プログラミングとは?できること5つと初心者が勉強を始める手順

この記事で解決できる悩み
  • プログラミングとはどういうものか知りたい
  • プログラミングで何ができるんだろう?
  • 初心者が勉強を始めるときの手順を知りたい

といった悩みを解決できる記事になっています。

この記事で解説する『プログラミングとは?』と『プログラミングでできること5つ』を理解すれば、プログラミングがどういうものか理解できますよ。

それではまず『プログラミングとは?』から紹介していきますね。

「早く初心者におすすめのプログラミングスクールが知りたい」という方は、『初心者におすすめのプログラミングスクール5選』からご覧ください。

目次

プログラミングとは何か!初心者が持つべきイメージ

プログラミングとは何か!初心者が持つべきイメージ

コンピューターは単体では動かないため「プログラム」で指示を与える必要があります。

プログラムには「条件Aを満たしたとき、行動Bをする」など、コンピューターを作動させる条件を事前に書いておかなければなりません

たとえば「サイトへのリンクをクリックした時に、リンク先の画面を表示させる」などですね。

また、プログラムを作ることを「プログラミング」といいます。

補足:代表的なプログラミング言語5つ

コンピューターには、人間が普段使う言葉は通じません。

代わりにコンピューターと人間がどちらも理解しやすい中間語として「プログラミング言語」が存在します。

また、人間が使う言語にも英語や日本語などがあるように、プログラミング言語にも様々な種類が存在します。

言語によって得意分野や開発できる内容が違うので、学習する時は目的に合った言語を選びましょう。

プログラミング言語の例

プログラミングでできること5つ

プログラミングでできること5つ

プログラミングでできることの代表例を5つ紹介しますね。

それぞれの内容について、以下で詳しく見ていきましょう。

プログラミングでできること5つ
  1. Webサイトの開発
  2. アプリケーションの開発
  3. AI(人工知能)の開発
  4. ゲームの開発
  5. 業務の効率化

できること1:Webサイトの開発

プログラミングができればWebサイトが作れます。

このサイトもプログラミングされているんですよ。

Webサイトそのものは無料のサービスで簡単に作れるので、プログラミングの知識は不要です。

しかしプログラミングスキルがあれば、デザインや挙動を独自に設定したオリジナリティあふれるサイトを手作りできますよ。

興味のある方は以下4つの言語から学習しましょう。

Webサイトの開発におすすめの言語
  • PHP
  • Ruby
  • Python
  • JavaScript

できること2:アプリケーションの開発

Webアプリやスマホアプリ、PCで動くデスクトップアプリなども開発できます。

たとえば、SNS(TwitterやFacebookなど)やYouTubeのような動画サイト、AmazonのようなショッピングサイトもWebアプリですね。

アプリの種類ごとに開発できる言語を以下にまとめてみたので、興味のある方は学習してみてくださいね!

各アプリと相性がいい言語
  • Webアプリ:Ruby
  • iPhoneアプリ:Swift
  • Androidアプリ:Java

できること3:AI(人工知能)の開発

近年急速に注目を集めているAIの開発も可能です。

身近なものでは、iPhoneのSiriやLINEのチャットボットですね。

また、自動運転の開発にも応用されていて、今後も発展が期待されている分野です。

AI開発に興味を持った方は、次の4つの言語がおすすめですよ。

AI(人工知能)の開発におすすめの言語
  • Python
  • C/C++
  • JavaScript
  • R言語

ただしC/C++とR言語は習得難易度が高いので、初心者なら分かりやすいPythonからにしましょう!

できること4:ゲームの開発

スマホやパソコン、家庭用ゲーム(PS4、Switch)などのゲームも開発できます。

最近ではVR(仮想現実)やポケモンGO、ドラクエウォークなどのAR(拡張現実)を使ったゲームもリリースされましたね。

開発環境も進歩しているので、個人でも高品質なゲームが作れるようになっています。

ゲーム開発向けの言語は以下の5つですね。

ゲームの開発におすすめの言語
  • C#
  • C++
  • JavaScript
  • Swift
  • Ruby

できること5:業務の効率化

日常業務をオートメーション化し効率化を図れます。

業務の効率化は人件費削減などを期待できるため、あらゆるビジネスシーンで重視されていますよ。

システムで効率化できる業務の例
  • データ収集・入力
  • 商品の在庫管理
  • 会計管理
  • 金融機関の入出金
  • 物流の配送管理

なお、汎用的な自動化ツールを作る時はPython、Office作業の自動化にはVBAのスキルが必要です!

プログラミングの勉強をはじめるべき理由3つ

プログラミングの勉強をはじめるべき理由3つ

プログラミングを習得して得られるメリットを3つ紹介します。

難しいイメージが強くて抵抗を感じる人はぜひチェックしてみてくださいね!

プログラミングの勉強をはじめるべき理由3つ
  1. 仕事の幅が広がる(転職・副業・フリーランス など)
  2. 現在の仕事を効率化できる
  3. IT化が進む社会に対応できる

理由1:仕事の幅が広がる(転職・副業・フリーランス など)

本業の効率化に限らず、転職・就職・副業・フリーランスで活躍できるようになります。

というのも、IT化の波を受けて、プログラミングができる人材の需要が高まっているからです。

最近ではエンジニアの求人数も多く、クラウドソーシングにも案件があふれています。

クラウドワークスなどの案件を獲得すれば、副業やフリーランスとして独立して収入を得られますよ!

理由2:現在の仕事を効率化できる

今の仕事で業務効率を向上させたり、コミュニケーションに活かせます。

たとえば、伝票入力や会計処理、請求書の作成などの単純作業は自動化するといいですね。

手作業に要する時間が減るだけでなく、入力ミスなどもなくなるので、ダブルチェックの手間もなくなりますよ!

また、プロジェクトの進行管理担当者は、プログラミングの工程を知っておくとエンジニアとのやりとりもスムーズにできるようになりますよ!

理由3:IT化が進む社会に対応できる

プログラミングスキルがないと情報化社会に対応できなくなる恐れがあります。

というのも、近年様々な業界でIT化が進んでいるんですね。

また、2020年から小中高でプログラミングが必修化されたので、誰もがプログラミングを知っている世代も登場します。

今のうちから勉強を始めて、時代の流れに取り残されないようにしましょう。

自動化される可能性が高い仕事の例
  • レジ係
  • 施設や飲食店などの案内係
  • スポーツの審判

初心者がプログラミングの勉強を始める手順4つ

初心者がプログラミングの勉強を始める手順4つ

未経験からプログラミングの勉強を始める手順を4つ紹介しますね。

学習方法には形式があるので、あらかじめポイントを押さえて効率的に習得しましょう!

初心者がプログラミングの勉強を始める手順4つ
  1. プログラミングを習得する目的を考える
  2. 目的から言語を選ぼう
  3. 学習サイトを利用しよう
  4. 実際に何か作ってみよう

手順1:プログラミングを習得する目的を考える

まずはなぜプログラミングを学ぶのかをはっきりさせましょう

その理由は、目的が不明だと学習すべき内容も定まらないからです。

たとえば、趣味レベルで何か作りたい人と、エンジニア転職を目指す人では、目指すレベルが違いますよね。

学習時間や使う教材なども変わるので、必ず事前に確かめておきましょう!

手順2:目的から言語を選ぶ

言語によって開発できる分野が違います。

そのため、目的の実現に必要な言語を選んで学習しましょう。

特に、就職・転職が目的の人は、付ける職種に影響するので慎重に選んでくださいね。

目的と言語の組み合わせは「プログラミングでできること5つ」を参考にしてください!

次の見出しでは、初心者におすすめの難易度が低い言語を紹介しますね。

初心者におすすめのプログラミング言語3つ

特にこだわりがない人は、習得難易度が低い以下3つの言語から勉強するのがおすすめです。

初心者におすすめの言語3つ
  1. Ruby:ITベンチャーなどでWebサービス開発したい人向け
  2. PHP:Webサイト構築の案件を受注したい人向け
  3. JavaScript:Webサイトのデザインや動きを作りたい人向け

習得すれば、Webサイトの制作ができるようになります。

求人やフリーランスの案件も多い傾向にあるので、仕事に困る心配も少ないですよ!

手順3:学習サイトを利用する

学習サイトを使って基礎知識を身につけましょう。

多くの人は、progateやドットインストール、Paizaを使っていますよ。

学習プランには有料と無料があり、大きな違いは無料で学べるのは基礎レベルまでという点ですね。

言語選びに迷っている人は、基礎をかじってみて言語を決める参考にするのもおすすめです。

不明点やエラーを解決できる3つのサイトを知っておこう!

学習で行き詰った時、自力で解決すると時間がかかります

そのため、次のIT特化サイトを有効活用しましょう!

ひとつ目はプログラミングに特化した質問サイトの「teratail(テラテイル)」で、回答率90%という高さで有名です。

また「GitHub(ギットハブ)」は自作のコードを公開してレビューをもらえるサービスです。

さらにレベルの高い情報を収集したい人には「Qiita(キータ)」がおすすめですね。

手順4:実際に何か作ってみる

基礎知識を身につけたら、手を動かして何か作成してみましょう。

なぜなら、プログラミングの学習はアウトプット重視で進めた方が効率が良くなるからです。

インプットばかりだと実際に書いて動かさないので、成功体験やエラー体験もできず、成長に繋がらないんですね。

最初から完璧なコードが書ける人はいないので、間違いを気にせずどんどんアウトプットしましょう。

効率よく学ぶならスクールを受講しよう!

基礎レベルのスキルを身につけるだけでも、200~300時間かかると言われています。

そのため、独学よりも効率よくノウハウを吸収できるプログラミングスクールの受講をおすすめします。

とくにエンジニアとしての転職を目指す人は、スクールの転職支援を受けた方が内定をもらいやすくなりますよ!

他にもスクール受講により以下のメリットを受けられます。

プログラミングスクールを使うメリット
  • 疑問点やエラーを講師に質問できる
  • 他の生徒との交流がモチベーションに繋がる
  • 転職・就職の支援を受けられる

初心者におすすめのプログラミングスクール5選

初心者におすすめのプログラミングスクール5選

未経験でもスキルを習得できるおすすめのスクールを5つ紹介します。

プログラミングを学習する目的に合わせて選ぶのが大切ですよ!

初心者におすすめのプログラミングスクール5選

プログラミングとは何かを詳しく知りたいなら:TECH CAMP プログラミング教養

TECH CAMPプログラミング教養
向いている人
  • 幅広いIT知識を身につけたい人
  • エンジニアとのコミュニケーションを円滑にしたい人
  • 最新の内容を学びたい人

TECH CAMP プログラミング教養プログラミングに関する汎用的な知識を身につけたい初心者におすすめです。

Webサービス開発、オリジナルサービス開発、AI(人工知能)入門、デザインなど様々なコースがあり、月額19,800円で最新の内容が学び放題です。

オリジナル教材は「未経験にも一読してわかる」をコンセプトに作成されているのでプログラミング初心者でもスムーズに学習できます。

全額返金保証制度があり、最初の7日間で満足できなかった場合は受講料が全額返金されます。

自分に合うかどうか不安な方も、まず一度試してみてはいかがでしょうか!

初心者から副業・フリーランスで稼ぎたいなら:侍エンジニア

侍エンジニア塾
向いている人
  • 副業やフリーランスで稼ぎたい人
  • マンツーマンレッスンを受けたい人
  • 挫折率の低いスクールで学びたい人

侍エンジニア専任講師によるマンツーマンレッスンでプログラミングを学びたい初心者におすすめです。

難しくてつまづいてしまう部分も、マンツーマンレッスンなら講師が理解できるまで丁寧に教えてくれるので挫折せず勉強できます。

オリジナルサービス開発に力をいれており、自分の作品をつくるカリキュラムと個人で獲得した案件のサポートをしてくれる『案件獲得サポート』があるので、将来フリーランスで稼ぎたい人にもおすすめです。

学習の悩みや不安があれば、進捗や効率のいい勉強方法を相談できる「学習コーチング」や生徒のみが閲覧できる「QAサイト」で解消できますよ。

20代で確実に転職したいなら:DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP
向いている人
  • 手厚い転職サポートを受けたい人
  • 信頼性の高い大手企業に転職したい人
  • 即戦力として働きたい人

DMM WEBCAMP未経験でも失敗を恐れずにエンジニア転職を成功させたい20代の初心者におすすめです。

転職成功率は業界最高水準の98%で、未経験でも安心して学べるようにカリキュラムや学習環境、各種サポートが充実しているのが特徴です。

カリキュラムは基礎からしっかりと学び、チーム開発、ポートフォリオ制作と実務に必要な勉強ができるので初心者でもエンジニアスキルが身につきます

受講後、キャリアサポートが300社以上の限定求人の中から自分に合った求人を紹介してくれます。

30代未経験で転職したいなら:TECH CAMPエンジニア転職

テックキャンプエンジニア転職
向いている人
  • 未経験からエンジニアに転職したい人
  • 30代以上でエンジニアに転職・就職したい人
  • 転職成功率99%のエンジニア養成プログラムを受けたい人

TECH CAMPエンジニア転職10週間でプログラミングスキルを身につけたい30代の初心者におすすめです。

30代でも転職保証を受けられるプログラミングスクールで、未経験の転職成功率が90%もあるので初心者でも安心して学べます

600時間のオリジナル教材で基礎から学び、最終的にはサービス開発からリリースまでを一人でこなせるスキルが身につきます。

学習方法はライフスタイルに合わせて選べるので、働きながらで夜や休日しか時間がとれない人でも大丈夫です。

コストを抑えて学びたいなら:TechAcademy

TechAcademy
向いている人
  • コストを抑えて学びたい人
  • 1つの言語を詳しく学びたい人
  • IT関係のスキルを選んで深く学びたい人

TechAcademyコストを抑えてプログラミングスキルを学びたい初心者におすすめです。

オンライン完結型のスクールは教室型のスクールより受講料が安く、「はじめてのプログラミングコース – 4週間」なら10万円から学べます。

プロエンジニアと週2回のマンツーマンレッスン、疑問をすぐ質問できるチャットサポート、オリジナルサービスの開発サポートなどが含まれており、他のスクールと比べてもコストパフォーマンスが高いことが特徴です。

JavaコースやPythonコースなど言語ごとや、WordPressコースやWebデザインコースなどツールや目的に合わせて様々なコースがあるので、自分の学びたい内容や目標に合わせて学べますよ。

プログラミングとは何かを調べる初心者が注意すること2つ

プログラミングとは何かを調べる初心者が注意すること2つ

最後に2つ注意点をお伝えします。

固定概念や焦る気持ちをコントロールして、段階的に学んでくださいね!

プログラミングを調べる初心者が注意すること2つ
  1. 「暗記物」のイメージは捨てよう!
  2. 学びやすい言語を調べよう!

注意点1:「暗記物」のイメージは捨てよう!

プログラミングはコードを片っ端から暗記しなければならない、というイメージは間違っています

なぜなら、エンジニアはコードで「できること」を覚えているだけで、具体的なコードはテンプレートを応用して書いているからです。

したがって、暗記が苦手な人でもプログラミングの学習を諦める必要はありませんよ!

注意点2:学びやすい言語を調べよう!

初めて学習する人は習得しやすい言語から勉強しましょう。

というのも、最初から難しい言語を勉強すると、ついていけず挫折してしまう原因になるからです。

たとえば、JavaやC言語は求人数が多いものの、汎用性が高い分習得難易度が高い言語です。

需要の大小や注目度だけで言語を決めないようにしましょう。

プログラミングとは?初心者への解説まとめ

プログラミングとは?初心者への解説まとめ

上記で紹介した『プログラミングとは?』と『プログラミングでできること5つ』を理解すれば、プログラミングとはどんなものなのかわかりますよ。

最後にもう一度内容を確認しましょう。

プログラミングでできること5つ
  1. Webサイトの開発
  2. アプリケーションの開発
  3. AI(人工知能)の開発
  4. ゲームの開発
  5. 業務の効率化
初心者におすすめのプログラミングスクール5選

プログラミングスキルを身に付ければ、キャリアアップや副業で稼げるだけでなく、業務を効率化したり自分のアイデアを形にできます。

この機会にプログラミングの勉強を始めてみましょう。