【引きこもり向き】おすすめプログラミングスクール4選と選び方3つ

この記事で解決できる悩み
  • 引きこもりながら学べるプログラミングスクールって?
  • 引きこもりニートがプログラミングスクールで失敗しないコツは?
  • ニートでも転職先を紹介してくれるプログラミングスクールを知りたい

壷倉

プロアカ編集部の壷倉です。上記の悩みを解決できる記事を書きました!

この記事で解説する『引きこもりにおすすめ!人気プログラミングスクール4選と選び方』を理解すれば、引きこもりの方でも自分に合ったスクールでスキルアップできますよ!

プロアカ編集部では、9 社以上の無料カウンセリング・相談会へ参加し、スクール講師から就職に適したスクール選びのノウハウをアドバイス頂きました!

さらにこの記事では、プロアカ編集部や各スクール講師の視点に偏らないための対策として、現役エンジニアの菅野さんに監修していただきました!

現役エンジニアの菅野です。この記事の情報が、少しでも役立てば嬉しいです。

菅野

 

一人で比較するには多すぎる量の情報を整理し、プロのエンジニア・講師の協力のもとで皆様に有益な情報を厳選した記事となっていますので、ぜひ参考にしてくださいね!

また、引きこもりではないけど仕事をしていないニートの方は、以下の記事をご覧ください!

プログラミングを学習してニートから脱却!ニートから就職するためのおすすめプログラミングスクール4選

それではまずは『引きこもりがプログラミングスクールに通うべき理由』から紹介していきますね。

引きこもりがプログラミングスクールに通うべき理由3つ

引きこもりがスクールに通う理由引きこもりの方でも、プログラミングスクールを上手に活用できれば、就職先の選択を広げられたり、引きこもりながら稼ぐ力を身につけることもできます!

そのため以下では、『引きこもりながら稼ぐ力』を身につける上で、スクールに通うべき理由3つを紹介するのでご覧ください!

プログラミングスクールに通うべき理由3つ
  1. 独学だと挫折しやすい
  2. プログラミングスクール経由だと転職しやすい
  3. 短期間で学べる

理由1:独学だと挫折しやすい

独学でもプログラミングを学べますが、挫折しやすいです。

なぜなら独学だと内容が理解しにくいからです。

プログラミングは複雑なコードや応用スキルがあるので、プログラミングの知識がないならスムーズに学べません。

また独学だとわからない点があるときにすぐに解決できないので、スクールに通うのがオススメです。

理由2:プログラミングスクール経由だと転職しやすい

プログラミングスクールに通うと転職しやすいです。

なぜなら企業と提携しているスクールが多いからです。

プログラミングスクールはプログラミングの授業をするだけでなく、提携している企業への転職のサポートやアドバイスなどを行ってくれます。

プログラミングスクールなら、自分にとって適切な転職先が見つかるはずです。

理由3:短期間で学べる

プログラミングスクールに通うと短期間で学べます

なぜなら、初心者でも『どのように学べばいいのか』の手順がわかるよう、きちんとスキルを習得できるカリキュラムが組まれているからです。

スクールによっては1か月で学べるところもあるので、効率よく習得できます。

例えば、侍エンジニアでは生徒に応じて独自のカリキュラムを組んでくれるので、より自分にあった学習をすることができます。

自宅で引きこもってプログラミングを学びたいならオンラインがおすすめ!

引きこもってプログラミングを学ぶためには?プログラミングを学ぶならオンラインと通学の2つの方法があります。

もし自宅で引きこもって学ぶなら、オンラインがオススメです。

オンラインなら講師と1対1で学べますし、何か質問がしたいときは誰にも気を遣わずにすぐに質問可能な環境となっているからです。

オンラインなら人との接触を最小限にしてプログラミング学習ができます。

引きこもりでもOK!人気プログラミングスクール4選

引きこもり向けのプログラミングスクール引きこもりであるならオンライン学習を選ぶ方が多いかもしれません。

しかし、オンラインで授業を受けるときに「どんなプログラミングスクールがオススメなの?」と疑問を感じるかもしれません。

引きこもりの人にもオススメのプログラミングスクールは4つほどあります。

以下の点から、それぞれの内容の特徴など紹介します。

引きこもりにおすすめのプログラミングスクール4つ
  1. 転職サポートの充実度No,1!TechAcademy
  2. 自分だけの学習カリキュラム!侍エンジニア塾
  3. 受講・質問タイムの長さNo.1!CodeCamp
  4. 第二新卒・フリーター向け!就職したいならGEEK JOB

転職サポートの充実度No.1!TechAcademy

TechAcademy

転職サポートが高いのはTechAcademyです。

なぜならIT企業への転職サポートを全コースでしてくれるからです。

転職先が明確ではない人も転職先を見つけられ、ビデオチャットでマンツーマンのサポートも受けられます。

値段が安く109,000円で授業を受けられますが、15時からのサポートなので、午前中に授業を受けたい人は不向きです。

自分だけの学習カリキュラム!侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

自分だけの学習カリキュラムを学びたいなら侍エンジニア塾です。

なぜなら挫折率が一番低いからです。

自分だけのカリキュラムによって、自分のペースで学んでいけるので挫折がしにくく、実際の仕事を獲得して納品する経験を積めるので、転職にも役立ちます。

しかし転職への保証はないので、確実に転職可能だとは限りません。

受講・質問タイムの長さNo.1!CodeCamp

コードキャンプ

質問タイムが長いのはCodeCampです。

業界で一番長い対応時間を誇ります。

レッスンや質問対応は7:00~24:00となっているので、いつでも質問がしやすく、受講者の満足度の高さにつながっています。

転職サポートを受けたいならば、「CodeCamp GATE」と呼ばれる専門コースの受講がオススメです。

早朝や深夜いつでも自由に勉強したい人向けです。

第二新卒・フリーター向け!就職したいならGEEK JOB

GEEKJOB

第二卒やフリーターで就職を希望するならGEEK JOBです。

なぜなら就職すれば受講料は無料になるからです。

500社以上の優良企業への実績があり、学習期間は最短1か月で行えます。

ただ入学には制限があり、満18歳~29歳までです。

さらに東京と千葉、神奈川、埼玉で転職可能な人のみともなっています。

【引きこもりニート向け】プログラミングスクールの選び方3つ

引きこもり向けのスクールの選び方プログラミングスクールにもいろいろな種類があるので、選び方が大事です。

自分に合うプログラミングスクールを選べるよう、以下の内容を参考にしてみてくださいね!

プログラミングスクールの選び方3つ
  1. サポートがしっかりしているか
  2. プログラミング言語
  3. ポートフォリオが作れるか

選び方1:サポートがしっかりしているか

サポートがしっかりしているか確認する点が大事です。

なぜならサポートがされていないと学習の効率が悪くなるからです。

オンラインの場合は質問がしっかりできなければ、内容を理解できず、プログラミング習得がスムーズにいきません。

自分の学習する時間帯に質問が可能か確認するようにしてみると、不一致が起こらないですよ!

ただ24時間、夜中でも返信が返ってくるスクールほとんどありません。

基準としては、サポート時間が『午前中から』か『午後からか』で選ぶのがおすすめですよ!

選び方2:プログラミング言語

プログラミング言語も大事な点です。

なぜならプログラミング言語によって仕事の幅が違うためです。

仕事の幅を広げるためには、需要のある言語を学ぶのが良く、とくにJava ScriptやPHPなどの言語を学ぶのがオススメです。

需要がある言語を学ぶなら独立して仕事も行いやすくなるので、学ぶ言語も考えておきましょう。

もし言語を選びきれない方は、プログラミングスクールの無料相談を使って相談すると明確なアドバイスをもらえるのでおすすめですよ!

選び方3:ポートフォリオが作れるか

ポートフォリオが作れるか確認しておく点も大事です。

なぜならポートフォリオがないと、仕事をもらえない場合があるからです。

ポートフォリオは自分の実績やスキルを証明可能なので、あった方が転職や就職に有利になります。

ニートで何もしたことがない人は、とくにポートフォリオは重要なので、作成可能なスクールを選びましょう!

引きこもりのニートでもプログラミングで失敗しないコツ3つ

プログラミングで失敗しないコツ引きこもりのニートの人で、プログラミングを失敗するケースがあります。

失敗を回避するためのコツがあるので、その点を3つ紹介します。

プログラミングで失敗しないコツ3つ
  1. 目的を明確に持つ
  2. 不明点をしっかり解消する
  3. 基礎言語の意味など基礎は知っておく

コツ1:目的を明確に持つ

目的を明確に持つ点は大事です。

なぜなら目的があれば挫折をしにくいからです。

目的を持たずにプログラミングを学んでいても、「プログラミングを習得してどうしよう?」と悩んでしまい学習に力が入らず、挫折してしまう場合があります。

就職や転職、将来の独立など目標を明確にしておくなら、プログラミング習得もやる気がでます。

コツ2:不明点をしっかり解消する

不明点をしっかり解消することも失敗しないコツです。

なぜなら不明点があれば、習得に時間がかかるからです。

引きこもっていると、プログラミングでわからない点があっても相談しにくいかもしれません。

しかしスクールの講師は、プログラミング以外にも転職や時間の使い方などいろいろ相談可能なので、フル活用を怠らないようにすべきです。

ここで紹介しているスクールの講師は、質問に応じて丁寧に100%回答してくれるので、安心して相談できますよ!

コツ3:基礎言語の意味など基礎は知っておく

基礎言語を知っておく点も大事です。

なぜならプログラミングへの苦手意識を避けられるからです。

プログラミングは複雑な部分や難しい点もあります。

まったくわからない場合、学習スピードが遅くなり理解もできず、苦手意識を持つ可能性が高くなります。

基礎言語の意味を知っておくと、深い内容を学べるので準備しておくといいですよ!

引きこもりニートがプログラミングスクールに通う際の注意点2つ

引きこもりがスクールに通う際の注意点引きこもりニートの方がプログラミングに通う際に知っておくべき注意点もあります。

どのような注意点があるのか2つ紹介します。

注意点2つ
  1. 無料スクールはおすすめしない
  2. 30代以上の引きこもりの方は簡単に転職できない

注意点1:無料スクールはおすすめしない

無料プログラミングスクールの仕組みを知っておこう!

無料スクールはオススメできません。

なぜなら望まない企業に就職する可能性があるからです。

無料スクールは受講を終えたら就職を強制されるケースが多く、自分の希望ではない企業への就職を斡旋される場合もあります。

GEEK JOBのようにフリーターや第二新卒など対象者が明確にされているスクール以外は注意が必要です。

注意点2:30代以上の引きこもりの方は簡単に転職できない

30代以上の引きこもりの方は簡単に就職ができません。

なぜなら派遣やSEとして採用されるケースが多いからです。

30代の場合は企業としても採用がしにくく、スキルを持っていても20代の人を優先的に採用する傾向があります。

30代で就職したいなら、ポートフォリオを作成して実績を証明可能な状態にしておく必要があります。

30代でも転職支援を受けられるスクールは限られていますが、「TECH CAMP エンジニア転職」なら可能なので検討してみるのがおすすめですよ!

30代でも転職に有利なプログラミングスクール転職に成功したい30代におすすめのプログラミングスクール5選

スキルを身につけてフリーランスに転向しよう!

引きこもりでもプログラミングを身に付けよう上記で紹介した『引きこもりにおすすめ!人気プログラミングスクール4選と選び方』を理解すれば、ニートの人でもスキルを身につけてキャリアアップできますよ!

プログラミングスクールの選び方
  1. サポートがしっかりしているか
  2. プログラミング言語
  3. ポートフォリオが作れるか
オススメのプログラミングスクール4社
  1. 転職サポートの充実度No.1!TechAcademy
  2. 自分だけの学習カリキュラム!侍エンジニア塾
  3. 受講・質問タイムの長さNo.1!CodeCamp
  4. 第二新卒・フリーター向け!就職したいならGEEK JOB

IT業界はこれからも発展していく分野なので、今のうちにスキルを身につければフリーランスでも安定した収入を得られます。

この機会に、個人でも稼ぐ力のある、IT人材にステップアップしましょう!