就職を圧倒的有利にしよう!プログラミングスクールの就職支援5つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングスクールの就職支援って本当にあるの?
  • どんな支援を受けられるの?
  • 支援してもらえるおすすめのスクールを知りたい!

という悩みを解決できる記事になっています。

この記事で紹介する「プログラミングスクールで受けられるサポート」と「選び方4つ」を理解すれば、プログラミング未経験でもスクールの制度を活用して就職・転職を実現できますよ!

なぜなら、この記事で紹介するスクールの就職支援制度を使ってIT就職・転職に成功した人がたくさんいるからです。

それでは以下で、「就職支援付きプログラミングスクールの選び方4つ」と「おすすめスクール4選」を紹介します!

目次

就職支援付きおすすめプログラミングスクール一覧表

就職支援付きのおすすめスクール一覧表就職支援付きのおすすめプログラミングスクールを比較表にまとめました!

本サイトのイチオシは未経験者が90%を超えていながら、転職成功率99%を誇るTECH CAMP エンジニア転職です!

プログラミングスクール転職
支援
転職
成功率
入会金料金
/日
受講
教室
オン
ライン完結
社会人
向け
評判


公式ページを見る
花丸

99%

万円
17.7
万円〜


詳しくみる


公式ページを見る

98%
62.8
万円〜

詳しくみる


公式ページを見る
3
万円
44.8
万円〜
詳しくみる


公式ページを見る
12.9
万円〜
詳しくみる

・東:東京、名:名古屋、大:大阪

就職支援付きプログラミングスクールで受けられるサポート5つ

就職支援付きスクールで受けられるサポートプログラミングスクールの就職支援を利用すると、自分で就職活動を行うよりも圧倒的に有利に進められます。

スクールで受けられるサポートを頭に入れて、就職活動時に活用しましょう!

受けられるサポート5つ
  1. 独自の求人案件を紹介してもらえる
  2. エンジニア特化のキャリア指導を受けられる
  3. 実務的なカリキュラムを受けられる
  4. ポートフォリオを制作できる
  5. 就職・転職活動向けのセミナーに参加できる

サポート1:独自の求人案件を紹介してもらえる

キャリアアドバイザーから、受講生の希望や強みに合った求人を紹介してもらえます。

なぜならプログラミングスクールには、「このスクールの受講生が欲しい」と思っている企業からの求人が多くあるからです。

紹介された求人に応募するときには、未経験でもスクールを修了した事実がそのまま信頼とスキルの証明につながります。

サポート2:エンジニア特化のキャリア指導を受けられる

プログラミングスクールの就職支援で、ITエンジニアの就職活動に特化した応募書類の添削や面接対策を受けられます。

なぜなら人材会社や人事担当者の経歴を持つ専門のアドバイザーがいて、受講生の強みを活かせる方向で指導してくれるからです。

履歴書などの書類を完璧にしたうえで、その面接にベストの解答を用意できます。

サポート3:実務的なカリキュラムを受けられる

就職支援の一環として、修了後にすぐ実務に入れるように計算されたカリキュラムで学べます。

なぜなら社会人向けのプログラミングスクールは卒業後の就職が前提で、基礎から実務とほぼ同じ段階まで進めていくからです。

もっとも需要の高い言語の学習が終わったら、他の受講生とのチーム開発で経験を積み、数ヶ月で即戦力になれます。

サポート4:ポートフォリオを制作できる

自分の実力を示すポートフォリオの制作を、プログラミングスクールの在学中に行えます。

自分のポートフォリオを経験豊富な講師に相談しながら制作しておけば、就職や転職活動でエンジニア求人へ応募するときに過去の実績として提出し、高い評価を得られますよ!

サポート5:就職・転職活動向けのセミナーに参加できる

受講生は、プログラミングスクールが主催する業界セミナーや就活セミナーに参加できます

なぜなら多くのスクールで就職支援の限定イベントに力を入れて、他社に差をつけているからです。

心構えから一次選考まで幅広くあるので、自分のレベルと目的に応じて、IT業界や現場のエンジニアに必要な項目を理解したうえで応募できます。

就職支援付きプログラミングスクールの選び方4つ

就職支援付きプログラミングスクールの選び方とはいえ、実際にどうやってスクールを選べばいいのかわかりませんよね。

以下で解説する4つの選び方を実践すれば、自分の目的を達せできるスクールを選べます!

自分の目的にあてはめながら読み進めてくださいね!

就職支援付きスクールの選び方4つ
  1. 就職実績を見る
  2. 就職後の離職率が低いところを選ぶ
  3. 受講費用を確認しよう
  4. 自分の生活リズムに合うコースを選ぶ

ポイント1:就職実績を見る

そのプログラミングスクールの受講後に、どんな企業や業界に就職しているのかを確認しましょう。

なぜならスクールによって就職実績が異なり、ここでミスマッチを起こすとせっかく修了しても不本意な企業に就職してしまうからです。

各スクールの就職・転職の成功率だけではなく、内定企業の事例からも分析しましょうね!

ポイント2:就職後の離職率が低いところを選ぶ

卒業生の離職率が低いプログラミングスクールを選びましょう!

なぜなら就職後の離職率が低いのは、自分に合致した企業に就職した人が多いからです。

ブラック企業に就職してしまうリスクを最小限に減らすためにも、まずは無料相談などで直接訊きましょう。

ポイント3:受講費用を確認しよう

受講費用が自分の予算に合致するかチェックしておきましょう。

というのも、スクールやコースによって受講費用が異なるからです。

うっかり見落とすと想定外の出費になってしまうので、各コースの説明文を隅々まで読む必要があります。

ポイント4:自分の生活リズムに合うコースを選ぶ

人によって受講できるペースが違うので、自分に合った期間のコースを選びましょう!

というのも、自分に合わない期間で受講すると、結局続かない可能性があるからなんです。

仕事と両立可能な夜や土日のコース、あるいは日中にまとめて勉強可能なコースなどがあるので、じっくり比較してみましょう。

就職支援付きおすすめプログラミングスクール4選

就職支援付きのおすすめスクール4選ここからは編集部厳選の転職保証付きプログラミングスクールのおすすめを4社紹介します。

どれも充実した転職支援と高い実績を誇るので、ぜひ参考にしてくださいね!

就職支援付きおすすめプログラミングスクール
  1. 30代からの転職を狙うならTECH CAMP エンジニア転職
  2. 確実に転職したいならDMM WEBCAMP
  3. オンラインで現役エンジニアに学ぶならCodeCampGATE
  4. オンラインスカウトを活用するならTechAcademy

30代からの転職を狙うなら:TECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

30歳を過ぎてからのエンジニアへの転職ならば、TECH CAMP エンジニア転職をオススメします。

なぜなら30代以上の受講生が全体の30%を占めつつも、転職成功率99%の実績があるからです。

30代前後から一念発起してエンジニアへの転職をしたいときには、多くの未経験を導いてきたスクールを選ぶと早く即戦力になれます。

確実に転職したいなら:DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

確実に転職したい人には、DMM WEBCAMPが向いています。

なぜなら転職成功率98%のうえ、転職できなければ全額返金保証を掲げており、初心者も安心して受講可能だからです。

即戦力のエンジニアになるための豊富な課題には、独学ではなかなかできないチーム開発も含まれていて、ポートフォリオの制作までしっかりと作り込めます。

オンラインで現役エンジニアに学ぶなら:CodeCampGATE

CodeCampGATE

校舎に通いにくい遠方に住んでいる人や日中は仕事などで忙しい人は、CodeCampGATEで学びましょう。

なぜなら空き時間で取り組める完全オンライン受講で、現役エンジニアとのマンツーマンの指導を受けられるからです。

オンラインのチーム開発も体験可能なため、リモートでの開発現場に近い環境で仕事をする方法を習得できます。

自分で勉強を進められるなら:TechAcademy

TechAcademy

自分で積極的に勉強を進められる人は、TechAcademyでの学習をオススメします。

なぜなら、TechAcademyでの学習状況は企業やコンサルタントに共有されるから。

そのため、学習を進めていくだけで、ご自身をアピールすることにも繋がりますよ!

就職支援付きのプログラミングスクールを選ぶときの注意点3つ

就職支援付きのスクールを選ぶ注意点転職支援を受ける際は注意点を理解していないと、自分が希望するキャリアに進めない可能性があります。

就職支援付きのスクールを選ぶ際の3つの注意点を理解しておきましょう!

就職支援付きのスクールを選ぶ注意点3つ
  1. 無料・実質無料は条件を確認しよう
  2. 講師の質を確認
  3. 規約・違約金条項を確認

注意点1:無料・実質無料は条件を確認しよう

無料や実質無料のスクールは無料になる条件を必ず確認してくださいね!

というのも、無料スクールは卒業生の紹介による成功報酬で利益を得ていて、紹介される求人は提携先かグループ企業になるからです。

受講後の進路で選択肢が実質的に1つの事例もよくあるので、十分に注意してください。

注意点2:講師の質を確認

申し込む前にどんな人が講師なのかをチェックしましょう。

なぜなら、スクールによっては、実務経験のない人が講師になっているからです。

以下のポイントを参考に、講師の質を確認してください。

いい講師を選ぶときの基準
  • 現役のエンジニアか?
  • 同じ講師が卒業まで一貫して教えてくれるか?
  • マンツーマンレッスンか?

注意点3:規約・違約金条項を確認

あらかじめ就職支援の利用規約を確認しましょう。

なぜなら就職支援の利用規約で、受講生の自主的な就職活動に対して違約金を設定しているスクールもあるからです。

一定期間を超えた時点で受講を中断するか、修了後に指定の方法で就職しなかったときに違約金が発生します。

プログラミングスクールの無料体験・カウンセリングに参加しよう!

受講前にスクールの無料体験に参加しよう無料体験とカウンセリングでは、受講前にスクールの雰囲気や講師の対応力をチェックできます。

なぜなら担当するのは現役のメンターや講師で、実際の受講環境によって実施されるからです。

自分の進路やプログラミングに関する不安を相談する機会でもあるため、気になったスクールのところに参加してみましょう。

就職支援付きのプログラミングスクールについてよく悩むQ&A3つ

就職支援付きスクールに関してよくあるQ&A転職保証付きスクールについてよくある質問を3つまとめました。

同じ悩みを抱えている人も、ぜひ参考にして不安を解消してくださいね!

よくある質問3つ
  1. 未経験でも就職・転職できますか?
  2. 学歴がなくてもエンジニアになれますか?
  3. 就職先は東京ですか?

Q1. 未経験でも就職・転職できますか?

A:できます!

というのも、IT産業の拡大とともにIT人材は大きく不足しているからなんです。

また、プログラミングスクールには「未経験からスクールでプログラミングを学習した」という経歴を前提としている求人が集まります。

そのため、これまでの経験を問われずに就職・転職活動が可能ですよ!

Q2:学歴がなくてもエンジニアになれますか?

A:なれます!

なぜなら、エンジニアは実力主義なので、学歴よりもプログラミングスキルやシステム設計スキルが重視されるからです。

求人案件も学歴不問のものが多いので、スキルを持っていれば応募できますよ。

Q3:就職先は東京ですか?

A:全国各地に就職先はあります。

理由は、業種や企業規模を問わずIT人材は全国的に不足しているから。

ただし、転職保証を使って就職活動をする場合は東京での就職が前提になることがあります。

事前に求人条件を確認して、ご自身の将来設計と照らし合わせて検討しましょう。

転職支援を活用してキャリアアップを目指そう!

就職支援付きプログラミングスクールを活用!この記事で紹介した「プログラミングスクールの選び方5つ」と「注意点2つ」を理解すると、自分に必要なサポートを用意しているスクールを探せるようになり、上手に活用して就職・転職に繋げられるようになりますよ!

最後におさらいしましょう。

就職支援付きスクールの選び方まとめ

就職支援付きスクールの選び方4つ

  1. 就職実績を見る
  2. 就職後の離職率が低いところを選ぶ
  3. 受講費用を確認しよう
  4. 自分の生活リズムに合うコースを選ぶ

就職支援付きのスクールを選ぶ注意点3つ

  1. 無料・実質無料は条件を確認しよう
  2. 講師の質を確認
  3. 規約・違約金条項を確認
就職支援付きおすすめプログラミングスクール
  1. 30代からの転職を狙うならTECH CAMP エンジニア転職
  2. 確実に転職したいならDMM WEBCAMP
  3. オンラインで現役エンジニアに学ぶならCodeCampGATE
  4. オンラインスカウトを活用するならTechAcademy

「教室探しも勉強も転職活動も全部大変だなあ」と思うかもしれませんが、プログラミングスキルは一生ものなので、身に着ければ今後の人生を大きくキャリアアップできますよ!!