TechAcademyでフリーランスに!おすすめコースと案件獲得方法4つ

この記事で解決できる悩み
  • TechAcademyでフリーランスになれるの?
  • フリーランスになるならどのコースがオススメ?
  • 卒業後はどうやってフリーランス案件を取るの?

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で紹介する「おすすめコース・スキル」と「卒業後のフリーランス案件受注方法4つ」を理解すれば、未経験からフリーランスエンジニアになる方法がわかりますよ!

なぜなら、プロアカ編集部では、TechAcademyを含めた9 社以上の無料カウンセリングや相談会へ参加して、スクール講師からフリーランスになるためのアドバイスを受けたからです。

さらに、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの荒木さんに監修していただきました!

現役エンジニアの荒木です!みなさまに有益な情報を提供できるようお手伝いいたします。

荒木

プロのエンジニア・講師の協力のもとでみな様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

それでは、まずは「TechAcademyではフリーランスのフロントエンドエンジニアを目指そう!」から紹介していきますね!

TechAcademyではフリーランスのフロントエンドエンジニアを目指そう!

TechAcademy

TechAcacademyでフリーランスになるなら、フロントエンドコースの12週間プランをオススメします。

理由は、初心者でも習得にかかる時間が比較的短く、需要が高いため案件数も多いからです。

フロントエンドエンジニアの業務は、サイト制作・テーマ制作・LP実装など、Webサイトをユーザーが見て使うための整備です。

TechAcademyでは現役エンジニアのレッスンを受けながら、オリジナルサイトを作るカリキュラムを学ぶので、卒業後は成果物付きで案件に応募出来るようになりますよ!

受講期間はオリジナルサイトの制作もあるので、12週間は確保したいですね!

フリーランス志望者にTechAcademyフロントエンドコースを推奨する理由4つ

将来のキャリアのためにフロントエンドコース!フリーランス志望者にフロントエンドコースをオススメする理由を4つ紹介します。

スキルの特性上フリーランスに適しているので、ぜひ参考にしてくださいね!

フロントエンドコースを選ぶ理由4つ
  • フリーランス案件が多いスキル
  • 初心者でも習得しやすいスキル
  • パソコン1台あれば自由に働ける
  • 簡単な案件ならデザインの知識が必要ない

理由1:フリーランス案件が多い

フロントエンドエンジニアはフリーランスでも収益化しやすいのが特徴です。

Webサイトはホームページだけでなく、広告用のランディングページやECサイト、ブログなどさまざまな種類があり、需要が高いんですね。

また、デザインやWebマーケティングなどの関連分野の知識も習得して組み合わせられれば、サイト制作を包括的に担当できるので、さらに高単価案件を獲得可能です。

以下に、フロントエンドコース受講後に受注できる案件の例を紹介しますね。

案件例
  • サイト・ブログのテーマ実装
  • ランディングページのコーディング
  • WordPressテーマ作成 など

理由2:初心者でも習得しやすい

最低限の必要なスキルの習得までの時間が短いのも特徴です。

その理由は、フロントエンドエンジニアの主要スキルは初心者が必ず最初に触れる言語だからです。

実際に、HTML / CSS / JavaScriptなどの言語を多用するので、LPのコーディングだけを扱うような軽めの案件なら卒業してすぐに受けられる人も多いそうです。

ただし、コーディング単体では単価が10,000円に満たない場合が多いので、将来的には専門エンジニアとして極めなければいけませんよ!

理由3:パソコン1台で自由に働ける

Webページ作成の仕事は場所も時間も自由に選べます。

なぜなら、パソコン1台あればいつでもどこでも作業できるからです。

そのため、副業やフリーランスの勤務体系との相性がいいんですね。

もしも企業に所属する場合でも、フロントエンドエンジニアの場合はリモートワークで対応できる業務が多く、他業種に比べて柔軟な働き方を実現しやすくなりますよ!

地方や海外に移住しながら日本の案件を受注など、いわゆる「自由な働き方」にもっとも近い職種と言えるでしょう。

理由4:簡単な案件ならデザインの知識が必要ない

コーディング単体の案件は、副業で月々の収益を底上げしたい人に最適です。

簡単な案件であれば、Webデザインのセンスや知識・SEOのノウハウなどを要求されないので、機械的な作業で収益を上げられるんですね。

とくに、Webデザインでは発注者のセンスによって良い悪いの判断が違い、修正が多かったり、自分が凝って時間をかけ過ぎたりと負担が大きくなります。

一方、コーディング単体なら既に決められたデザインに沿ってサイトの動きをつけるだけで済むため、時間と思考力を最低限に抑え、受注を増やしたりもできます。

高単価案件にステップアップしたい人は、WebデザインやSEOの知識も必要になるので継続して学習を進めてくださいね!

TechAcademy卒業後のフリーランス案件の受け方4つ

案件を獲得するためにやっておきたいことフリーランス案件の受け方を4つ紹介します。

近年話題のクラウドソーシング以外の方法も並行して、安定的に案件が受注可能な環境を作りましょう!

案件の受け方4つ
  • クラウドソーシングに応募する
  • エージェントに仲介してもらう
  • 求人サイトの業務委託案件を受ける
  • SNSで応募・募集する
  • 安定して案件を受注!ベストな対応・仕事で信頼を得よう

方法1:クラウドソーシングに応募する

クラウドソーシングの仕組みクラウドソーシングで公開募集されている案件を獲得する方法です。

国内では「ランサーズ」や「クラウドワークス」が有名ですね。

オンライン・成果報酬式で完結可能なため、リモートワークなどの自由な働き方に適していますよ!

クラウドソーシングで案件獲得する手順
  1. サイトに登録する
  2. プロフィール・ポートフォリオを記入する
  3. 公募されている案件に応募する
  4. 発注者から採用されたら、案件を進める

方法2:エージェントに仲介してもらう

あらかじめエージェントが開拓したフリーランス案件を仲介してもらう方法です。

営業や事務手続きなどを代行してくれるので、自分で案件を探してコンタクトを取らずに済み、効率良く案件をこなせます。

また、個人では狭い視野で探しがちですが、エージェントならスキルを基に広い分野の案件を紹介してもらえるのもメリットです。

エージェントのメリット
  • 営業・事務手続きの代行
  • 広範囲な案件紹介
  • 定期仲介により安定して案件を受けられる
  • 非公開・高単価案件もある

方法3:求人サイトの業務委託案件を受ける

求人サイトの「業務委託」案件は個人事業主が対象のケースがほとんどです。

業務委託を簡単に説明すると、企業が自社内で対応できない仕事を別の企業や個人事業主に外注することを言います。

そのうち個人向けの案件が求人サイトに公開されており、企業の業務でありながら自分の得意な分野で仕事をできるんですね。

そのため、フリーランスでも求人サイトに登録して、常に確認をオススメします!

方法4:SNSで応募・募集する

FacebookやTwitterなどのSNSで仕事を探してみましょう。

というのも、企業公式アカウントや起業家のアカウントには、フォロワーに対してスタッフ募集を呼びかけるケースがあるんですね。

bosyuなどのプロジェクトメンバー募集サービスへの誘導投稿は、ハッシュタグで検索可能なので、エージェントなどでは公開されていない案件に出会える可能性もあります。

また、自分から仕事受付投稿をしたり、ダイレクトメッセージで営業したりもできるため、活用すれば双方向のアプローチが可能なツールですよ!

安定して案件を受注!ベストな対応・仕事で信頼を得よう

フリーランスとして働くには、クライアントとの信頼関係がもっとも大切です。

信頼できるエンジニアになると、同じクライアントから継続的に案件を発注してもらえたり、実績から新規の声がかかったりします。

そのため、常に案件に困らない環境で、自分で営業する手間を省きながら安定して収入を上げられるようになりますよ!

以下にあげる4つのポイントを参考に、常に自分にベストな仕事・適切な対応を心がけましょう。

信頼できるエンジニアになるポイント4つ
  • サイトで見えないコードも手を抜かずきれいに書く
  • 改善案があれば積極的に提案し、貢献する姿勢を持つ
  • 報連相・返信は早めに対応する
  • 文章は丁寧な言葉遣いを心がけるなど

【注意】フリーランスになる前に就職して実務経験歴を持った方がいい

エンジニアは実務経験が重要!クライアントはエンジニアの経歴や実績を重視するので、一度エンジニア就職して実務経験歴を持った方が有利なフリーランスになれます。

というのも、案件は発注者が対応しきれないタスクをこなせる人に任せたいものなので、「確実にできる」即戦力性が求められるんですね。

クラウドソーシングなどでは、初心者でも経験者と同じ土俵で案件に応募しなければならず、厳しい世界だと言われていますよ。

また、企業所属のエンジニアになっておくと、次のようなメリットもありますよ!

一度エンジニア就職すべき主な理由4つ
  • 安定した収入を得ながらスキルアップできる
  • 職歴になるので、会社員に戻りやすい
  • プロとしての自負が生まれるので、対価を低く見積もらない
  • 案件の相場感覚が身に付き、安請負しなくて済む

TechAcademyでフリーランスになりたい人からよくある質問3つ

みんなの疑問を知って、悩みを解決しよう!TechAcademyでフリーランスエンジニアを目指す人からよくある質問を3つ紹介します。

同じ疑問を持つ人が多いので、一読して参考にしてくださいね!

よくある質問3つ
  • 実務経験なしでも案件取得可能ですか?
  • 他にフリーランスに適したコースはありますか?
  • 他にフリーランス志望者がチェックすべきスクールはあります?

質問1:実務経験なしでも案件獲得できますか?

可能ですが、はじめは条件が悪くなります

スキルを期待できないので、実務経験が無いと単価の安い案件しか受けられない人がほとんどです。

また自信が無い、相場を知らないなどの経験不足により適切な価格設定が判断出来ず、必要以上に安く受注してしまうケースもありますよ。

質問2:他にフリーランス適したコースはありますか?

PHP/Laravelコース、もしくはWordPressコースがいいでしょう。

理由は、Webサイトの構築・制作・管理のフリーランス案件が多いからです。

背景には、世界のWebサイトの60%が利用しているサイト管理システムのWordPressが、PHPで作られていることが挙げられます。

これからも継続的に需要があると言われているので、興味がある方はぜひ検討してみてくださいね。

質問3:他にフリーランス志望者がチェックすべきスクールはありますか?

フリーランスに特化しているスクールがあるので検討してみましょう!

詳細は次の見出しでご紹介しますね。

スクールで受注から納品まで経験できる!侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

スクールのうちにフリーランスに特化したカリキュラムで学習したい人には、侍エンジニア塾がオススメです。

特長は「個別案件サポート」で、受講期間中に実際のフリーランス案件を経験するカリキュラムが提供されることですね!

案件サポートを受けられる

専属のインストラクターにより、レベルに合った案件探し、クライアント対応、制作、納品の一連の流れをすべてサポートしてもらえるので、はじめての応募も安心して進められます!

受けた案件は実績になるので、卒業後も他の未経験者より有利な立場で案件に応募できるのが嬉しいポイントですね。

まずはTechAcademy無料体験レッスンを受けてみよう!

適性を確認!TechAcademy無料レッスン「TechAcademyではフロントエンドコースがオススメ」な理由と、フリーランスエンジニアの案件受注方法がおわかりいただけたと思います。

最後にもう一度おさらいしましょう。

TechAcademyでフロントエンドコースを受けるべき理由4つ
  • フリーランス案件が多いスキル
  • 初心者でも習得しやすいスキル
  • パソコン1台あれば自由に働ける
  • 簡単な案件ならデザインの知識が必要ない
卒業後の案件受注方法4つ
  • クラウドソーシングに応募する
  • エージェントに仲介してもらう
  • 求人サイトの業務委託案件を受ける
  • SNSで応募・募集する

TechAcademyでは常時オンラインで無料体験レッスンを受け付けています!

まずは実際にレッスンを受けて、教材や講師の説明が自分に合っているかを確認してみてくださいね!

最初はみんな安くて軽い案件からスタートします。

コツコツと実績を積み上げて、大きな案件を継続的に受けられるフリーランスエンジニアになって、自由な人生を実現してくださいね!