ニートから就職するためのおすすめプログラミングスクール4選

この記事で解決できる悩み
  • ニートでもプログラミングを学べば就職できるかな?
  • プログラミングスールを受講するメリットを知りたい
  • ニートでも通える受講料の安いのプログラミングスクールを知りたい

杉本

プロアカ編集部の杉本です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『ニートがプログラミングスクールを受講して就職を目指すときのポイント5つ』を理解すれば、ニートがプログラミングスクールを利用するとき、卒業後の就職を意識しながらプログラミング学習できます。

プロアカ編集部では、実際に9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師からアドバイスを受けているため、プロ視点での失敗しない就職を目指したスクール選びをお手伝いできる内容となっています。

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの菅野さんに監修していただきました!

ご紹介いただいた菅野です。エンジニア目線で皆さんに役立つ情報を提供します!

菅野

 

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それではまず『ニートがプログラミングスクールを受講するメリット4つ』から紹介していきますね。

目次

就職したいニートならプログラミングスクールを受講すべき理由4つ

就職したいニートならプログラミングスクールを受講すべき理由4つ

「プログラミングスクールがどうしてニートにおすすめなの?」と疑問を持つ方に、ニートがエンジニアとして就職したいときにスクールを利用すべき理由を4つ紹介します。

就職したいニートがプログラミングスクールを受講すべき理由4つ
  1. 就職支援を受けられるから
  2. 効率的に学習できる
  3. 現役のエンジニアに話が聞ける
  4. ほかの生徒との交流がモチベーションにつながる

それぞれの理由について、以下で詳しく見ていきましょう!

理由1:就職支援を受けられるから

スクールは企業と独自のつながり(コネクション)を持っているので、スクールの支援を受ければ就職に成功しやすくなることです。

とくにプログラミング未経験の方がエンジニアへの就職を目指す場合、企業とのつながりが少ない転職エージェントや転職サイトを使うよりも、スクールの就職支援を使うほうが成功しやすいですよ!

理由2:効率的に学習できる

スクールを受講すれば、独学よりも効率的にプログラミングスキルが身につきます。

なぜならスクールには、スキルを習得するためのノウハウが蓄積された学習プランやカリキュラムがあるからです。

実際にスクールの卒業生はエンジニアとして就職・転職しているので、実務で通用するレベルまでスキルが身についている証拠ですよね!

理由3:現役のエンジニアに話が聞ける

スクールの講師の中にはフリーランスとして働いている現役のエンジニアもいるので、プログラミング業界の知識や仕事のコツといった生の声が聞けるメリットもあります。

現役のエンジニアからリアルで実践的な情報を聞くことができれば、スクールでの学習や卒業後の将来像に対するモチベーションがアップし、就職への意欲も高まりますね。

理由4:ほかの生徒との交流がモチベーションにつながる

スクールではほかの生徒と交流する機会があり、彼らから刺激を受けて学習のモチベーションを高めることができます。

実務では数人のエンジニアで共同開発を進めるケースが多いので、ほかの受講生とチームで開発するカリキュラムがあるスクールを受講して、実務に近い経験を積んでおきましょう。

ポイント
スクールに通っている間に人と関わることに慣れておくのが大切ですよ!

プログラミングスクール受講前にやること3つ

プログラミングスクール受講前にやること3つ

「スクールを受講する前には何をすればいいの?」とお悩みの方は、事前準備として次の3つをおすすめします。

プログラミングスクール受講前にやること3つ
  1. 就職支援が充実しているスクールを選ぶ
  2. 講師の質に注目してスクールを選ぶ
  3. 無料レッスンやカウンセリングに参加する

それぞれの内容について、以下で詳しく解説しますね。

やること1:就職支援が充実しているスクールを選ぶ

「就職すること」が目的の人は、就職支援が充実しているスクールを選びましょう!

具体的には就職成功率が高いスクールや、就職保証があるスクールがおすすめですよ。

ちなみに就職保証とは、コースを受講しても就職できなかった場合に受講料の全部または一部が返金される制度です。

つまり就職保証があるスクールは、それだけカリキュラムの内容に自信があるということです!

やること2:講師の質に注目してスクールを選ぶ

実務経験がある講師、もしくは現役のエンジニアに教えてもらえるかも調べておきましょう。

中には実務経験がない大学生が講師として採用されている場合もあるので注意が必要です!

またコースの途中で講師が変わると、その都度生徒の習得度のチェックが必要になりますし、マンツーマン形式でなければ疑問点を質問しにくいといった不便も生じるので、そのあたりも事前に調査しておいてくださいね!

いい講師を選ぶときの基準
  • 現役のエンジニアか
  • 同じ講師が卒業まで一貫して教えてくれるか
  • マンツーマンレッスンか

やること3:無料レッスンやカウンセリングに参加する

実際の教室や学習環境の雰囲気、講師との相性などがわかるので、スクールを受講する前に無料レッスンやカウンセリングに参加するのがおすすめです。

特に『あなたのキャリアプラン、理想の生き方や働き方』は無料カウンセリングで話しておくと、それに合うコースなどを教えてくれますよ!

無料カウンセリングを受けることで、大金を払ってスクール選びで後悔するのを防ぎましょう!

就職成功で無料になる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選

転職成功で無料になる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選

就職に成功すれば受講料が無料になるなど、資金に余裕が少ないニートが受講するのにおすすめのスクールを2つ紹介します。

就職成功で無料になる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選

それぞれのスクールのおすすめポイントについて、以下で詳しく解説しますね。

受講中に稼ぐなら侍エンジニア塾 転職コース

侍エンジニア塾
向いてる人
  • 初期費用を無料で受講を開始したい人
  • オンラインで完結させたい人
  • 受講中から稼ぎたい人

侍エンジニア塾 転職コース無料でプログラミングスクールを受講したい人や、受講中にも稼ぎたい人におすすめです。

侍エンジニア塾の転職コースは、審査に合格すれば初期費用無料で受講でき、転職に成功できれば受講料も無料になりますよ。

また、個人案件サポートも行っており、受講期間中に個人でクラウドワークスから案件を受注して実際に稼ぐことができます。

ベンチャー企業に就職したいならPOTEPAN CAMP

ポテパンキャンプ30代
向いてる人
  • エンジニアとしての就職に適した就職支援を受けたい人
  • 就職市場でニーズのあるスキルを身に付けたい人
  • 完全オンラインで受講をしたい人

POTEPAN CAMPベンチャー企業やWebアプリを開発している企業に就職したい人におすすめです。

上記の企業ではRubyが使える人材が求められており、POTEPAN CAMPはRubyについて深く学ぶことができますよ。

エンジニアとして活躍することをゴールにしているので、スキルを身に付け確実に就職ができます。

コースは3つあり、そのうちキャリアコースとビギナーコースはポテパン経由で仕事が決まると受講料が全額キャッシュバックされます。

安く受講できる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選

安く受講できる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選

受講料が無料にはならないものの、少しでも費用を抑えて受講して就職につなげられるスクールは以下の2つです。

安く受講できる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選
  • 費用を抑えてオンライン受講したいならTechAcademy
  • 時間を気にせずオンラインで学びたいならCodeCamp

それぞれのスクールのおすすめポイントは次のとおりです。

費用を抑えてオンライン受講したいならTechAcademy

TechAcademy
向いてる人
  • オンライン完結型のスクールで学びたい人
  • 費用を抑えたい人
  • 学びたい言語がある人

TechAcademy費用を抑えてオンラインで受講したい人におすすめです。

教室を設けないオンライン完結型スクールなので、通学せずに自宅で学習ができます。

また、JavaコースやPHP/Laravelコース、Pythonコースなど、言語ごとのコースがあり、目的の言語別に学ぶことができますよ。

その他にプログラミングやデザイン、マネジメントなど計30種類のコースと、エンジニアへの転職保証付きの「Tech Academy Pro」という特別コースもあります。

時間を気にせずオンラインで学びたいならCodeCamp

CodeCamp
向いてる人
  • オンライン完結型で学びたい人
  • 土日や夜など時間を気にせず学びたい人
  • マンツーマンレッスンで指導してもらいたい人

CodeCampは、平日土日問わず7時〜23時40分の間でレッスンが受けられるので、時間を気にせず学びたい人におすすめです。

学びたい内容に合わせたプランが10コース用意されており、そこから学びたい期間(2・4・6か月)によってそれぞれ料金が設定されています。

マンツーマンレッスンで指導してもらえるので、わからないことでつまづくことなく、スムーズに学習できますよ。

また、無料体験レッスン受講で10,000円の割引クーポンのプレゼントがあったり、友達紹介、新生活応援などで割引になるなど、様々なキャンペーンが開催されているのでぜひ活用しましょう

プログラミングスクールの受講中に意識すること2つ

プログラミングスクールの受講中に意識すること2つ

「ニートってどんな意識でスクールを受講すればいいの?」という方向けに、ニートがキャリア支援を受けながら就職を目指すときに意識したいことを2つ紹介します。

プログラミングスクールの受講中に意識すること2つ
  1. 就職するという強い意志を持ち続ける
  2. 就職活動中はニートだったことを隠さない

自分がニートであることを負い目に感じる必要はありませんよ!

意識すること1:就職するという強い意志を持ち続ける

ひとつ目は「絶対に就職するんだ!」という強い目標を持ち続け、モチベーションを維持することです。

なぜならプログラミングスキルの習得も、ニートからの社会復帰のどちらも本人の強い意志にかかっているからです。

ニートでない方ですらプログラミングの勉強を途中で挫折するケースがある中、ニートは社会復帰するというもう一段高いハードルを乗り越えなければいけないので、強い意志をもって頑張ってくださいね!

意識すること2:就職活動中はニートだったことを隠さない

卒業後にスクールの支援を受けて就職活動を行うときは、ニートだったことを隠す必要はありません。

その理由は、履歴書を見ればニートだったことは採用担当者にわかるからです。

ポイント
下手に取り繕うのではなく、逆にニートからプログラミングスキルを身につけ、就職活動をしている努力をアピールすれば、採用担当者からも高い評価が得られるでしょう。

ニートがプログラミングスクールを受講するときの注意点3つ

ニートがプログラミングスクールを受講するときの注意点3つ

ニートがスクールを受講して就職を目指すとき、就職に失敗しないための注意点は次の3つです。

ニートがプログラミングスクールを受講するときの注意点3つ
  1. 受講や就職支援の年齢制限をチェックする
  2. 学習や就職活動は積極的に行う
  3. フリーランスを目指していてもまずは就職しよう

それぞれの注意点について、以下で詳しく見ていきましょう。

注意点1:受講や就職支援の年齢制限をチェックする

スクールやコースによっては年齢制限があり、受講そのものを断られたり、就職サポートが受けられない場合があります。

たとえばDMM WEBCAMPで就職保証を受けるには、30歳未満が原則で、30歳以上は要相談とされています。

ポイント
一般的には年齢を重ねるほど就職の成功率が落ちると考えられているからですね。

注意点2:学習や就職活動は積極的に行う

2つ目の注意点は、主体的にプログラミングの学習や就職活動に励むことです。

その理由はスクールの就職サポートに頼りきりだと、就職が成功しにくいからです。

プログラミングスキルの習得度が低いと就職支援を受けられないケースもありますし、主体性に乏しい人材を企業の採用担当者が欲しがるとも考えにくいですよね。

注意点3:フリーランスを目指していてもまずは就職しよう

実務経験がない状態でフリーランスとして稼ぐのは難しいので、スクールを卒業後すぐに独立するのではなく、まず企業への就職を目指したほうがいいですよ。

フリーランスには即戦力が求められますし、困ったことが起きても相談できる先がありません。

また実務経験がないと案件の単価を抑えられる傾向にあるので、フリーランスとして有利な立場で働きたい方はまず企業に就職して経験やコネを作りましょう!

実務経験なしでフリーランスになるのが難しい理由
  • フリーランスには即戦力が求められている
  • 問題が起きても相談できる人がいない
  • 実務経験がないと相場がわからず単価が安くなる
  • 仕事を手に入れるコネがない

ニートにおすすめのプログラミングスクールまとめ

ニートにおすすめのプログラミングスクールまとめ

上記で紹介した『ニートがプログラミングスクールを受講して就職を目指すときのポイント5つ』を意識してプログラミングスクールを選んで学習を続ければ、ニートからエンジニアとして就職することができますよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

ニートにおすすめのプログラミングスクールのまとめ
  • 現役エンジニアが講師をしていて、就職支援が充実しているスクールを選ぼう
  • 就職するという強い意志を持ってプログラミングの学習や就職活動をしよう
  • スクールによっては受講や就職保証に年齢制限があるので、受講を決める前に確認しよう
就職成功で無料になる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選
安く受講できる!ニートにおすすめのプログラミングスクール2選
  • 費用を抑えてオンライン受講したいならTechAcademy
  • 時間を気にせずオンラインで学びたいならCodeCamp

ニートから就職を目指すのは簡単なことではありません。

社会や対人の恐怖など、人それぞれの問題があるかと思います。

しかし勇気を出して一歩踏み出すために、まずはプログラミングスクールを選ぶことから始めてみましょう。