認する

スクールの卒業生が、自分が希望するキャリアを歩めているか確認しておきましょう。

卒業してから希望の進路に進めないとわかった場合、せっかくの努力が無駄になるからです。

また自分が希望する進路に進めるとわかれば、モチベーションも上がりますよね!

紹介先企業実績

出典:DMMWEBCAMP

具体的なチェック項目は、自分が行きたい業界に転職した人はいるか、転職して年収が上がったかです。

公式サイトの情報だけでわからない場合は、スクールの無料カウンセリングに参加して聞いてみるといいですよ。

就職先に困らない!プログラミングスクール紹介プログラミングスクール3社の就職先と成功するための心構え3つ

基準4:学びたいプログラミング言語を扱っているか確認する

業種や開発する分野によって必要とされる言語が異なるので、自分が学びたいプログラミング言語を扱っているかどうかも確認してください。

どの言語を学ぶか迷ったときは、無料カウンセリングで相談すると、自分のキャリアプランや働き方にあった言語を教えてくれますよ!

ちなみに習得難易度が低かったり案件の数が多いなど、プログラミング初心者におすすめの言語はJavaやPHP、Rubyです。

おすすめプログラミング言語3つ
  • Java:Webアプリケーションの開発に使われる言語。案件の数が多い
  • PHP:Webサイトを作るのに使われる言語。初心者でも始めやすい
  • Ruby:ベンチャー企業の開発に使われる言語。案件の単価が高い

基準5:無料体験や無料カウンセリングに参加できるか確認する

無料の体験授業や無料カウンセリングを受けると、授業の雰囲気や講師の質がわかるので、ミスマッチを防ぎやすくなります。

高い受講料を払ってまでスクールに通うのが不安な方も多いでしょうから、必ずカウンセリングを受けておきましょう。

自分のライフスタイルやキャリアを踏まえて、最適な学習方法を提案してくれますし、受講料の割引クーポンなどももらえるので、ぜひ参加してください!

通学型プログラミングスクールのおすすめ3選

通学型プログラミングスクールのおすすめ3選

「通学型のスクールでおすすめはどこ?」と疑問を持つ方に、サポートが充実していてプログラミング初心者でも安心して通えるスクールを3つ紹介します。

通学型プログラミングスクールのおすすめ3選
注意
ただし、現在は新型コロナウイルスの影響で教室が閉鎖しており、オンラインのみの授業対応になっています。詳しい対応は各プログラミングスクールのホームページを見てください。

それぞれのスクールのおすすめポイントについて、以下で詳しく見ていきましょう。

手厚いサポートを受けたいならDMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP
向いてる人
  • 信頼性の高い大手企業に転職したい人
  • 手厚いサポートを受けたい人
  • 毎日通い放題で分からないことをすぐに解消したい人

DMM WEBCAMP転職成功率98%、キャリアサポートがマンツーマンで手厚い転職サポートをしてくれます。

独学ではできないチーム開発のカリキュラムがあるので、実務的に近い経験を積めますよ。

20代なら転職保証が受けられ、もし転職できなかったら全額返金されるので、安心して転職活動ができます。(※30歳以上は要相談です)

金曜を除く月曜から日曜の11時~22時まで教室を利用できるので、働きながら学びたい人にもおすすめですよ。

30代で転職保証を受けて学びたいならTECH CAMPエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職
向いてる人
  • 未経験からエンジニア転職したい人
  • 30代以上で転職・就職したい人
  • 平日は仕事が忙しい人

TECH CAMPエンジニア転職は90%以上が未経験ですが、転職成功率は99.0%(※2019年8月末)と高い実績で、400名以上の人が就職に成功しています。

30代以上も転職保証が付くため、受講者の3人に1人が30歳以上になっています。

夜間・土日対応のコースもあるので、働きながら学びやすい環境ですよ。

オンライン完結型のコースもあるので、教室に通える環境でない人でも同じカリキュラムで学べるのが嬉しいですね。

専属講師のマンツーマンレッスンを受けるなら侍エンジニア塾

侍エンジニア塾
向いてる人
  • 自分にあった勉強方法がわからない人
  • オンラインで集中して勉強したい人
  • 実務経験豊富な講師に教えてもらいたい人

侍エンジニア塾オーダーメイドのカリキュラムで、自分のやりたいこと・キャリアプランにあう勉強ができます。

専属講師とのマンツーマンレッスンなので、講師が変わることによる教え方の違いで戸惑わなくていいですよ。

挫折率8%で、挫折しないプログラミングスクール『No.1』を誇る侍エンジニア塾なら、挫折経験がある人でも再チャレンジできますよ。

通学型プログラミングスクールを選ぶ際の注意点3つ

通学型プログラミングスクールを選ぶ際の注意点3つ

「スクールに通うときに、どんなことに気をつければいいの?」とお悩みの方は、次の3つに注意してください。

通学型プログラミングスクールを選ぶ際の注意点3つ
  1. 無料のプログラミングスクールは避けよう
  2. 無理しない距離のプログラミングスクールに通おう
  3. 勉強は真剣に取り組もう

それぞれの注意点について、以下で詳しく解説しますね。

注意点1:無料のプログラミングスクールは避けよう

教育の質が悪かったり、就職先が限られていて、自分にあう企業に就職できない可能性が高いため、無料のスクールはできる限り避けましょう。

無料のスクールは、学生から受講料を取らない代わりに、スクールの提携先の企業にしか転職できません。

お金はかかりますが、有料のスクールなら転職エージェントと提携しているので求人数が多く、自分にあった条件の企業を探しやすいですよ!

注意点2:無理しない距離のスクールに通おう

無理に時間をかけてスクールに通おうとすると、通学が苦痛になって挫折しやすいので、無理のない範囲で通えるスクールにしましょう。

せっかく高い受講料を払ったのに、挫折してはもったいないですよね。

通学に片道1時間以上かかる方や仕事や家事で忙しい方、地方に在住の方は、オンラインのスクールを選んだほうがいいですよ!

注意点3:勉強は真剣に取り組もう

「お金を払ったんだから、転職支援や保証を受けて転職できるよね?」とスクールに丸投げするのは禁物です。

なぜならスクールはあくまで学生のサポートをするところで、プログラミングを身につけるのは自分の努力にかかっているからです。

ポイント
頑張って勉強してスキルを身につければ、就職先の選択肢も増えますし、就職してからも活躍してより多くの収入を得られる可能性が高くなりますよ!

プログラミングスクールの通学に関するQ&A3つ

プログラミングスクールの通学に関するQ&A3つ

スクールに通うのあたって3つの疑問をまとめたので、通学に対する不安がある方は解消してください。

プログラミングスクールの通学に関するQ&A3つ
  1. 年齢制限はあるの?
  2. 地方に住んでいる人はどうしたらいいの?
  3. どの言語を学ぶと転職に有利?

それぞれの質問について、以下で回答しますね。

Q&A1:年齢制限はあるの?

ほとんどのスクールは年齢制限なしで受講できます。

ただし年齢を重ねるほど転職が難しくなる傾向があるので、転職保証を受けるには年齢制限があるところがあります。

30代以上は応相談など、詳細はスクールのホームページを確認しましょう。

転職保証とは?
スクールをきちんと卒業したのに企業から内定をもらえなかった場合に、一定の条件のもと受講料の全部または一部が返金される制度です。

Q&A2:地方に住んでいる人はどうしたらいいの?

地方在住の方は、地方の小規模な教室よりも大手のスクールを選ぶべきです。

その理由は、大手のスクールのほうが教育のノウハウや就職支援、カリキュラムの良さなどに優れているからです。

大手のスクールの教室は都市部にありがちですが、オンライン形式のコースを受講すれば、地方でも自宅にいながら勉強できるので安心してください。

地方のスクールについては、以下の記事で詳しく解説しています。

地方でも学べるプログラミングスクール地方在住でも利用できるおすすめプログラミングスクール3選

Q&A3:どの言語を学ぶと転職に有利?

転職に有利なプログラミング言語は、Java、PHP、Rubyです。

なぜならこれらの言語は、言語別の求人が多いからです。

レバテックによるプログラミング言語別の新規求人案件割合ランキングによると、Javaだけで新規求人の約31%を占め、PHPとRubyもあわせると50%以上におよぶことがわかりますね!

java programmingschool

出典:レバテックキャリア

【プログラミングスクールの通学】まとめ

【プログラミングスクールの通学】まとめ

上記で紹介した『通学型プログラミングスクールと選び方のコツ』を理解すると、自分に合ったプログラミングスクールを選べるようになり、希望する業種や職種に転職しやすくなりますよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングスクールの通学まとめ
  • 通学型プログラミングスクールは、集中して勉強に取り組みやすい
  • 複数のプログラミングスクールの特徴を比べて、自分の目的に合うプログラミングスクールを選ぼう
  • 通学に無理のない範囲か確認しておこう。通学が難しい場合はオンラインのプログラミングスクールも選択肢に入れよう
通学型プログラミングスクールのおすすめ3選

自分は教室に通学したほうが良いのか、オンラインで授業を受けたほうが良いのか悩む場合は、必ず無料カウンセリングを受けましょう!