短期間で学べるプログラミングスクール4選と失敗しないコツ4つ

この記事で解決できる悩み
  • 最短でスキルを身につけられるプログラミングスクールを知りたい
  • 短期間でスキルを身につけて転職したい
  • しっかりエンジニアとして転職できるスクールを知りたい

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『短期間のプログラミングスクールで失敗しないコツ4つ』を理解すれば、安心して短期間でプログラミングを学べますよ!

プロアカ編集部では9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師から短期間で学ぶコツやスクールの選び方を聞いてきました!

さらにこの記事は、編集部やスクール講師の情報に偏らないよう、現役エンジニアの菅野さんに監修の上作成しています!

こんにちは、菅野です。皆さんに価値のある情報を提供できれば幸いです。

菅野

 

プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それでは以下で『短期間のプログラミングスクールで失敗しないコツ4つとおすすめプログラミングスクール4選』について紹介しますね。

プログラミングスクールは短期間でスキルを習得できる!

プログラミングスクールには最短1ヶ月コースから半年以上のコースが用意されており、スクールによって異なります。

ただ一概に言えることは、スクールに通えば『未経験者が最短でプログラマーになるためのカリキュラム』で学べるので、独学と比べても圧倒的に成長スピードが早まります。

また、スクール講師にわからないところをすぐに聞けるので、わからないことは100%解決できるのでスキル習得も早められるのです。

プログラミングスクールは最短1ヶ月間で学べる!

プログラミングスクールは、最短1か月で学べるプランも多くあります。

しかしプログラミングを習得して転職したり、商品として開発したりする場合、ノウハウやスキルを学ぶ必要があるので3か月はスクールで学習することをおすすめします。

なお侍エンジニア塾のように「カリキュラムをオリジナルで作成してくれるスクール」では、より早く習得可能でしょう。

短期間に絞ってプログラミングスクールに通うデメリット2つ

短期間でプログラミングスクールに通う場合、メリット・デメリットがあります。

デメリットが自分にとってかなり難しいと感じた場合には、短期間、特に1ヶ月ほどでの学習は避けましょうね。

まずはデメリットをみていきましょう。

1:短期間に結構な時間を割かなければならない

短期間で学ぶ場合は、日常生活の多くの時間をプログラミングに割かなければなりません。

なぜなら学習内容を詰め込んで勉強するからです。

3か月で受講する学習内容を、1か月で学ぶくらいの気持ちで勉強する必要があるのです。

たとえば土日・祝日や平日の大半の時間をプログラミング学習に割ければ、1か月で学べます。

2:目的を持っていなければスキルは身に付かない

次に、短期間で学ぶ場合、明確な目的を持っていないとスキルは身に付きません。

なぜなら目的がないと「自分に必要なスキル」がはっきりとしないため、うまく質問できず今後に活かせるスキルを身につけられないからです。

短期間でプログラミングを学ぶ場合、短い期間中に聞きたい点をすべて質問して、疑問点をすべて解消するとスキルが身に付くので、受講前にスクールに通う目的を決めておきましょう。

3ヶ月で学べる!おすすめプログラミングスクール3選と選び方5つ3ヶ月で学べる!おすすめプログラミングスクール3選と選び方5つ

短期間に絞ってプログラミングスクールに通うメリット5つ

ここからは短期間でプログラミングスクールに通うメリットをみていきましょう。

このメリットが非常に魅力的に思えた方は、短期間でのプログラミング学習が向いていますよ!

1:早く転職・就職できる

1つ目のメリットは、早く転職・就職可能な点です。

なぜなら短期間でプログラミングを習得可能だからです。

1か月コースでプログラミングを習得できれば、すぐに転職先を探し始められます。

今の仕事を辞めてすぐに転職したい人は、この後に紹介する「短期間で学べるオススメのスクール4選」の受講を検討してみてください。

2:値段が安く済む

2つ目のメリットは、受講料が安い点です。

なぜならプログラミングスクールに通う期間が長くなるほど、毎月の月額費用を支払うので負担が大きくなるからです。

1か月の短期間なら月額費用の負担が少ないので、長期コースで学ぶよりも節約できます。

実際に侍エンジニア塾で見てみると、4週間プランと12週間プランでは4週間プランの方が136,000円も安いことが分かりますね!

そのためなるべく受講料を安く済ませたい方にもオススメです。

3:モチベーションを維持できる

3つ目のメリットは、モチベーションを維持可能な点です。

なぜなら短期間の場合、挫折するケースが少ないからです。

学習を始めたときはモチベーションが高く、やる気もありますが、期間が長くなるほどモチベーションは下がりやすくなります。

そのため短期間で高いモチベーションを維持しながら学習したい方にもオススメです。

4:スキルを短期間で身につけられる

4つ目のメリットは、短期間でスキルを身に付けられる点です。

なぜなら必要なスキルをスピーディーに習得可能だからです。

短期間で受講可能なスクールには、短期間で学ぶためのノウハウや、個人に合わせたカリキュラムがあるため、独学や長期コースよりも効率よく学べます。

そのため最短でプログラミングのスキルを身に付けたい方にもオススメです。

5:作りたいものを早く作れる

5つ目のメリットは、「自分が作りたいもの」を早く作れる点です。

ものづくりの知識や、そのために必要なプログラミングスキルが早く身に付きます。

短期間でポートフォリオを作成可能なプログラミングスクールもあるので、1ヶ月ほどで「自分が作りたいもの」に取り組みたい方にもオススメです。

短期で学べる!おすすめプログラミングスクール4選

ここからは短期間で学べる「未経験者にオススメのプログラミングスクール4選」を紹介します。

たくさんプログラミングスクールがありすぎて選べない!』という人は必見なので、最後まで見て見てくださいね。

フリーランスや副業をしたいなら:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

フリーランスや副業をしたいなら、侍エンジニア塾がオススメです。

なぜなら一人ひとりにあわせたカリキュラムで学習でき、フリーランスや副業向けのサポートが充実だからです。

フルオーダーメイドカリキュラムなので、1か月の短期間で「自分に必要なスキルだけ」を身に付けられます。

そして、受講期間中に個人でクラウドワークスなどで獲得した案件のサポートをしてくれる『案件獲得サポート』が用意されているので、受講期間中に実践経験を積みつつ稼ぐことも可能ですよ!

98%の高確率で転職したいならDMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP

高確率で転職したいなら、DMM WEBCAMPがオススメです。

なぜなら転職成功率が98%なカリキュラムを用意しているからです。

またチーム制作もあり、実務のような経験が可能なため、短期間でスクールに通ったとしても転職時のアピールになります。

DMM WEBCAMPには多くの転職実績があるので、通学しながらポートフォリオを作成して、短期間で確実に転職したい方にオススメです。

30代で転職したいならTECH CAMP エンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職

30代で転職したいなら、TECH CAMP エンジニア転職がオススメです。

なぜなら30代の転職サポートが整っている貴重なスクールからです。

30代で転職支援をしてくれるスクールは少ないですが、未経験者でも転職成功率が90%もあり、受講者の3人に1人は30代となっています。

一般公開されていない独自の求人もあるので、30代で転職を考えている方にオススメです。

格安でオンライン受講したいならTechAcademy Pro

TechAcademyPro

格安でオンライン受講したいなら、TechAcademy Proがオススメです。

なぜなら完全オンライン型なので、仕事しながらでも効率よく学べ、料金も安いからです。

コースによっては約10万円の格安コースで受講でき、転職支援は6か月間も手厚く受けられますよ!

完全オンライン型で受講料が格安で、さらに転職保証が付いているところを探している方にオススメです。

短期間のプログラミングスクールで失敗しないコツ4つ

プログラミングスクールに通っても、挫折してしまう方は2%ほどいます。

ただ、失敗しないコツをきちんと把握しておけば、スクールで挫折したり目標を達成できないことはありません!

短期間でプログラミングスクールに通うときは、以下のコツをおさえて失敗しないよう注意しましょう。

コツ1:目的を明確にする

まずはプログラミングを学ぶ目的を明確にしましょう。

なぜなら目的があると成長スピードが早くなるからです。

短期間で学ぶとき、目的がある人とない人では成長スピードに差が出てしまいます。

漠然と「お金を稼ぎたい」ではなく、プログラミングを学ぶ目的を明確にしてから受講するのがコツです。

たとえば以下のような目的があるので、自分で決める点をオススメします。

  • 短期間でプログラミングを習得して、すぐに転職したい
  • 短期間でプログラミングを学びながら、いずれは独立したい
  • プログラミングスキルを身に着けて、自信をつけたい

コツ2:無理のない学習スタイルを決める

次に、ムリのない学習スタイルを考慮しながら選ぶようにしましょう。

なぜならムリがあると長続きしないからです。

プログラミングスクールに通うときは、「通学制」と「オンライン」を選べます。

仕事をしているなら、通学制は通う負担が大きくなりやすいでしょう。

費用や期間だけでなく、自分の状況を考えてムリのない学習スタイルを選ぶ点がコツです。

コツ3:転職保証のあるスクールを選ぶ

転職をしたくてスクールに通う方は、転職保証があるスクールを選びましょう。

なぜなら「転職支援」と「転職保証」には違いがあるからです。

「転職支援」とは、転職サポートとして仕事がもらえる場を提供しているだけですが、「転職保証」はキャリア相談を行なって、受講者が転職できることにコミットしています。

そのため、確実に転職したい場合は、転職保証が付いているスクールを選ぶ点がコツです。

コツ4:ポートフォリオを作れるかを確認する

ポートフォリオを作成可能なスクールを選びましょう。

なぜなら転職時に、これまでの実績をアピールできるからです。

未経験者が転職する場合、実績がないと優良企業に採用されにくいので、ポートフォリオを作成して自分のスキルや実績をアピールする必要があります。

また自分が作りたいものがある方は、受講中に制作可能なスクールを選ぶ点がコツです。

プログラミングスクールの無料体験・相談会を活用しよう!

『気になったスクールがあっても、すぐにお金を振り込むには金額が大きい』と感じる方もいらっしゃいますよね。

そんな時は、ほとんどのプログラミングスクールで用意されている、無料カウンセリングや体験会を活用しましょう!

無料カウンセリングや体験会では、自分のキャリア相談もできて最適なコースも提案してもらえますし、今抱える悩み相談もできるためプログラミング未経験者にもおすすめです!

オンライン開催のスクールもあるので、自分の好きな時間に受けられますよ!

最短・短期間のプログラミングスクールまとめ

上記で紹介した『短期間のプログラミングスクールで失敗しないコツ4つ』を実践していただくと、今後は本当に短期間のスクールでスキルを身につけられるのかと悩むことは一切なくなり、自信を持ってスクールでプログラミングを学ぶことができます。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

短期間のプログラミングスクールで失敗しないコツ4つ
  • 目的を明確にする
  • 無理のない学習スタイルを決める
  • 転職保証のあるスクールを選ぶ
  • ポートフォリオを作れるかを確認する
おすすめプログラミングスクール4選
  1. フリーランスや副業をしたいなら:侍エンジニア塾
  2. 98%の高確率で転職したいなら:DMM WEBCAMP
  3. 30代で転職したいなら:TECH CAMP エンジニア転職
  4. 格安でオンライン受講したいなら:TechAcademy Pro

本当に失敗しないの?と最初は思うかもしれないですが、一度コツを掴んでしまえばスクールで挫折することはありません。

しっかりとコツを掴み、短期間でプログラミング学習の質をグンとあげましょう!