将来性が高い「Python」を学べるプログラミングスクール5選

この記事で解決できる悩み
  • Python(パイソン)ってどんなプログラミング言語なの?
  • Pythonを習得すればどんなことができるの?
  • Pythonを学べるプログラミングスクールを知りたい

杉本

プロアカ編集部の杉本です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール4選』『Pythonを学べるプログラミングスクールを選ぶコツ3つ』を理解すれば、自分の目的にあわせてPythonを学べるプログラミングスクールを選べますよ。

実際にプロアカ編集部では、17社を超えるプログラミングスクールの特徴を調査してGoogleスプレッドシートにまとめ、「対応している言語・学べる方向性(AI・データベース ほか)」などを徹底比較しました!

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策と、言語概要の正確性の担保として、現役エンジニアの大塚さんに監修していただきました!

現役エンジニアの大塚です。皆さんのプログラミングライフに役立つ記事をご案内いたします!

大塚

 

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それではまず『Pythonが学べるプログラミングスクール6社を比較』から紹介していきますね。

Pythonが学べるプログラミングスクール6社を比較

Pythonが学べるプログラミングスクール6社を比較Pythonが学べるプログラミングスクールを簡単に比較しました。

比較表の料金は受講料を日割りにした金額なので、詳細な学習期間や時間は各スクールのホームページで確認してください。

特におすすめのプログラミングスクールは後で詳しくご紹介しますね!

プログラミングスクール転職
成功率
学習
支援
料金
/日
オン
ライン
受講
教室


公式ページを見る
花丸
0.27万円~完結型(※2)


公式ページを見る

94.1%
0.55万円~


公式ページを見る
0.25万円完結型(※2)


公式ページを見る
660
(月額制)




公式ページを見る
0.36万円~完結型(※2)


公式ページを見る
0.67万円

※1:webエンジニアコースのみ

※2:オンラインで完結

・東:東京、名:名古屋、大:大阪

※値段:日割りにしています

【はじめに】Pythonでできること4つ

【はじめに】Pythonでできること4つPythonを身につけると次の4つが可能になります。

その理由は、Pythonは汎用性が高いからです。

Pythonでできること4つ
  1. 人工知能(AI)の開発
  2. データ分析や解析
  3. Webアプリケーションやサービスの開発
  4. IoT技術の開発

順にくわしく解説します。

Pythonでできることをご存知の方は、この見出しは読み飛ばして「Pythonを学ぶメリット」から読み進めてください!

できること1:人工知能(AI)の開発

Pythonは人工知能の開発でよく使われる言語です。

人工知能が使われている例
  • 検索エンジン
  • SiriやAlexaなどの音声認識アシスタント
  • 自動車の自動運転機能

なぜならPythonは、ほかのプログラミング言語よりコードがシンプルで習得しやすいだけでなく、機械学習に向けたフレームワークやライブラリが充実しているからです。

ちなみにフレームワークとは、システム開発を効率化できる骨組みのようなもので、ライブラリとは汎用性の高いプログラムのまとまりを指します。

ポイント
フレームワークやライブラリを利用すれば、効率的に開発ができますよ!

できること2:データ分析や解析

Pythonを使えば、データの分析や解析を効率的に行うことができます。

その理由は、Pythonは文章・画像のデータを自動的に収集して、表やグラフに可視化できるからです。

たとえばTwitterのトレンドや注目度の高いツイートを分析すれば、伸びやすいツイートの傾向がわかりますよね。

それを意識してツイートすれば、自分のツイートの注目度を上げることができますよ!

できること3:Webアプリケーションやサービスの開発

Pythonでは、効率よくWebアプリケーションやサービスの開発も行うことができます。

なぜならライブラリを使えば、Webアプリで必要なログイン機能や投稿機能、シェア機能などを一から自作する必要がなくなるからです。

じつは、YouTubeの動画共有サービスやInstagramの写真共有サービスも、Pythonで作られているんですよ!

Pythonで作られているアプリの例
  • YouTube
  • Instagram
  • DropBox

できること4:IoT技術の開発

IoTに使われているコンピュータデバイスをPythonによって制御すれば、IoTの開発もできるようになります。

ちなみにIoTとは「Internet of Things」の略で、家電製品の遠隔操作や自動運転システムといったモノがインターネットでつながる技術です。

プログラミング未経験者にとってはPythonとIoTはつながりがないように感じますが、以外と近い関係にあります。

Pythonを学ぶメリット3つ

Pythonを学ぶメリット3つ「Pythonにはどんなメリットがあるの?」と疑問を持つ方に、Pythonを学ぶメリットを3つ紹介します。

Pythonを学ぶメリット3つ
  1. 将来性がある
  2. 平均年収が高い
  3. 習得難易度が低い

Pythonを習得するメリットがわかれば、学習のモチベーションにつながりますよね!

メリット1:将来性がある

ひとつ目のメリットは、Pythonの人気はここ数年で大きく伸びていて、今後さらに需要が高まると見込まれることです。

その理由は、Pythonは機械学習や統計分析への活用が増えているからです。

実際に以下の画像をご覧ください!

プログラミング言語の人気を測る指標のひとつである「TIOBE」によれば、Pythonは話題のプログラミング言語ランキングの3位に入っています!

TIOBE1

 引用:TIOBE

また、以下の画像はPythonの人気がここ数年で大きく伸びていることをあらわしていますよ。

TIOBE2

引用:TIOBE

メリット2:平均年収が高い

Pythonの人気が高まったことで、Pythonを使えるエンジニアの需要も高まり、平均年収が高水準になっています。

求人検索エンジン「スタンバイ」によるプログラミング言語別年収ランキング2018によれば、Pythonは年収の中央値がGoとScalaに次いで3位(575.1万円)であり、最大提示年収もGoに次いで2位(1,499万円)にランクインしています。

求人検索エンジン「スタンバイ」プログラミング言語別年収ランキング2018

引用:ビズリーチ

ポイント
Pythonはクラウドソーシングの案件の単価も高いので、身につけるメリットは大きいですよ!

メリット3:習得難易度が低い

Pythonは記述がシンプルでプログラミング言語の中では難易度が低いので、習得しやすい言語です。

また、ほかのプログラミング言語と比べて必要な機能があらかじめ備わっています。

入門レベルのエンジニアになるまでの目安としては、習得が難しいとされるJavaやCでは4~6カ月かかりますが、Pythonなら2~3カ月程度ですみますよ。

Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール5選

Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール5選Pythonが学べるプログラミングスクールの中から、プログラミング未経験者でも通えるおすすめのスクールを5つ紹介します。

Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール5選

ただし実際の雰囲気があうかどうかは個人差があるので、無料体験授業やカウンセリングに参加してから申し込んでくださいね!

AIやデータサイエンスについて学びたいならTechAcademy

TechAcademy
向いてる人
  • 機械学習について学びたい人
  • AIやデータサイエンスについても深く学びたい人
  • コストを抑えたい人

TechAcademyは、AIやデータサイエンスについても深く学びたい人におすすめです。

PythonコースのほかにAIコースやデータサイエンスコースがあり、Pythonとのセット受講もできますよ。

完全オンラインですが、チャットで気軽に質問できて、週に二回学習の進展確認があるので、挫折せずに学べます。

受講すれば学習と平行して無料転職サポート「TechAcademyキャリア」が受けられるので、転職を考えている人にもおすすめですよ。

AI技術も学びたいなら侍エンジニア塾

侍エンジニア塾
向いてる人
  • 人工知能について学びたい人
  • 実際にAIを作成してみたい人
  • 専属講師の元で学びたい人

侍エンジニア塾Pythonを基礎から学び、オリジナルのAIを作成してみたい人におすすめです。

実際のAIを参考にオリジナルのAIを作成できるので、就職・転職のための実績になります。

理解度にあわせたカリキュラムが組め、現役エンジニアの専属講師が入塾から卒業まで指導をしてくれるので、挫折しにくいですよ。

業務効率化できるスキルを習得するならCodeCamp

CodeCamp
向いてる人
  • データ処理を自動化したい人
  • 実践的なスキルを身につけたい人
  • マンツーマンレッスンを受けたい人

CodeCampPythonを使ってデータ処理を自動化し、業務を効率化するスキルを学びたい人におすすめです。

Web上から欲しいデータを抽出し、ExcelやCSVに落とすといった実務レベルで使うスキルを身につけることができます。

単純作業をこなすプログラムが作れるようになったり、練習問題を解いて類似のタスクを自動処理できる技術を高められます。

マンツーマンで指導を受けられるので、わからないことがあればすぐ聞ける環境が整っていますよ。

Python以外も一緒に学びたいならTECH CAMP プログラミング教養

TECH CAMPプログラミング教養
向いてる人
  • Python以外の言語も一緒に学びたい人
  • 経営者、Webマーケターなど、エンジニアに仕事を振る立場の人

TECH CAMP プログラミング教養は、『Python以外にも広い範囲のIT知識を得たい人』『社員の的確な人員配置を行いたい経営者』などにおすすめです。

「月額制で最新技術を学び放題」というシステムなので、月額19,800円でPython以外にもHTMLやRuby、JavaScriptなどの知識を身につけることができますよ。

Pythonについては人工知能のプログラムやそれを活用したアプリ開発、取得したデータから株価予想を行うといった内容を学べます。

Pythonの知識を幅広く身に付けたいならAidemy Premium Plan

Aidemy Premium Plan
向いてる人
  • Pythonの知識を幅広く身に付けたい人
  • 自分の興味がある分野から選んで学びたい人
  • AIエンジニア向けの資格を取得したい人

Aidemy Premium PlanはPython特化型AIプログラミングスクールで、プログラミング未経験からPythonについて深く学びたい人におすすめです。

AIアプリ開発コース、データ分析コース、自然言語処理コース、LINEチャットボット開発コースから自由に選んで受講できるので、Pythonの知識を幅広く身に付けることができますよ。

さらに発展的な内容として、AIマーケティングコースとJDLA E資格対策コースもあります。

Pythonを学べるプログラミングスクールを選ぶコツ3つ

Pythonを学べるプログラミングスクールを選ぶコツ3つ「プログラミングスクールがたくさんあって、どれがいいのかわからない」という方でも、スクール選びの3つのコツを押さえれば大丈夫です!

Pythonを学べるプログラミングスクールを選ぶコツ3つ
  1. スクールを選ぶ判断基準を決めよう
  2. 無料レッスンやカウンセリングに参加しよう
  3. 無料のプログラミングスクールは避ける

それぞれのコツについて、以下で詳しく解説しますね。

コツ1:スクールを選ぶ判断基準を決めよう

自分がスクールに求めるサービスを選ぶ基準を決めておくと比較しやすくなりますよ。

なぜならスクールにはそれぞれ学習内容にことなる特徴があるからです。

Pythonの場合、大きく分けて「AI」か「データ分析」を学べるスクールが多いので、どちらを学びたいかで選びましょう。

ポイント
そのほかは料金や受講期間、オンラインかオフラインかといった条件に優先順位をつけて選ぶと決めやすくなりますよ!

コツ2:無料レッスンやカウンセリングに参加しよう

無料レッスンやカウンセリングを受けることで、実際のスクールや授業の雰囲気がわかります。

また、自分のキャリアにあわせた学習方法を提示してもらえたり、スクールの公式サイトには載っていない細かいサポートの内容を質問できたりしますよ。

公式サイトの情報やネットの口コミだけで申し込むと、実際に授業が始まった後にミスマッチが起きて、学習のモチベーションが下がってしまうので気をつけましょう!

コツ3:無料のプログラミングスクールは避ける

無料のプログラミングスクールを避けたほうがいい理由
  • 紹介される就職先の選択肢が少ない
  • 講師の質が良くない
  • カリキュラムが古い
  • 一定の条件を満たさないと違約金が発生する

無料のプログラミングスクールは評判がよくないので、避けるべきです。

その理由はカリキュラムが古かったり講師の質が悪く、十分な教育が受けられない可能性があるからです。

また、紹介される就職先が少なかったり、決められた企業に就職しないと違約金を取られるケースもあります。

注意
結局有料のスクールに通い直すことになると、時間が無駄になるので気をつけましょう!

【Q&A】Pythonに関する質問2つ

【Q&A】Pythonに関する質問2つPythonが学べるスクールに通う前に、Pythonについてよくある質問に2つお答えします。

ポイント
  1. Pythonでフリーランスとして働ける?
  2. スクール受講前にPythonの予習はできる?

もやもやをすっきりさせて、Pythonの学習に励んでくださいね!

Q&A1:Pythonでフリーランスとして働ける?

フリーランスとして生計を立てたいなら、JavaやC言語、Rubyといった案件の数が多いプログラミング言語の仕事もこなせるようにしておきましょう。

その理由は、Pythonの需要は高まっているとはいえ、ほかの言語と比べると案件の数はまだ少ないからです。

またPythonはチームを組んでの開発が多いので、在宅勤務のみで稼ぐのは難しいといえます。

Q&A2:スクール受講前にPythonの予習はできる?

無料でプログラミングを学習できるオンライン学習サービスがあるので、それを利用すればスクールを受講する前にPythonの予習ができますよ。

ドットインスールやProgate以外にも、Pythonに特化した学習サービスであるAidemyもおすすめです。

スクール受講前でモチベーションが高まっているチャンスを生かして、いいスタートダッシュを切ってくださいね!

無料でプログラミングの勉強ができるオンライン学習サービス

Pythonが学べるプログラミングスクールまとめ

Pythonが学べるプログラミングスクールまとめ上記で紹介した『Pythonを学べるプログラミングスクールを選ぶコツ3つ』を実践していただくと、どのスクールでPythonを学べばいいのか悩むことはなくなり、自分に一番合うスクールを選ぶことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

Pythonが学べるプログラミングスクールまとめ
  • Pythonはデータ分析や解析、人工知能の開発に使用されている
  • Pythonの需要は増加しており、今後さらに需要が増えるといわれている
  • プログラミングスクールを選ぶ基準を決めて、無料体験レッスン・カウンセリングに参加しよう
Pythonが学べるおすすめプログラミングスクール5選

プログラミング初心者だと、学習をはじめてすぐは『難易度が低いって言ってもやっぱり難しい』と思うかもしれないですが、プログラミングスクールを上手に利用してPythonの習得を目指しましょう。