効率よく学べる!プログラミングスクールで予習すべき理由2つと注意3つ

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングスクールでの予習のコツとは?
  • スムーズに受講できるプログラミングスクールが知りたい
  • プログラミングスクールを選ぶ際のポイントとは?

と悩んでいる方の悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『プログラミングスクールの予習ですべきこと3つ』を理解すれば、未経験者の方でもスムーズに受講できます。

なぜなら私も予習のコツを意識したことで、あらかじめ質問を準備でき、学習内容の理解度が高まったからです。

それでは以下で『予習すべき理由2つとすべきこと3つ』について紹介しますね。

プログラミングスクールの授業前に予習すべき理由2つ

プログラミングスクールで予習すべき理由2つ

プログラミングスクールでの授業を予習すべき理由2つについて解説します。

理由を知っておけば、予習がいかに重要なのかが理解できますよ!

予習すべき理由2つ
  • スムーズに理解できる
  • 効率よく学習できる

理由1:スムーズに理解できる

1つ目の理由は、スムーズに理解できることです。

受講の際に知らない単語が出てきた場合、話についていけなくなる可能性もあります。

スムーズに講義を聞くためにも、あらかじめプログラミングの基礎用語については確認しておきましょう。

覚えておくべき基礎用語については、のちほど紹介しますね。

理由2:効率よく学習できる

理由2つ目は、効率よく学習できることです。

あらかじめ授業内容を頭に入れておけば、応用部分の解説でさらに理解が深まります。

たとえば、次の単元はどんなコードを使うのか、どんな時に使うのかだけでも押さえておくと違います。

効率よく学習できて、短い期間でプログラミングを覚えられますよ!

プログラミングスクールの予習準備ですべきこと3つ

プログラミングスクールの予習準備ですべきこと3つ

次にプログラミングスクールで予習すべき3つのことについて把握しておきましょう。

予習もやり方を工夫するだけで、効率よく学習でき、スムーズな受講ができます。

では以下で、予習準備ですべきここと3つについてそれぞれ解説していきますね。

予習準備ですべきこと3つ
  • プログラミングの基本用語は頭に入れておく
  • 単元の内容をネットで下調べしておく
  • あらかじめ質問を準備しておく

すべきこと1:プログラミングの基本用語は頭に入れておく

1つ目のすべきことは、プログラミングの基礎用語をあらかじめ把握しておくことです。

受講の際にわからない用語が一つでもあると、話が理解できなくなる可能性があるからです。

基礎用語の意味を把握しておけば、スムーズに話を聞けるので、最低でも以下の用語は確認しておきましょうね。

たとえばTECH::CAMPの場合、以下のような基礎用語は頭に入れておくことを推奨していますよ!

チェックしておくべき基礎用語
  • テキストエディタ:プログラムを編集するためのツール
  • 高級言語:人間が理解しやすいプログラミング言語
  • 低級言語:コンピュータがそのまま解釈して処理できるプログラミング言語
  • ソースコード:プログラムの文字列
  • 実行形式:コンピュータが解釈して実行できる形式
  • ビルド:コンピューターが実行できる最終的なファイルを作成
  • ラッパー:ソフトウェアやプログラムのクラスなどを、異なる環境で利用できるようにする
  • コミット:変更の確定
  • デバッグ:プログラムのバグを発見して修正する作業
  • バグ:プログラムのエラー
  • 例外:バグとは異なる想定されたエラー
  • ファイルパス:パソコンやインターネット上のファイルやフォルダの場所の指定方法

すべきこと2:単元の内容をネットで下調べしておく

すべきこと2つ目は、単元の内容をネットで下調べしておくことです。

理由は次の単元でやることをあらかじめ把握しておけば、勉強をスムーズに進められます。

単元の名前で調べれば、どんなことをするのか検索結果が表示されますので、ある程度頭に入れておくことも重要ですよ!

すべきこと3:あらかじめ質問を準備しておく

3つ目にすべきことは、あらかじめ質問を準備しておくことです。

理由は、授業の際にまとめて疑問点を聞けるからです。

講師に質問をする際は、質問リストなどに内容をまとめておき、解決策も質問と一緒に書いておけば見返すことができます。

ノートなどに質問をメモしておくなど工夫すると、効率よく学習できますよ!

プログラミングスクールの予習をする際の注意点2つ

プログラミングスクール予習の注意点2つ

プログラミングスクールで予習する際の注意点についても紹介します。

失敗しないためにも、あらかじめ注意点2つを把握しておきましょうね。

予習をする際の注意点2つ
  • 一人で考え込まない
  • 実際に手を動かして練習する

注意点1: 一人で考え込まない

1つ目の注意点は、1人で考え込まないことです。

なぜなら、わからないことを1人で悩んでいても解決できないからです。

疑問点があったら、速やかに講師やプログラミングに詳しい知り合いに質問するようにしましょうね。

注意点2:実際に手を動かして練習する

注意点2つ目は、実際に手を動かして練習することです。

手を動かして練習しておくと、実際のカリキュラムを進める際、焦りを感じたり不安な気持ちになることは避けられます。

予習にお金をかけたくない方は、「ドットインストール」と「Progate」がオススメですよ!

予習だけではダメ!プログラミングスクール復習のコツ3つ

予習だけではダメ!プログラミングスクール復習のコツ3つ

次にプログラミングスクールで、復習する際のコツについて把握しておきましょう。

習った内容を頭に定着させるには、そのあとの復習によるケアが重要になります。

以下で、復習する際のコツ3つについて紹介しますね。

復習のコツ3つ
  • 暗記ではなく実践する
  • きちんと理解するまで繰り返す
  • 新しいワードが出てきたら必ず押さえる

コツ1:暗記ではなく実践する

コツ1つ目は、暗記ではなく実践することです。

理由は暗記だと時間の経過で忘れてしまい、スキル習得できないからです。

実践であれば間違えながら覚えられ、頭に定着しやすいため、きちんとスキルを習得できますよ!

スムーズにプログラミングを学習するためにも、手を動かして覚えることを意識しましょうね。

コツ2:きちんと理解するまで繰り返す

コツ2つ目は、理解するまで同じことろをやり続けることです。

なぜならわからないところを潰しておかないと、再現性のあるプログラミングスキルを身につけられないからです。

プログラミングは一つ一つ意味があるので、どれか一つでも間違えてしまうと機能しなくなります。

質の高いものを作るためにも、わからない箇所は講師に質問して、隙の無いようにしておきましょうね。

コツ3:新しいワードが出てきたら必ず押さえる

3つ目のコツは、新しいワードはメモして押さえておくことです。

プログラミングの講義の傾向として、初期に出てくるワードは後半も頻繁に出てくるので、覚えていないと話についていけなくなります。

後半悩まないためにも、新しいワードは必ずチェックしておきましょうね!

短期間で学べる!オススメ人気プログラミングスクール3選

オススメ人気プログラミングスクール3選

最後にスムーズに短期間で勉強したい方は、挫折率が圧倒的に少ない人気プログラミングスクールを検討してみるのもオススメです!

今から紹介スクールは講師の質が高く、手厚いサポート環境で学習できるので、未経験者でも挫折率が低いうえに満足度も高いです。

では以下で、プログラミングスクール3選について詳しく紹介しますね!

プログラミングスクール3選

高確率で転職したいなら:DMM WEB CAMP

DMMWEBCAMP

DMM WEB CAMPは、高確率で転職したい方にオススメのスクールです。

成功率98%と高く、転職保証(転職できなければ全額返金保証が付帯)がついているので、未経験者の方でも安心してプログラミングを学べます。

またキャリアアドバイザーが受験生の理想や強みを引き出し、個人にあった企業を紹介してくれるので、納得できる就職先が見つかります。

実務に近い実践的なカリキュラムを受けることも可能なので、就職先でいち早く活躍したい方にはオススメですよ!

独学でつまずいた経験あるなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、独学でつまずいた経験のある方にオススメのスクールです。

オーダーメイドカリキュラムを活用すれば、理解できている範囲を省略して、つまずいているところからレッスンを始められます。

そのためムダな学習時間を取らなくて済むので、効率よく勉強したい方には最適!

開発に必要なスキルに特化したレッスンも受けられるので、学ぶ言語が決まっており、詳しく学びたい方にもオススメですよ!

99%の高確率で転職したいなら:TECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

TECH CAMP エンジニア転職は、99%の高確率で転職したい方にオススメのスクールです。

未経験者が全体の99%を占めながら、転職成功率も99%を誇っているので、転職を成功させたい方には頼もしいスクールです。

また転職保証を受けるのに年齢制限も選考もないので、学生・サラリーマン関係なく対象。

最初から転職を目指している方にはオススメですよ!
※転職向けのコースのほとんどに30歳までの年齢制限と選考テストがあります。

プログラミングスクールでは予習の他に復習も重要!

プログラミングスクールでは予習の他に復習も重要!

上記で紹介した『プログラミングスクールでの予習ですべきこと3つ』を理解していただくと、今後はプログラミングスクールの予習での悩みはなくなります。

そしてスムーズに受講できるようになります。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

この記事のポイント
  • プログラミングの基本用語は覚えておく
  • 単元の内容をネットなどで下調べをしておく
プログラミングスクール3選

プログラミングスクールでは予習を行うことも大切ですが、受講後の復習も重要になってきます。

受講したからと安心せず、自分で時間を作り、再度受講内容を実践しましょうね。

『プログラミングスクールでの予習ですべきこと3つ』について理解できたら、次に『プログラミングスクールがムダにならないたった3つのコツ』の記事を読んでみましょう。

3つのコツを理解すれば、効果的にスキルを身に着けられますよ!

プログラミングスクールが無駄にならないたった3つのコツプログラミングスクールが無駄にならないたった3つのコツ